スタンフォード大、イェール大など 海外トップアスリートが一流大学を進路に選べる理由

競泳の元五輪代表選手で、引退後は国連児童基金(ユニセフ)の職員として発展途上国の平和構築・教育支援に従事し、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さんの「スポーツとジェンダー」をテーマとした「THE ANSWER」の対談連載。毎回、スポーツ界のリーダー、選手、指導者、専門家らを迎え、様々な視点で“これまで”と“これから”を語る。第4回のゲストは世界中で会計監査やコンサルティングなどを手掛ける大手グローバル・プロフェッショナルファームEYの関連会社であるEY Japanの佐々木・ジャネルさん。女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて全3回で議論する。今回は中編。(取材・構成=長島 恭子)

井本直歩子さんとEY Japanの佐々木・ジャネルさんが女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて議論【写真:回里純子】

井本直歩子さんとEY Japanの佐々木・ジャネルさんが女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて議論【写真:回里純子】

連載第4回「競泳アトランタ五輪代表・井本直歩子×EY Japanの佐々木・ジャネル」中編

 競泳の元五輪代表選手で、引退後は国連児童基金(ユニセフ)の職員として発展途上国の平和構築・教育支援に従事し、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さんの「スポーツとジェンダー」をテーマとした「THE ANSWER」の対談連載。毎回、スポーツ界のリーダー、選手、指導者、専門家らを迎え、様々な視点で“これまで”と“これから”を語る。第4回のゲストは世界中で会計監査やコンサルティングなどを手掛ける大手グローバル・プロフェッショナルファームEYの関連会社であるEY Japanの佐々木・ジャネルさん。女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて全3回で議論する。今回は中編。(取材・構成=長島 恭子)

 ◇ ◇ ◇

井本「ジャネルさんは、長年、海外の女性アスリートのキャリア・トランジションやビジネス界への進出例を見てこられました。キャリア・トランジションに関し、アメリカなどの他国と日本の女性アスリートを比べると、一般的にどんな傾向があると思いますか」

佐々木「海外のアスリートは、とても早くからキャリアに対するマインドセットを持っていますよね。競技を続けながらも、進路についてや、引退後どんなことをしたいのかの考えを持っているアスリートが多いと思います。

 もちろん、日本にもそういったアスリートはいると思いますが、割合は少ない印象があります。ただ、若い世代は変わりつつあるのではないでしょうか? WABNアカデミー(※)の1期生10名のうち、現役選手は5名ですが、5人とも将来について非常によく考えていますよ」

 ※EYが創設した競技引退後の女性アスリートの、ビジネス界への挑戦やキャリア・トランジッションを支援するプログラム『女性アスリートビジネスネットワーク(Women Athletes Business Network=WABN)』の日本版。

井本「私は現役時代、留学先としてアメリカの大学を選ぶ際、いくつかの水泳が強い大学に見学に行ったんですが、スタンフォード大などの一流大学は、すでにアメリカ人のトップスイマーで枠が埋まっていました。驚いたのは、五輪のメダリストのようなトップの選手たちが、高校の学業成績で一流大学に行けるようなスコアを持っていたことです」

佐々木「その通りです。アメリカではかなり早い年齢から、キャリアに関する考え方が植え付けられていますし、ロールモデルもたくさんいる。アスリートたちはその傾向にどんどん追従しています。私は13年間、体操選手でしたが、アメリカで育ったので、当たり前にスポーツ以外のことも多く学びたかったため大学に進学することを決めていました」

井本「日本のアスリートは、競技第一で進学先を選択する人が多いかも知れませんね。アメリカなどでは競技も学業も両方追う選手が多い気がします」

佐々木「例えば、フィギュアスケーターで22年北京冬季五輪金メダリストのネイサン・チェン選手も、名門イェール大学の学生です。彼は『競技の他に考えることができ、リラックスできる。そのことは、競技にも好影響を及ぼしている』と語っています。

井本「彼は五輪前に大学を休学したようですね。それはスノーボードのクロエ・キム選手も同じ。名門プリンストン大を五輪前から休学しています。トレーニングとのバランスを取りながら、レベルが高く、卒業が難しい大学に敢えて挑戦していますよね。また、北京五輪で金2つ、銀1つを獲得したフリースキーヤーのアイリーン・グー(谷愛凌)選手も、9月からスタンフォード大に進学することが決まっています」

佐々木「そうですね。一流大学に行くことがすべてとは思いませんが、日本のアスリートは欧米のアスリートと比較すると、引退後のキャリアに関する野望のレベルが、随分と違っていると感じます」

EY Japanの佐々木・ジャネルさん【写真:回里純子】

EY Japanの佐々木・ジャネルさん【写真:回里純子】

日本人は「今の段階では、メンタリングで変えていくしかない」

井本「でもこの傾向を変えることは、かなり難しいですよね……。特に女性アスリートは、ジェンダーの価値観も影響しているのか、特に難しいと感じているんです」

佐々木「そうですね。私は今の段階では、メンタリングで変えていくしかないと思います。スポーツ界のロールモデルだけじゃなくてもいい。ビジネス界でのメンターやロールモデルを持ち、リーダーとして何かに挑戦することの素晴らしさを実感し、信じる。もちろん、そのインスピレーションは、WABNのネットワークだけでなく、周囲のいろんなリーダーたちから得られるものも大きいと思います」

井本「身の回りの人たちからの影響は大きいですよね。先輩たちの歩んでいる道から、将来の自分の方向性を考えたりすることが多いですから。女性アスリートのセカンド・キャリア形成のために、まずは今の若い女性アスリートのキャリア・トランジションを支えること、そして、彼女たちが今後次世代のためのロールモデルになれるように支援することは、本当に大切な一歩ですよね」

佐々木「その通り。一晩ですべての問題を解決することはできませんから、ベビー・ステップですよね。新しいチャレンジをしたいアスリートたちの支援から始めるしかありません」

井本「WABNアカデミーは、女性アスリートが競技引退後に、起業を含むビジネス分野への挑戦やキャリア転換のサポートを行うことを目的としています。ただ私は今の状況から、日本で女性アスリートが起業家になることを想像するのが難しくて。感じています。すみません、悲観的で」

佐々木「EYでは、グローバルのWABN参加者に対して調査を行っていますが、2018年は参加者のうち、20%が起業に興味を持っていました。それが今年は、グループのうち65%が興味を持っています。

 私は日本も、その流れに続くと思っています。今年のアカデミー参加者も、10人中2人は起業に興味を持っています。私は、起業家精神はもっともっと、一般化されてくると思っています」

井本「さすが、選ばれた10名だけありますね。頼もしい。でも『起業』と言われても、なかなかイメージしにくいのではないかと思うんです。起業ではなくて、ビジネスでの成功で良いのでは? 私が数年前に初めてこのプログラムについて聞いた時、大きな組織にいるのが心地よかった当時の私は、正直その言葉を敬遠してしまいました」

佐々木「そうですね。起業と言うより、“ビジネス界での成功”と言い換えた方がわかりやすいかも知れませんね。『起業家精神』という定義も重要です。私たちEYにとって『起業家精神』と言うのは、私たち全員の中にあると思っているんです。私は一企業で働いていますが、私は自分を起業家だと思っています。たとえば、私はこのWABNプログラムをスタートさせました。これは起業家精神に繋がるものです。井本さんは、一般社団法人を立ち上げましたよね。これも起業家精神です」

井本「そうか、『起業家精神』とはそういうことなんですね。私は多分、起業家という言葉自体、ビジネスのことだと思い込んでいて。ビジネスにあまり興味がない私にとっては、関係のないことだと思っていました」

佐々木「キャリアと一言でいっても、彼女たちが目指すキャリアにはたくさんの道があります。ビジネスリーダーや起業家として成功できれば素晴らしいですが、スポーツ団体の経営に入りたい人もいますし、井本さんみたいに国際機関で働いたり、NPOを運営する人もいる。それも一つの道です。

 その中で、事業をマネタイズ(収益化)するんです。社会貢献活動をするのにも、収益は必ず必要になるでしょう。ここにも『起業家精神』が必要です」

競泳の元五輪代表選手で、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さん【写真:回里純子】

競泳の元五輪代表選手で、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さん【写真:回里純子】

ビジネスに生かせるアスリートの5つの特徴とは

井本「なるほど。起業家精神と言うのは、何をするにも大切だということですね」

佐々木「そうです。さらに、『起業家精神』というのは、財政面のことだけではないんです。アスリートが競技を通して学んできたことをビジネスに転換させるときに、私たちは5つの特徴を大事にしています。その5つというのは『自信』『ひたむきさ』『情熱と熱意』『リーダーシップ』『立ち直る力(レジリエンス)』。

 これらはアスリートとして当たり前のように身についていたことで、これをいかにビジネスに転換できるかが重要となります。WABNではワークショップやメンタリングを通して、それを促すことに注力しています」

井本 「なるほど。アスリートたちがその5つの特徴の中で、自分たちのキャリアの転換期に、強みや弱点に気づき、ビジネスでも役立てられる強さに転換させる。スポーツでの経験とビジネスを結ぶための橋渡しをしているということですね」

(後編へ続く)

■佐々木・ジャネル

 米カリフォルニア州出身。EY Japanのピープル・アドバイザリー・サービスのコンサルタントとして、グローバル企業にブランディング・人事ソリューションを提供。ダイバーシティ、エクイティ&インクルーシブネス(DE&I)、グローバル人材管理、働き方改革に重点的に取り組む。女性アスリートのビジネス分野への挑戦やキャリア・トランジションのサポートを行う、EYのグローバルが創設したプログラム、WABN(Women Athletes Business Network)のリーダー及び、日本プログラムのディレクターを務め、女性アスリートと女性起業家を積極的に支援。自身も体操競技を13年間以上続けた。

■井本 直歩子

 東京都出身。3歳から水泳を始める。近大附中2年時、1990年北京アジア大会に最年少で出場し、50m自由形で銅メダルを獲得。1994年広島アジア大会では同種目で優勝する。1996年、アトランタ五輪4×200mリレーで4位入賞。2000年シドニー五輪代表選考会で落選し、現役引退。スポーツライター、参議院議員の秘書を務めた後、国際協力機構(JICA)を経て、2007年から国連児童基金(ユニセフ)職員となる。JICAではシエラレオネ、ルワンダなどで平和構築支援に、ユニセフではスリランカ、ハイチ、フィリピン、マリ、ギリシャで教育支援に従事。2021年1月、ユニセフを休職して帰国。3月、東京2020組織委員会ジェンダー平等推進チームアドバイザーに就任。6月、社団法人「SDGs in Sports」を立ち上げ、アスリートやスポーツ関係者の勉強会を実施している。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ジャンルで探す