出雲路で見えた大学駅伝界の“勢力変化” 青学大、駒大、早大…有力校が勝てなかった「3つの理由」

 2年ぶりに開催された大学駅伝初戦の出雲駅伝。ダークホースと目されていた東京国際大が思わぬ圧勝を飾った。

【画像】箱根でゴールテープを切った駒大・石川は未成年との淫行で逮捕されチームを離れた

2年ぶりの開催となった出雲駅伝のスタート ©文藝春秋

 アンカーに“史上最強の留学生”の呼び声が高いイェゴン・ヴィンセント(3年)を擁する東京国際大に対して、優勝を狙うライバル校は、最終区までにいかに大きな貯金を作るかが鍵となっていた。しかし、常にレースの主導権を握っていたのは東京国際大だった。

 1区の山谷昌也(3年)がトップと5秒差の区間3位と好スタートを切ると、3区の丹所健(3年)が混戦を抜け出し、独走状態に持ち込む。そして、アンカーのヴィンセントは、ビハインドを跳ね返すどころか、28秒もの貯金をもらって走り出すと、2位に1分57秒もの大差を付けてフィニッシュ。出雲駅伝で史上初の「初出場初優勝」を成し遂げた。

 2位に青山学院大、3位に東洋大、4位に前々回優勝(前回大会はコロナ禍の影響で中止のためディフェンディングチャンピオン)の國學院大と続いた。

 レース前に優勝候補最有力と見られていた駒澤大は、三本柱の1人、鈴木芽吹(2年)の欠場が響き、序盤から優勝争いに絡めず。アンカーの田澤廉(3年)が8位から5位に押し上げてレースを終えるのが精いっぱいだった。

「初出場初優勝」を成し遂げた要因は…?

 今回の出雲で東京国際大の前評判は高く、優勝しても驚きはなかったかもしれない。

 だが、まさかここまで圧勝するとはおそらくは誰も思ってはいなかったのではないだろうか。それは指揮官とて同じだった。

「勝てるとしたら、(ヴィンセントで)逆転で勝つのだと思っていました」と大志田秀次監督もレースを振り返っていた。

「最後にヴィンセントがいますが、我々の目標は少しでもヴィンセントに負担をかけないこと。トップで進めなきゃいけないというよりも、トップとの差をできるだけ小さくして、上位集団でいければいいと選手たちには話していました」と大志田監督が言うように、“ヴィンセント頼み”から脱却を図ることはチームのテーマでもあった。そして、選手たちは見事にその通りのレースを見せた。

 最大の殊勲は3区の丹所だろう。積極的な走りを見せ、区間2位の快走で混戦を抜け出し、チームに勢いをもたらした。

 今季の丹所は記録だけでなく、勝負強さも伴ってきた。丹所の大きな成長があって、出雲では“ヴィンセントに頼る”のではなく、“ヴィンセントを生かす”レース運びができたと言っていい。

 また、1区を走った山谷の復活も大きかった。前回の箱根駅伝は直前のケガでエントリーメンバーからも外れたが、もともとは丹所と同等かそれ以上の力を示していた選手だ。今季の前半戦は不振だったが、9月に5000mで自己記録をマークするなど調子を上げ、今回の出雲の快走につなげた。

 山谷が1区で好スタートを切り、丹所が先頭争いをキープ。そして、ヴィンセントが勝負を決めにいく――全日本や箱根駅伝でもそんな展開を描ければ、再び台風の目になるだろう。

 東京国際大は今回の出雲は3年生以下だけの布陣で臨んだが、続く全日本大学駅伝には、過去3度箱根を走っており、1年時に7区6位、2年時に8区5位と好走している芳賀宏太郎、夏合宿を引っ張っていた主将の三浦瞭太郎ら4年生も加わる。1区間の距離が長くなる全日本と箱根では最上級生の力は欠かせないだけに、東京国際大が再び頂点を極められるかは、4年生がキーマンになる。

季節外れの暑さ、ライバル校の有力選手不在も追い風に

 出雲駅伝は、もちろん東京国際大の選手に力があったからこその優勝だが、外的要素がプラスに働いたのも事実だ。

 1つは10月にもかかわらず、気温が30度を超えたこと。シューズ等のギアの進化もあって年々高速化しているのにもかかわらず、今回は持ちタイム通りの力を発揮できない選手が多かった。実際に優勝タイムも、現行のコースになってからは最も遅かった。

 駅伝は自然との戦いでもある。箱根でも強風が吹き荒れた年などに、持ちタイムが全く当てにならないほどレースが大荒れになる場合があるが、悪コンディションになるほど番狂わせが起きることを、改めて示したレースになった。

 ライバル校の足並みが揃わなかったことも一因だろう。順天堂大の現役オリンピアン・三浦龍司(2年)は、万全な状態ではなく、出走を回避。地元・島根での凱旋レースは叶わなかった。その他にも、駒澤大の鈴木、青学大の岸本大紀(3年)、早大の千明龍之佑(4年)、東洋大の宮下隼人(4年)、松山和希(2年)、帝京大の細谷翔馬(4年)といった有力選手が出雲路に不在だった。

 ダントツの優勝候補だった駒澤大でさえ、鈴木の欠場で後手に回らざるをえなくなったように、チームの主力選手の欠場はマイナス1よりもはるかに大きな痛手となることもある。その点で、“初出場初優勝”を目標に掲げて、出雲にきっちりと合わせていた東京国際大は、盤石の布陣を築いていた。

 また、今回の出雲は、全6区間の区間賞獲得者が全員異なる大学の選手だったが、1人の選手が好走を見せても、次の走者が足踏みするケースが多かった。“駅伝は流れが大事”などとよく言われるが、せっかく良い流れに乗ることができても、すぐに滞ってしまっては勝利を手にすることはできない。この点でも、東京国際大は、全員が区間5位以内と安定して力を発揮して見せたのが大きかった。

全日本と箱根で予想される「強豪校の巻き返し」

 ただ、今回苦戦した強豪校は、敗因が明確だっただけに、全日本と箱根では十分に巻き返しは可能だ。もっとも、主力選手の足並みが揃うことが大前提となる。

 6区間45.1㎞の出雲駅伝に対して、全日本は8区間106.8㎞、箱根は10区間217.1㎞と距離が延び、走者の数も増える。多くの大学が箱根を最大の目標にして夏合宿を送っており、全日本から箱根へとコンディションを上げてくるのは確実だ。大学駅伝三冠を目標に掲げていた駒澤大、青学大、早大などは出鼻を挫かれたが、このまま黙ってはいないはずだ。

 出雲2位の青学大は、今季エース格に成長した近藤幸太郎(3年)が、1区区間賞と駅伝でも結果を残した。また、「一時は6位、7位も覚悟しました」と原晋監督が振り返るように、2区以降は先頭争いになかなか加われなかったが、アンカーの横田俊吾(3年)の2人抜きの快走もあった。とにかく選手層が厚いのが今季の青学大の特徴だが、流れを変えられる選手が出てきたのは収穫。距離が延びる全日本や箱根こそ、このチームの本領が見られるだろう。

 出雲でのサプライズとなったのが3位の東洋大だ。宮下、松山の飛車角落ちともいえるオーダーだったのにもかかわらず、後半に順位を上げ、しぶといレースを展開。注目のルーキー・石田洸介が、区間2位に20秒差を付けて5区区間賞に輝くなど大きな収穫もあり、今年の箱根に続きトップ3の座を守った。宮下、松山が戻れば、さらなる強力な布陣が築けそうだ。

 駒澤大は5位に終わったものの、アンカー田澤の3人抜きの走りには鬼気迫るものがあり、“このままでは終われない”という強い意志を感じた。また、レース後に駒大、創価大、帝京大が合同で行った5000mのタイムトライアルでは、今回は補欠だった4年生の佃康平が快走を見せ、チームもすでに、連覇がかかる全日本を見据えている。9月に右脚大腿骨を疲労骨折した鈴木が戻れば、言うまでもなく再び優勝候補に名前が挙がるだろう。

 今回は不振だったが、早大や順大も流れに乗った時には十分に頂点を狙えるだけのメンツはそろっている。

 今年の箱根駅伝で2位になった創価大に続き、今回の出雲では東京国際大が大躍進を果たし、大学駅伝界の勢力図が大きく変わりつつあることを示した。

 今季の駅伝シーズンも、優勝争い、シード校争い共に激戦が繰り広げられそうだ。

(和田 悟志/Webオリジナル(特集班))

ジャンルで探す