3年ぶりの陣屋 その日、“将棋の強いおじさん”は百折不撓だった

 3年前、僕は人生初の将棋の現地観戦をするために、対局会場となった神奈川県秦野市の老舗旅館「陣屋」に行き、木村一基八段が羽生善治王位に玉砕した第57期王位戦の一部始終を見ていました。僕は木村先生の熱烈なファンであるため、今回は僭越ながら「俺のかずき」と呼ばせてください。

【写真】対局終了後、大盤解説会に登場した木村九段と豊島王位

このとき王位戦に挑戦した俺のかずきは43歳

 俺のかずきが6度目のタイトル挑戦に失敗した夜、僕は木村一基a.k.a.将棋の強いおじさんがいかに素晴らしい棋士かをブログに書きました。内容は主にかずきの所有権について僕が強く主張するものでしたが、その結びとして僕は以下のような文章を書いています。

〈有望な若手がどれだけ台頭してきても、僕はまだまだ「これからは木村一基八段の時代だ!」と言い続けたいと思います〉

「将棋の強いおじさん」「千駄ヶ谷の受け師」とも呼ばれる木村一基九段 ©文藝春秋

 正直な話をすると、やけ酒で酩酊した頭でこれを書いていたときも、僕はこれが希望的観測に過ぎないことを自覚していました。なぜならこのとき王位戦に挑戦した俺のかずきは43歳。一般的に30代までがピークと言われる将棋界において、「年齢的におそらくこれが最後の輝きになるだろう」ということは多少将棋を知っている人であれば否が応でも理解せざるを得ないことだったからです。

 その後は僕も仕事とかいう1ミリも棋力が上がらない無駄な行為に勤しむ時間が増え、将棋をじっくり見る時間もあまり取れなくなっていました。大人の階段を登り切り、シンデレラでもなんでもないつまらない大人になりました。極めて愚かな行為なので皆さんは真似しないようにしてください。

「世界将棋強いベストイレブン」であるA級棋士に返り咲き

 ところが。僕が人生の停滞を続けている間に、俺のかずきはそこからさらにトップ棋士の階段を登っていました。46歳にして驚異的な上昇気流に乗った俺のかずきは気付けば八段から九段になり、「世界将棋強いベストイレブン」であるA級棋士に返り咲き、王位戦挑戦者の資格を獲得。おまけに将棋界最高権威である竜王位にあと一歩となる挑戦者決定三番勝負への出場も勝ち取っていました。

 おじさんの座右の銘に「百折不撓」という言葉があります。何度失敗しても諦めない、という意味の言葉なのですが、マジでその言葉通りの活躍ができる人間がこの世に何人いるでしょうか。この時点で僕はもうボロ泣きしており「子供が生まれたら『百折不撓』って名前にする!」と言って周囲に引かれたりしていました。現在33歳独身の僕に子供が生まれる予定は全くありませんが、そのへんも百折不撓したいと思います。

『スラムダンク』の宮城の気分に

 ただし、問題はその相手です。俺のかずきが王位戦および竜王戦挑決で戦う相手は時の名人である豊島将之二冠。若くして「序盤、中盤、終盤、隙がないよね」と評されながらなかなかタイトルに恵まれず、最近ついに覚醒して勝ちまくっている鬼みたいな天才です。その一生あどけない風貌から「豊島きゅん」の愛称で将棋ファンから愛されています。

 おじさんが何度もタイトル獲得を阻まれた羽生さんが無冠になったと思ったら、今度は脂の乗り切った豊島きゅんが立ちはだかる。スラムダンクの宮城が「なんでオレの相手はいつもすごいのばっかなんだ……」とこぼしたことがありましたが、おじさんファン的にもまさにそんな気持ちでした。実際、王位戦七番勝負も第1局、2局を連敗。特に2局目は優勢の将棋を逆転されて落とすという苦しい形になりました。

 いかなおじさんファンでも「やはり豊島にはかなわないか……」と思わざるをえませんでした。しかし。そこからおじさんはリアルガチの百折不撓を体現し、続く第3局、4局を勝利して2勝2敗のイーブンに持ち込みます。特に王位戦第4局はお互いの玉が相手陣に侵入するタイトル戦史上最長の285手の死闘となり、将棋の弱いおじさんである僕はただひたすら「百折不撓……百折不撓……」と言って泣くしかできない状態になりました。コンピュータの示す最善手が多くの人にわかる現代こそ、こういった人間の意思が感じられる熱戦が名局なのではないかと僕は思います。

入り口で「もう満席で入れないかも」

 王位戦第5局では、豊島きゅんa.k.a.鬼がついにエース戦法の「角換わり」を投入しておじさんは敗北。竜王戦挑決も2勝1敗で豊島きゅんa.k.a.新鬼畜眼鏡が勝利し、いよいよおじさんには後がなくなります。

 そんな状況で迎えた王位戦第6局。僕は3年ぶりの陣屋に足を運びました。

 仕事とかいう1ミリも棋力が上がらない無駄な行為に勤しんだ同僚とともに午後休を取って午後4時ごろに陣屋に到着すると、入り口で「もう満席で入れないかも」と言われました。陣屋の大盤解説会では過去最大の客数だったそうです。百折不撓の精神で受付まで行ってみたらギリギリで大盤解説会場に入れてくれました。僕が「百折不撓……百折不撓……」と言いながらサービスのコーヒーを飲んだことは言うまでもありません。おいしかったです。

 2日目の午後、すでに形勢はおじさん優勢に大きく傾いていました。ただ、それはあくまで外野の見解においての話。現地解説の佐々木勇気七段は「木村先生の手は当たらない」と言いながら次々と次の一手を外し、会場にはなぜか外すたびに笑いと拍手が起こるという微笑ましい展開がありました。こういうプロ棋士のチャーミングな一面が現地解説の楽しいところなので皆さんもぜひ行ってみてほしいです。

防具である盾で相手をぶん殴って倒すキャプテン・アメリカ

 俺のかずきは「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つ棋士なのですが、普通「受け」というとガチガチに守りを固めるディフェンシブなイメージを持つかもしれません。だけど俺のかずきの「受け」は「攻撃的に受ける」ところにその魅力があります。

 僕は将棋の弱い観る将おじさんなのでその概念しか伝えられませんが、「相手が攻めてきた駒を守りの駒で攻める」というのがおじおじ将棋をかっこいいと思うところです。本局でいうと35手目「▲7七金」などがそれで、実際の良し悪しはわかりませんが「防具である盾で相手をぶん殴って倒すキャプテン・アメリカ」みたいなかっこよさがある一手だと思って泣きました。アベンジャーズのキャップで泣ける人は、おじさんのファンになる素養があると思います。

 事前研究に定評があり、ここまで常におじさんより大幅に持ち時間を残して序盤を進めてきた豊島王位がこの一手に2時間半の長考。珍しく豊島きゅんのほうが持ち時間を使う形で1日目の封じ手となります。

 2日目、「攻めるしかない」という意思を見せた豊島きゅんの猛攻をおじさんが鬼のように受ける展開となりました。おじさんは徹底的に受け、ここらで攻めてもいいのではという局面でも徹底的に受けました。相手にやることを無くならせて完封する、いわゆる「友だちを無くす手」を指し続けて着実にリードを広げていきます。

最後まで諦めず勝ち筋を求める豊島王位も素晴らしかった

 もしかしたら「もうほとんど勝敗はついたから終わってよ」と思う人もいたかもしれません。しかし、最終盤、決めに行く攻撃の手「▲8四角」を打つ際の木村九段の右手は明らかに迷っている素振りで盤上をさまよいました。手の好悪に関わらず強い手を指すときは「ビシッ!」と駒を打ち付ける木村九段には非常に珍しい動きで、それだけこの1局、この一手が重いものであるということを感じました。

 その後は最後まで優位を保ち続けた木村九段が勝利。王位戦の戦績を3勝3敗とし、最終局に望みをつなげました。「炎の十番勝負」の成績的にも4勝5敗のフルセットです。

 終局後、陣屋の解説会場に現れた木村九段は勝者とは思えないほど疲れ切った顔をしていました。知らない人が見たら「5徹した営業部長」だと思ったでしょう。だけど、僕にはそんな将棋の強いおじさんがむちゃくちゃにかっこよく見えていました。

 また、そんなおじさんと対比するように涼やかな顔をした新卒の社員みたいな豊島王位も素晴らしかったことも併記させてください。

 木村九段を象徴する名言に「負けと知りつつ、目を覆うような手を指して頑張ることは結構辛く、抵抗がある。でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂道を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう」というものがありますが、このシリーズの豊島王位からはまさにその精神を感じました。本局や第4局の最後まで諦めず勝ち筋を求める粘り腰の指し筋は、長らく将来を嘱望されながらなかなかタイトルに恵まれなかった豊島王位が身につけた百折不撓の精神なんだと思います。僕は一緒に観戦していた同僚と「すごい将棋だね」「2人合わせて二百折不撓だね」と言って静かに感動していました。

 2019年9月10日、第60期王位戦第6局。その日、将棋の強いおじさんは百折不撓でした。最終局がどんな結果になろうと、僕はそのことをずっと覚えていたいと思います。

(たろちん)

ジャンルで探す