「結婚すると師匠に伝えたら驚いていましたね」ABEMAトーナメントで決勝進出、稲葉陽八段に起きた“身の回りの変化”

藤井聡太竜王を破ってA級復帰 稲葉陽八段が奨励会時代に「目標にしていた相手」とは から続く

 1期で順位戦A級への復帰を決めるなど、各棋戦で好調が続く稲葉陽八段。

【写真】稲葉陽八段の写真をすべて見る

 また、準公式戦のABEMAトーナメントでは、チーム稲葉「サンライズワン」をリーダーとして率いて決勝戦に駒を進めている。

 稲葉八段へのインタビュー後編では、一門や後輩棋士たちとの交わり、そして身の回りの変化について聞いてみた。

稲葉陽八段

チーム稲葉は「爆発力はあるが安定感はない」?

――早指し棋戦と言えば、最近は団体戦のABEMAトーナメントが注目されています。稲葉さんは服部慎一郎四段と出口若武六段をチームメイトに指名されて、決勝まで進出しました。メンバーを決めるドラフト会議が行われたのは今年の1月だったと聞きますが、その数か月後に服部四段と出口六段が叡王戦の挑戦者決定戦を戦ったこともあり、ドラフト時点でこの二人を指名されたのは稲葉さんの慧眼では、とも言われています。

稲葉 昨年はABEMAトーナメントと同じくフィッシャールールの師弟トーナメントが行われ、私は師匠と参加しましたが、服部君にはその時に練習相手を引き受けてもらいました。師弟トーナメントが終わってからは30秒将棋の「SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦」があり、朝練と称していた練習対局は続きました。服部君は早指しが強く、色々な形を勉強している印象です。ABEMAトーナメントはすでに経験済みだったので、活躍すると思い指名しました。

――出口六段についてはいかがですか。

稲葉 同門ということでよく知っていましたし、昨年は勝率も高く、また元々早見え早指しタイプなので、フィッシャーのルールに慣れれば強いと思っていました。彼については前回指名できれば慧眼だったのでしょうが(笑)。

――お二人が戦われた叡王戦の挑決はどのように見ていましたか。

稲葉 実は挑決当日にドラフトが放映されたので、タイミングがもう少し早ければツィッターをやりやすかったな、などと考えていました。挑決は出口君が勝ちましたけど、負けたほうが調子を崩すのではという心配もありました。まあ、その1週間後に服部君に負かされたんですけど。

――改めて、今回のチーム稲葉は、どのようなチームでしたか。

稲葉 事前に言っていたことは「爆発力はあるが安定感はない」ですが、予想以上にそうなりました(笑)。チームが勝って勢いに乗ったら強いことは分かっていたのですが、準決勝では初戦に負けて、途中は2勝2敗と波に乗るのが大変なところをチームとして盛りたてていきながら勝ち上がれたのは良かったと思いますし、予選の初戦の時より成長を実感できました。決勝戦もチーム一丸となって頑張りたいです。

井上一門の兄弟弟子と師匠

――稲葉さんは井上一門ですが、一門ならではのホーム感などはありますか。

稲葉 そうですね、長らく一門研はやっていましたが、コロナになってからは研究会に参加しなくなったので、最近はどうなのかな。船江さん(恒平六段)や菅井君(竜也八段)とは一緒に食事へ行く機会などもありますし、出口君とは今でも研究会をやっていますが、奨励会員の弟弟子を全員把握している自信がありません。先日、四段昇段を果たした藤本君(渚新四段)とは、数年前には大駒落ちで指していたので、不思議な感覚です。

――師匠としての井上九段は、どのような方ですか。

稲葉 普段はにこやかにされてますけど、怒るときには怒るので、弟子としては怖い存在です。特に遅刻など、時間のルーズさに関しては厳しいです。

――以前に井上九段から、加古川時代の稲葉さんはものすごい早指しだったという話をお聞きしました。

稲葉 子どもの頃はめちゃくちゃ早かったですね。奨励会へ入ってもしばらくは変わらなかったです。奨励会の級位者は基本的に1日3局指しますが、午前中に3局指したのはおそらく私だけでしょう。しかも1勝2敗で、その時の奨励会幹事が師匠です。私が入会した1年後の奨励会試験で、試験官を担当した時の話です。見込みがない会員ですよね(笑)。

「稲葉さんは結婚しないでしょうね」と言われていた

――身の回りの変化についてもお聞きします。昨年の1月に結婚されてから、生活リズムなどは変わりましたか。

稲葉 生活リズムは……変わったのかな?(笑) その点に関しては、どちらかというとコロナの影響がより強い気がします。緊急事態宣言の発出で、対面で行っていた研究会をネットにしましたが、自分はどうも苦手で、それで調子が落ちました。

 まあ自分が甘いのですが、ネットで指すのは集中力が続きません。研究会なのに冴えない作りの将棋を指してしまい、これは相手にも申し訳なく思いますね。ネットの利点は東京の棋士など、普段指す機会が少ない人と指せるということがありますが、やはり自分は対面のほうが向いています。今では対面の研究会も復活しました。

――奥様は将棋は指されますか。

稲葉 ルールは覚えたらしいですね。私の対局結果は見ると言っていました。

――稲葉さんの結婚観とは、どのようなものでしたか。

稲葉 30歳になるころに「そろそろ結婚したいな」という気持ちはありました。でもそれほど強かったわけでもなく、無理なら仕方がない、くらいのスタンスでしたね。

――師匠にはどのようなご報告をされたのですか。

稲葉 入籍の2ヵ月ほど前ですかね。親に会わせるタイミングで師匠にも会ってもらいました。最初に伝えた時は驚いていましたね。実は私が報告する直前のタイミングに、菅井君が師匠に「稲葉さんは結婚しないでしょうね」と言っていたそうです。

 最近、地元の後援会に妻を連れて行く機会があったので、会っていなかった弟弟子にも顔を見せることになりました。横山君(友紀四段)からは『妹さんですか?』と聞かれて、面白いことを言うなと(笑)。

――井上一門の結束力がわかった気がします。稲葉さんご自身が弟子を取るということは今後あるのでしょうか。

稲葉 師匠からも「どうや」と言われるようになってきましたね。師弟トーナメントで指した時は「40になったら取って」と言われましたが、最近はもう少し早くという雰囲気もあります。ただ、自分の弟子になるより井上一門の弟弟子のほうが、一門研に入りやすいのではという考えもありますね。

現時点の課題は「藤井竜王にどのように対抗していくか」

――これまでの話で、同世代の棋士に対する考えや、一門の兄弟弟子に対する姿勢をお聞きできました。将棋界の人間関係は幼少の頃に作られたものが生涯にわたって続くことが多いのではと思いますが、稲葉さんにとってはその頃から知っている棋士を言葉で表現するとどうなるのでしょうか。

稲葉 どうなんでしょうね。友人かというとなんとも言えません。もちろん、人によるというのもありますけどね。例えば、小学校低学年の頃から知っている船江さんならば友人といえるかもしれません。どう答えたらいいのかな。ライバルや戦友という言葉が全員に当てはまるかどうかも難しいですね。

――最近の将棋界で注目されている話題についてもお聞きします。里見香奈女流五冠の棋士編入試験はどのように見ていますか。

稲葉 受験資格を得るまでに勝ってきた相手がすごいですよね。将棋の内容もよく、充実を感じます。それでも試験は相当プレッシャーなんだなと思いますね。伸び伸び指せれば勝ってもおかしくないのでしょうが。あとは過密日程の影響もあるのかな。プロになって欲しいと願う人が多いとは思います。

――藤井聡太竜王の登場で、将棋界はどのように変わったとお考えですか。

稲葉 藤井聡太さんが登場してからも、8割勝つ若手棋士が毎年のように出てきました。でもその若手は藤井さんがいるから満足していません。このような傾向は我々の世代にはなかったことです。自分より年下が勝つと特に気を緩められませんから、底上げが激しくなりましたね。

――稲葉さんご自身の、これからの目標をお願いします。

稲葉 藤井さんが20歳であれだけ完成して、さらに伸びしろがあると考えるということがどうかですね。藤井さん一人が圧倒的過ぎてもつまらないでしょうし、自分の立ち位置で諦めては面白くありませんから。現時点の課題は藤井さんにどのように対抗していくかということになりますね。

写真=平松市聖/文藝春秋

(相崎 修司)

ジャンルで探す