「中絶トラブル」坂本勇人に阪神ファンがブーイングも先発・西勇輝にも「不倫報道」の過去 「倫理観に欠けた戦い」のツッコミが

写真・時事通信

 

 いまだ波紋を広げている、巨人・坂本勇人の“中絶トラブル”報道。9月10日の「文春オンライン」の記事によれば、すでに示談は成立しているというが、これまで球団から坂本に対する処分などは下されてはいない。

 

 坂本は通常どおり試合に出続けており、9月17日には、東京ドームの巨人-阪神戦にスタメンで出場。守備でダイビングキャッチを決め、チームのピンチを救うプレーに歓声が上がった。

 

 

「ただこの日、スタメンが発表されて坂本の名前が出たとき、阪神ファンから大ブーイングの声が響いてきました。坂本の問題は野球ファンのなかでも意見が分かれており、『示談しているし、蒸し返す話じゃない』などと擁護するタイプ、『やった行為が悪すぎるし、球団がお咎めなしなのはおかしい』といった手厳しい意見のタイプもいます。この日の阪神側のブーイングにも、SNSでは賛否が分かれました」(スポーツライター)

 

 一方、試合が始まると、SNSではこんな声も……。

 

《坂本勇人vs西勇輝とかなんとも倫理観に欠けた戦いだね》

 

《西勇輝と坂本勇人の対決。どちらも応援できない。》

 

《西勇輝と坂本勇人で阪神ファン共に言い争ってるけど、はたから見たらどっちもどっち》

 

 この日、阪神から先発ピッチャーで出たのは西勇輝。だが、西も過去に不倫が報じられている。

 

「2020年に『文春オンライン』で、緊急事態宣言中にファンの女性と三重県内のホテルで密会するなど、不倫をしていたことが報じられています。ただ、西の場合は球団を通じて『プロ野球選手として自覚に欠ける行動であったと深く反省しています』などとコメントを出しており、球団側から処分も下っています。

 

 一方、坂本の場合は公式コメントもいっさいなく、球団側の処分もありません。坂本の件が、報道から1週間以上たったいまも炎上し続けているのは、こうした“臭いものには蓋”的な対応も大きいのでは」(前出・スポーツライター)

 

 9月17日の「文春オンライン」では、今回の坂本の騒動を扱ったテレビ局は今後、入院している長嶋茂雄氏についての情報が、球団から入らなくなる可能性がある、といった報道も飛び出している。巨人軍は、このままダンマリで逃げ切るつもりなのだろうか……。

ジャンルで探す