「後味悪い」小柳ルミ子も唖然、北朝鮮代表が拳振り上げ威嚇…来年3月のW杯予選「平壌で対戦」を心配する声も【アジア大会サッカー】

ラフプレーが目立った北朝鮮(写真:AP/アフロ)

 

《サッカー日本代表、ベスト4進出おめでとう。それにしても北朝鮮のプレーがあんなに酷いとは。日本選手が怪我するのではと心配でした。終了してからもレフェリーに詰め寄る北朝鮮。後味の悪い対戦相手に負けずに良く闘ってくれました》

 

 サッカー好きで知られる歌手の小柳ルミ子が、10月1日、自身の「X」(旧Twitter)を更新。北朝鮮選手のラフプレーに対し、苦言を呈した。

 

 

 杭州アジア大会のサッカー準々決勝で北朝鮮と対戦したU-22日本代表は、2−1で勝利。4強入りを決めた。

 

「試合では北朝鮮選手のラフプレーが目立ちましたが、特に驚いたのは72分。日本代表スタッフがピッチに入り選手に水を配っていたところに、北朝鮮選手がやってきて水を要求。スタッフから水を奪い取ると、そのスタッフを殴ろうとするかのように拳を振り上げ、威嚇したのです。これには審判がすかさすイエローカードを出しました。

 

 さらに、試合終了後も北朝鮮選手は審判たちを取り囲み、声を荒らげながら執拗に詰め寄りました。異常な光景で、常軌を逸した行動だと言わざるを得ません」(スポーツ担当記者)

 

 元Jリーグチェアマンの川淵三郎氏も、自身の「X」に、

 

《勝利したものの北朝鮮の、明らかに怪我を狙った酷いプレーをレフェリーが見逃し続けた。FIFAレフェリーとはとても信じられない。日本選手が大怪我しないかを心配しながら見ていた。試合終了後もレフェリーに突っかかっていたが何らかの処罰が課せられるべき行為だった》

 

 と投稿。北朝鮮選手の行動と、審判に対して非難の声をあげている。

 

 SNSでは、

 

《この試合を生で観てましたが、北朝鮮選手による日本人選手への悪質なラフプレーも酷かったし、試合後の暴動はあり得なかった。スポーツマンシップの欠片もない北朝鮮は国際試合に出場する資格はないと思う…》

 

《アジア大会で醜態を晒したサッカー北朝鮮代表、FIFAもAFCも国単位でペナルティを課して少なくとも1年間は全ての年代カテゴリーにおいて国際大会の出場を禁ずるべきだよ。審判と対戦相手に対するリスペクト以前の話で、彼らは競技者としての資格がない》

 

 など、北朝鮮チームに対して、何らかのペナルティを求める声があふれている。

 

 さらには、このような心配の声も。

 

《これさ、マジでW杯予選どうするんだろ?こんな国をアウェーにして日本は戦えと?本気で中立国開催してくれないとフェアじゃないよな》

 

《A代表もW杯予選、北朝鮮と試合するけど、アウェイでの北朝鮮戦とか絶対ムリだろ》

 

「11月から始まる2026年ワールドカップのアジア2次予選で、日本と北朝鮮は同じグループになっており、2024年3月26日に北朝鮮での対戦が予定されています。

 

 W杯予選で日本が北朝鮮と対戦するのは2011年以来。同年11月、平壌・金日成競技場で対戦したときには、0-1で敗れています。日本チームは入国する際、空港の荷物検査などで5時間を要し、携帯電話も没収。ホテルでは完全監視におかれました。

 

 スタジアムでは慣れない人工芝に苦戦、スタンドを埋め尽くした5万人からは容赦ないブーイングを浴び続けました。まともな環境での試合は望みようがなく、第3国での開催も検討されるべきでは」(同)

 

 SNSには日本サッカー協会に、《毅然とした対応》を求める声も多い。

ジャンルで探す