もはや「日本社会の恐怖」巨人・坂本の女性問題を報じない新聞・テレビに疑問噴出「香川照之よりエグいのに」

写真・時事通信

 

「文春オンライン」が9月10日に報じた、巨人・坂本勇人の女性トラブル。肉体関係を持った女性が妊娠したことを知ると、「おろすならおろすで早い方がいいやろ?」など、中絶を迫るような言葉をかけるなどの衝撃的な内容に、坂本に対する批判はやみそうもない。

 

 読売巨人軍の公式Twitterにまで、

 

 

《坂本選手のセクハラを越える報道について、球団はちゃんとコメントすべきなのでは?ピルを強要して、妊娠したらおろせば余りにも酷くないですか?》

 

《巨人軍 は勝てば何をしても許されるんですか? 球団の黙認、激甘な対応が、増長した坂本選手を作ってしまった》

 

 などのコメントが多数、書き込まれているありさまだ。

 

 坂本の行為に対する批判だけでなく、巨人から公式な発表や処分がないことに対する不満も多い。

 

 そして《スポーツ新聞やテレビが扱わないのは忖度なのだろうか》《坂本勇人の事を取り上げないTV局、新聞社きしょいな》と、この件をテレビや新聞が完全スルーしていることに、疑問を持つ声も多数ある。

 

 なかでも目立つのが、俳優・香川照之の銀座のホステス女性に対する性加害報道との違いを指摘する声だ。

 

《ジャイアンツの坂本って相手がセフレだろうが、示談が済んでいようがクズ男に変わりないよね。これ香川照之の時はあんなに報道しまくっていたのに、ジャイアンツの中心選手と言うだけで一切報道しないマスコミってやっぱりマスゴミだと思う》

 

香川照之への社会的制裁と同様どころかそれ以上に酷いことをしてる巨人坂本になんの制裁もないことに日本社会の恐怖を感じる》

 

《巨人坂本の件はテレビ新聞、一切報じないな。これがメディアへの圧力というやつか。内容は香川さんの件よりかなりエグいんやがw》

 

《これがセーフなら、香川や渡部は謝罪損の干され損》

 

「巨人としては、すでに示談が成立していることや、チームが熾烈な3位争いをしているなか、主力選手のスキャンダルに振り回されたくない、ということでしょう。テレビや新聞なども、巨人というチームが持つ影響力を考えれば、やはり『示談が成立している』ことを言い訳に、触れたくないわけです」(スポーツライター)

 

 当の坂本は、報道があった9月10日、翌11日とスタメン出場。10日は2塁打を放ち、11日は3安打の猛打賞と打撃好調だ。本人も周囲も報道のことは当然、知っているはずだが、まさに“鋼のメンタル”としか言いようがない。

 

 13日は神宮球場でのヤクルト戦。敵地だけに、ファンのヤジがどうなるか……。

ジャンルで探す