引退後に起業&ビジネス挑戦を目指す女性アスリートに必要なスキルセットとは

競泳の元五輪代表選手で、引退後は国連児童基金(ユニセフ)の職員として発展途上国の平和構築・教育支援に従事し、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さんの「スポーツとジェンダー」をテーマとした「THE ANSWER」の対談連載。毎回、スポーツ界のリーダー、選手、指導者、専門家らを迎え、様々な視点で“これまで”と“これから”を語る。第4回のゲストは世界中で会計監査やコンサルティングなどを手掛ける大手グローバル・プロフェッショナルファームEYの関連会社であるEY Japanの佐々木・ジャネルさん。女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて全3回で議論する。今回は後編。(取材・構成=長島 恭子)

井本直歩子さんとEY Japanの佐々木・ジャネルさんが女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて議論【写真:回里純子】

井本直歩子さんとEY Japanの佐々木・ジャネルさんが女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて議論【写真:回里純子】

連載第4回「競泳アトランタ五輪代表・井本直歩子×EY Japanの佐々木・ジャネル」後編

 競泳の元五輪代表選手で、引退後は国連児童基金(ユニセフ)の職員として発展途上国の平和構築・教育支援に従事し、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さんの「スポーツとジェンダー」をテーマとした「THE ANSWER」の対談連載。毎回、スポーツ界のリーダー、選手、指導者、専門家らを迎え、様々な視点で“これまで”と“これから”を語る。第4回のゲストは世界中で会計監査やコンサルティングなどを手掛ける大手グローバル・プロフェッショナルファームEYの関連会社であるEY Japanの佐々木・ジャネルさん。女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて全3回で議論する。今回は後編。(取材・構成=長島 恭子)

 ◇ ◇ ◇

井本「『女性アスリートビジネスネットワーク(Women Athletes Business Network/WABN)』(※)の内容について、もう少し教えてください。WABNではどんなスキル育成をプログラムに組み込んでいますか? 女性アスリートが競技引退後、起業やビジネス分野にキャリア・トランジッションを行ううえで、必要なスキルセットとは何でしょう?」 

(※)EYが創設した競技引退後の女性アスリートのビジネス界への挑戦やキャリア・トランジッションを支援するプログラム。

佐々木「WABNでスキル育成の基本にしているのは、世界経済フォーラムで議論されている、女性の経済支援のための3つのエリアです。つまり、財政スキル、(テクノロジーなどの)デジタル・スキル、そして意思決定層への参加に不可欠な決断する力です。私たちのこのプログラムを通して、自信も持てるようになったという報告がたくさん聞かれます。ベビー・ステップではありますが、確実にスポーツ以外の世界に一歩を踏み出せるプログラムになっていると思います」

井本「その自信は大きいですね。というのも、私は多くのアスリートは競技を退いた時の自己肯定感が低いのではないかと思っていて、学力やビジネスでの経験のなさからか、引退後に自分は何もできないような不安に駆られることが多いと感じるからです。

 これは日本の社会的なシステムとも関係しているかも知れません。日本では新卒で企業に入ることが圧倒的に多い。でも最近のトップアスリートは引退する年齢が20代中盤から後半、もしくは30代になっています。ですから、企業に中途採用で就職しようとしても選択肢が限られたものになってしまう」

佐々木「それは重要なポイントですね」

井本「だからこそ、アスリートたちに自信を植え付けられるプログラムはとても貴重ですね。女性アスリートが直面する課題のニーズにとても合っていると思います」

佐々木「とても実践的だと思いますよ。あともう一つ調査があるんです。ごめんなさい、調査の話ばかりで(笑)」

井本「いえいえ、データの話は大好きです」

佐々木「データは何かを決断するのにとても重要です。去年、東京五輪・パラリンピック競技会の頃、日本と海外のアスリートに自信のレベルについて聞きました。それによると、引退後のキャリア・トランジッションは簡単だったと答えた日本のアスリートは、たった4%です。つまり96%の人にとっては、とても難しかった、ということ。一方、グローバルの回答では、34%のアスリートがトランジションは簡単だったと答えています」

井本「それは……すごく大きな差ですね」

佐々木「それから、自分はビジネスリーダーになれると思うと答えたのは、日本のアスリートの56%に対し、グローバルは73%です。日本と海外のアスリートではこれだけの差があるのが現実。井本さんの言う、自己肯定感が低い、もしくはリーダーになりたい人が多くはないんですよね。だからこそ、日本でWABNのプログラムをやりたかった。日本の女性アスリートに自信をつけさせることが必要だと感じたのです」

競技団体の理事のポジションについて話す佐々木さん【写真:回里純子】

競技団体の理事のポジションについて話す佐々木さん【写真:回里純子】

競技団体の理事は「無給でやるべきではない」

井本「あまりの差にちょっと、愕然としてしまいますが、その数値は現実だと思いますね」

佐々木「日本を含むグローバル全体のWABNプログラムに関して、1点付け加えたいことがあります。参加したパラ・アスリートたちから『WABNプログラムが、オリンピアンとパラリンピアンを一緒の平等なグループにしたことによって、健常者にも障がいを持つ人々にも、とても貴重なインパクトがあった』というフィードバックをいただきました。実はリーダーシップ・プログラムで、障がい者と健常者が同時に参加する機会はあまりないんですよ」

井本「なるほど、素晴らしいですね。少し私のことについてお話しさせていただきたいのですが、私たちが去年立ち上げた一般社団法人でも、女性アスリートでスポーツ組織の意思決定層に行く人たちの育成のための、女性リーダーシップ育成プログラムをやりたいと構想を練っているんです」

佐々木「それは素晴らしい!」

井本「でもプログラムの内容を練るうえで、少し戸惑っています。というのも、色々な方にヒアリングすると、競技団体の女性理事の方々の仕事や役目って、人によって本当に異なるんです。ですから、共通するスキルセットを決めるのが難しいように感じています。ジャネルさんには今後、是非アドバイスを頂きたいです」

佐々木「もちろんです。それと、ビジネス界にはたくさんの女性理事がいますから、女性理事のためのプログラムをスタートさせたければ、そういった方にメンターになってもらうと良いですよ。

 多くのアスリートが競技団体の理事になりたいと思っていますから、私たちのプログラムも『理事になる準備』という視点を持っています。そしてその経験を、ぜひ“有給の”理事になるために繋げてほしいと思っています(笑)」

井本「それは重要ですね! ただ、日本では有給の理事のポジションなど、少ないのではないかな」

佐々木「でも無給でやるべきではないですよね。以前、WABNと私についての記事を読んだある企業が、女性アスリートの社外取締役を探している、とうちの会社に連絡が来たんです。結局、他の人を採用したようですが、先見の明がありますよね。女性アスリートの持つスキルセットを欲しがっていたんですよ。質問にあったプログラム内容ですが、私はまず、ガバナンスついて学ぶことが大事だと思いますね」

井本「同感です。でも現状、スポーツ団体は女性の比率を上げることにフォーカスしていて、女性理事の方たちに何を求めているのかはクリアではない場合が多いように見えます。だから私も、団体の運営に必要なガバナンスや財政を学んでもらうといいかなと思っているのですが、現実との間にギャップを感じています。おそらく、そこまでやりたくない人が多いんじゃないかな……。無給ですし、男性女性に限らず、会議に出ているだけの理事がたくさんいるようですし」

佐々木「ただ、自分の得意分野を持っていればいいのであって、ガバナンスも財政もマーケティングも、と全部を学ぶ必要はないですよね」

井本「そうですね。自分の強み、得意分野を決められればよいですね。それが、団体にとって必要なものとマッチしていなければならない」

佐々木「その通り」

井本「色々なスポーツ団体の現状を見ると、今のところ、そこがクリアではなく、数合わせのための登用も多いのかなという印象があります」

佐々木「ジョブ・ディスクリプション(業務内容)がクリアではないのでしょうね。でもね、そういう環境でも、理事に登用された側がどんどん、団体の内部に入っていけばいいと思うんです。理事として、自分が何をするべきか、わからなくても関係ない。まず中に入り、そこから探していけばいい。自分で自分のジョブ・ディスクリプションを書けばいいの。ロールモデルを待っているんじゃなく、自分がなるんだという気持ちでね」

WABNが目指す方向性について語る佐々木さん(右)と井本さん【写真:回里純子】

WABNが目指す方向性について語る佐々木さん(右)と井本さん【写真:回里純子】

WABNが目指す方向性「ネットワークは“net worth”(純資産)」

井本「そうですね。そうできるようにサポートしていきたいですね。最後に、今後、WABNが向かっていく方向を教えてください」

佐々木「日本のWABNアカデミーを成長させたいです。今年のアカデミーは、始めたばかりのパイロットです。翌年からはメンバーを増やしていき、グローバルのプログラムのメンバーたちとも繋がったりして、ネットワーキングに活かしてほしいと考えています。WABNアカデミーの卒業生ネットワークも作りたいですね。

 ネットワーキングは本当に重要です。『ネットワークは“net worth”(純資産)』。私がいつも言っている言葉です。ネットワークなしに、私は今このポジションにいない。だから女性アスリートたちにも、ネットワークを広げてもらいたいです。

 それから、EYには起業したい人たち用の“EY Entrepreneurial Winning Women”のネットワーキング・プログラムもあります。スポーツ界、WABN参加者に限らず、EYの巨大なグローバル・ネットワークに紹介することもできます。まだ、私たちのプログラムはあまり知られていないけれど、これから卒業生が増えていって、活躍してくれたら、その知名度も上がっていくと思います」

井本「そうなってくると、WABNプログラムのプロモーションも楽になってくるでしょうね」

佐々木「今は本当に大変な労力が必要な時期ですが、WABNアカデミーの創設は、プログラムを広げるための、確実な一歩だと思っています。そして、日本の女性アスリートはもっともっと、活躍出来るはず。そう信じています」

井本「本当ですね。ポテンシャルはすごくありますよね。ご尽力、本当に尊敬しますし、応援します。今日はどうもありがとうございました」

■佐々木・ジャネル

 米カリフォルニア州出身。EY Japanのピープル・アドバイザリー・サービスのコンサルタントとして、グローバル企業にブランディング・人事ソリューションを提供。ダイバーシティ、エクイティ&インクルーシブネス(DE&I)、グローバル人材管理、働き方改革に重点的に取り組む。女性アスリートのビジネス分野への挑戦やキャリア・トランジションのサポートを行う、EYのグローバルが創設したプログラム、WABN(Women Athletes Business Network)のリーダー及び、日本プログラムのディレクターを務め、女性アスリートと女性起業家を積極的に支援。自身も体操競技を13年間以上続けた。

■井本 直歩子

 東京都出身。3歳から水泳を始める。近大附中2年時、1990年北京アジア大会に最年少で出場し、50m自由形で銅メダルを獲得。1994年広島アジア大会では同種目で優勝する。1996年、アトランタ五輪4×200mリレーで4位入賞。2000年シドニー五輪代表選考会で落選し、現役引退。スポーツライター、参議院議員の秘書を務めた後、国際協力機構(JICA)を経て、2007年から国連児童基金(ユニセフ)職員となる。JICAではシエラレオネ、ルワンダなどで平和構築支援に、ユニセフではスリランカ、ハイチ、フィリピン、マリ、ギリシャで教育支援に従事。2021年1月、ユニセフを休職して帰国。3月、東京2020組織委員会ジェンダー平等推進チームアドバイザーに就任。6月、社団法人「SDGs in Sports」を立ち上げ、アスリートやスポーツ関係者の勉強会を実施している。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ジャンルで探す