「明日の燃えるゴミに出す」坂本勇人“中絶トラブル”を巨人は全スルーで進む深刻なファン離れ

写真・時事通信

 

 9月10日に「文春オンライン」が報じた巨人・坂本勇人の女性トラブル。交際女性とのLINEでの生々しいやりとりや、妊娠した女性に対して「おろすならおろすで早いほうがいいやろ?」と、中絶を迫る音声まで出てくる、強烈な内容だ。しかも、女性はショックのあまり自殺未遂を起こしたという。

 

 あまりにショッキングな内容に、ネット上では坂本に対する猛烈な批判が渦巻いている。

 

 

《坂本ぉ…さすがにゲスすぎて 前なら「坂本の女遊びなんて昔からじゃんw遊んで成績良いならいいわw」だったけどコレは人としてちょっと歪**んでて無理ぽ》

 

《ひどすぎるデート性的DV… 相手が嫌がることをあえてやることが快楽という感覚ほんとやばい》

 

 その一方で、テレビや新聞はこの件に関してダンマリ。巨人も、“お咎め”どころか、10日、11日と試合に出場させ、スポーツ紙も「巨人・坂本勇人が通算415二塁打 ミスターの記録に『あと3』と迫る」(9月10日「スポニチアネックス」)「巨人・坂本勇人が177度目の猛打賞」(9月11日「サンケイスポーツ」)と、スキャンダルには触れず、“完全スルー”だ。

 

《香川照之よりも巨人の坂本勇人の方が圧倒的にクズなのにあんまり報道されてないのはなぜ? プロ野球選手の不祥事にはメディアの忖度が激しいな》

 

と、香川照之の件を持ち出し、疑問視する声も多い。

 

「文春の取材に対し、巨人は坂本の女性トラブルを認め、示談が成立したと答えています。示談になっているから報じないというのであれば、あれだけ香川さんを叩いたマスコミは何なのかということになります。巨人という強力なコンテンツとの関係を悪くしたくないのでしょうが、それこそ“忖度”そのものですよ」(芸能ジャーナリスト)

 

 これまでも数々の女性トラブルを報じられてきた坂本だが、今回の件はそのなかでも圧倒的にゲスい。SNSでは

 

《さすがにもう恥ずかしいので坂本勇人 セットは明日の燃えるゴミに出す。応援出来ない。一緒に観戦しに行った家族や友人との楽しい思い出がこれ以上汚されるのはきつい》

 

《巨人ファンやってきて坂本勇人は推し選手の一人やったしタオルもユニフォームも持ってるほど好きやったけど、一気にさめた…》

 

《マジで巨人ファンやめるわ、、、坂本さん恥ずかしすぎますよ、、、》

 

と、ファン離れが加速中だ。「紳士たれ」の矜持は、いまやどこに――。

ジャンルで探す