「調子のいい阿炎とやりたい」照ノ富士が朝稽古中に語っていた本音《“元安美錦”安治川親方の11月場所総評》

 九州は福岡で2年振りの九州場所開催。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 通常であれば本場所2週間前の番付発表から福岡に乗り込み、稽古を重ね本場所に挑みます。今場所は本場所1週間程前から各部屋の福岡乗り込みが始まりました。

 先場所同様に行動制限はあり、13日目まで外出は禁止でしたが環境が変わるだけでもありがたいものです。

今場所で注目していたのは……

 今場所注目は、もちろん新横綱で優勝した照ノ富士。首の状態が心配ですが九州場所での優勝経験がある大関貴景勝。安定した成績を残す関脇御嶽海が今場所の中心になると思っていました。

 新三役の霧馬山に、三役返り咲きを狙う大栄翔に若隆景。熊本県出身の大関正代に佐田の海、鹿児島県出身の関脇明生、宮崎県出身の琴恵光、福岡県出身松鳳山などのご当所出身力士の活躍、幕内に戻ってきた阿炎は体も一回り大きくなり期待ができるのではないかと見ていました。

 私の九州場所での思い出はたくさんあります。幕下筆頭で十両昇進を決めた場所が九州場所でした。場所後に新十両会見をしたのを今でも思い出しますね。

元安美錦(安治川親方) ©文藝春秋

 幕内で初日から7連敗、8日目に初白星をあげ、その後7連敗。1勝14敗という悔しい思い出がありますが、初日、横綱白鵬に勝ち殊勲賞を受賞したことも。

 良い思い出も悔しい思い出もたくさんありますが、一番の思い出は37歳でアキレス腱を断裂し十両まで番付を下げたものの、回復し、幕内に戻ってきたのが九州場所でした。千秋楽で勝ち越して三賞までいただくことができた九州場所は、鮮明に覚えています。この話は長くなるのでまたの機会に(笑)。

白鵬の引退に思うこと

 このことに触れないわけにはいきません。横綱白鵬が9月場所後に引退しました。白鵬が入門した宮城野部屋は伊勢ケ濱部屋と部屋が近く、よく出稽古に行っていたため、白鵬の体が細かった時から知っています。本当によく稽古していましたね。あっという間に強くなりました。

 横綱に上がってからは同じ一門ということもあり、太刀持ちをしたりしましたが、どうやって攻略しようか常に考えていました。

 長い間、横綱を務めあげたことは「本当にお疲れ様でした」という言葉しかないですね。

 九州場所の話に戻ると、食事も楽しみでしたね。

 魚がおいしい時期でふぐにアラ、ヤリイカもおいしいですね。水炊きにもつ鍋、ラーメンにうどんなど、書いていてお腹が鳴りました(笑)。

 ラーメンはこってりした久留米の「大砲ラーメン」、屋台も好きですが一番よく食べるのは「一蘭」でした。久留米の中華うどん「一平」も好きで、細麺に和風のだしが美味しくて、替え玉が止まりません。

 今回はラーメンと魚の話で終わってしまいそうなので、そろそろ相撲に戻りましょう。

照ノ富士は「手が付けられない状態」

 場所前の横綱照ノ富士の様子を少しだけ。膝の状態は落ち着いていてみっちりトレーニングを積み重ねていました。体はパンパンに張り、僧帽筋が盛り上がっていました。番付発表前から幕内宝富士、十両錦富士を相手に稽古を積み重ねていました。

「私が現役ならどう攻略しようか」とみていましたが、攻略の糸口がみつけられません(汗)。まさに「手が付けられない状態」ですね。

 非常に良い状態の横綱を誰が倒すのか、倒すことができるのか。

 期待しながら本場所を迎えました。

 初日、横綱の相手は新小結の霧馬山。両差しを許すも巻き替えて左四つに組み、冷静な取り口で初日白星スタート。それ以降は、ヒヤッとしたのは大栄翔戦ぐらいで、安定した取り口で終盤戦に向かいます。私が危ないと感じた場面でも、ビデオで観ると横綱の表情は変わらず余裕があるようにも見受けられます。

 全勝の単独トップで優勝に突き進みました。

「調子のいい阿炎とやりたい」

 追うのは1敗の大関貴景勝と前頭15枚目の阿炎。

 貴景勝は首の状態も心配なく、よい相撲を取っていました。立ち合いから左足がよく前に出ていて、リズムよく、そして力強く当たって白星を積み重ねていきます。

 豊昇龍戦で右のまわしを取られましたが、動きが止まらずその右手を抱えて小手投げでバランスを崩し、勝利に繋げていきました。以前小手投げが武器になると書いたのを見てくれていたのかな(笑)。

 阿炎は体も大きくなり前への圧力が増しました。立ち合いから前に出るスピードも速く一気に押していきます。終盤に来ても勢いは止まりません。この2人の取り組みは13日目に1敗同士で組まれました。

 立ち合いから激しく攻め込む阿炎。貴景勝が左に動いたところを一気に攻め込み、阿炎の勝ち。勢いは止まらず、さらに大きくなっていきます。この状態になった力士を止めるのは容易ではないです。

 阿炎と照ノ富士の相撲が14日目に組まれました。照ノ富士が勝てば優勝、阿炎が勝てば星が並びます。13日目の朝稽古の会話の中で、「調子のいい阿炎とやりたい」と照ノ富士が言いました。私は驚いて言葉が出ませんでした。勢いに乗った力士はサーフィンでいえば波をとらえた状態。波のトンネルを抜ける「チューブライディング」の中をどんどん加速していきます。その状態の阿炎との対戦は危険を伴うと感じていたのですが、まさかの「やりたい!」。

 もう一度言います、本当に驚きしかない……。

照ノ富士の稽古は……

 立ち合い、阿炎の攻めは強烈でした。照ノ富士は上体を起こされ、土俵際に押し込まれ、万事休すかと思った瞬間、片足で残り両腕で抱え込み攻め返します。阿炎が肩透かしを狙うところを押し倒し。優勝は照ノ富士です。

「危なかった」と胸をなでおろしリプレイを観ると、そんなに慌てていません。むしろ余裕すら感じさせます。いやいや、一つ間違えば押し出されていたはずです。その答え合わせをすべく優勝インタビューを終えた照ノ富士と話すと、またもや驚いて言葉が出ませんでした。「阿炎の上体を起こすために自分も上体を起こしたんです」と……。

 千秋楽は貴景勝との一番。貴景勝が突き起こし、何度も攻めますが、稽古場で受け止める稽古をしているような落ち着きぶりに、なすすべがありません。

 結果は全勝優勝でした。しばらくこの状態が続くのかな、と思わせる照ノ富士の相撲でした。

 間近で見ているからわかりますが、照ノ富士の本場所での相撲は、稽古場でよく見る相撲です。右四つの照ノ富士が、立ち合いで上体が起きないように頭から当たっていく。頭を低くして構える。半身になり、残る。左四つに組む。片足で残る――。

 ここまで細かく書いたのは、照ノ富士が器用で何でもできるから優勝したのではなく、本場所でやることを想定して稽古をしているから、すべて対応できているのだということです。ここまで手の内をばらして照ノ富士に怒られないかな(汗)。

 大関陣、上位陣の奮起を期待したいのであえて言いました。

「横綱は稽古しているよ!」

断髪式も通常開催へ

 三賞は敢闘賞が阿炎と隆の勝、技能賞が宇良。

 十両では一山本が13勝2敗の好成績で優勝。思いっきりのいい相撲は来場所に幕内で観られそうなので、期待したいです。一つ残念だったのが今場所新十両の平戸海。14日目に怪我をし、休場してしまったのですが、しっかり治してまたいい相撲を見せてほしいです。一昔前のお相撲さんのようなしぶとい相撲で、見ていて応援したくなります。怪我に負けるな、けっぱれ!!!

 今年も残りわずかです。新年はどんな年になるのでしょうか?

 今年もたくさんのお客様に本場所に足を運んでいただきまして、本当に感謝しています。来年も楽しんでもらえるように一生懸命頑張ります。

 私事で恐縮ですが、断髪式の通常開催が決まりました。感染対策には十分気を付け、皆さんに楽しんでいただけるよう準備しています。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。令和4年5月29日(日)です。お待ちしております。

 場所も終わり、最後に何を食べようか考えながら書いていますが、決めました。

 やっぱり「一蘭」です(笑)。

 良いお年を!!!

(元安美錦(安治川親方))

ジャンルで探す