「ルイは素晴らしかった」「攻撃面で仕事」 八村塁の鮮烈デビューをレイカーズHCが称賛

米プロバスケットボール(NBA)でウィザーズからレイカーズにトレード移籍した八村塁が25日(日本時間26日)、本拠地スパーズ戦で鮮烈な新天地デビューを飾った。第1クォーター(Q)残り4分22秒で途中出場し、21分31秒の出場で3ポイントを含めて12得点、6リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した。最終Qにはレブロン・ジェームズの決勝3ポイントをアシストするなど、113-104の逆転勝ちに貢献した。試合後、指揮官は「ルイは素晴らしかったと思う」「ルイは攻撃面でいくつか仕事をすることができた」などと称賛した。

新天地デビュー戦、相手とゴール下で競る八村塁【写真:Getty Images】

新天地デビュー戦、相手とゴール下で競る八村塁【写真:Getty Images】

レイカーズデビュー戦、12得点&6リバウンドで逆転勝ちに貢献

 米プロバスケットボール(NBA)でウィザーズからレイカーズにトレード移籍した八村塁が25日(日本時間26日)、本拠地スパーズ戦で鮮烈な新天地デビューを飾った。第1クォーター(Q)残り4分22秒で途中出場し、21分31秒の出場で3ポイントを含めて12得点、6リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した。最終Qにはレブロン・ジェームズの決勝3ポイントをアシストするなど、113-104の逆転勝ちに貢献した。試合後、指揮官は「ルイは素晴らしかったと思う」「ルイは攻撃面でいくつか仕事をすることができた」などと称賛した。

 八村は16-24とビハインドで迎えた第1Q残り4分22秒で早くも出場。残り3分8秒ではいきなりフリースローを獲得。2本を冷静に決め、レイカーズ初得点を記録した。第2Qには自陣からの速攻でレブロン・ジェームズのアシストを受け、レイアップで得点。3ポイントも成功させた最終Qには残り8分33秒で、レブロンの逆転3ポイントをおぜん立てした。チームはこのまま逃げ切り、八村の“決勝アシスト”で白星をモノにした。

 試合後、レイカーズのダービン・ハムヘッドコーチ(HC)の会見の模様を米カリフォルニア州地元局「スペクトラム・スポーツネット」公式ツイッターが公開。その中で、指揮官は「ルイは素晴らしかったと思う」「ルイは攻撃面でいくつか仕事をすることができた」などと評価した。

 一方で、レブロンは11アシストを記録。この日は負傷からアンソニー・デイビスが復帰し、八村のような攻撃力を持った選手の加入がレブロンを助けることにつながるかについて問われると、ハムHCは「AD(アンソニー・デイビス)が復帰してルイが加入。もうすぐオースティン(リーブス)とロニー(ウォーカー)も戻ってくる。彼(レブロン)の周りに、ラス(ウェストブルック)、デニス(シュルーダー)、パット(ベバリー)、それにマックス(クリスティー)ら、すべての武器を揃えれば、プレッシャーを少なくすることができるから素晴らしいね」と八村加入を含めた効果を期待した。

 この日の試合前まで22勝26敗の西地区13位と低迷していただけに、八村の初陣とデイビスの復帰は巻き返しへの大きな一歩となった。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す