15歳で金メダル獲得したザギトワ、4年経過で明かす心境「スケートを見るのは未だ辛い」

北京五輪の開幕まで約1か月。前回の平昌五輪で、フィギュアスケート女子シングルの金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が、五輪公式サイトの独占インタビューで現在の心境を語っている。「正直に言って、フィギュアスケートを見るのは未だ辛い」などと話し、まだ諦めきれない様子も伺わせている。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

18年平昌で金メダル獲得、解説と競技者は「違うもの」

 北京五輪の開幕まで約1か月。前回の平昌五輪で、フィギュアスケート女子シングルの金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が、五輪公式サイトの独占インタビューで現在の心境を語っている。「正直に言って、フィギュアスケートを見るのは未だ辛い」などと話し、まだ諦めきれない様子も伺わせている。

 2018年の平昌五輪では合計239.57点で金メダルを獲得。15歳9か月での戴冠により、瞬く間に注目を浴びる存在となった。ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」も達成。しかし、不調が続いていた2019年12月に競技会への参加を休止することを明らかにしていた。

 栄冠からまもなく4年。五輪公式サイトは「アリーナ・ザギトワ独占:2018年平昌五輪の金とその後の人生を振り返る」との見出しで記事を掲載している。

 現在は解説、レポーターなども務めているザギトワ。「解説とスケートはどちらが難しいですか」と問われ「違うものですね。ジャーナリストとして、その瞬間に関わるのは難しい。スケートではアスリートとして準備しトレーニングします」と全く別物であると語っている。

「私もまだ演技できる」の思いも…競技を見ると「強い高揚感がある」

 解説と競技者との具体的な違いについては「もちろん滑るときは緊張しますが、訓練したものを体が表現している。でもマイクをもって座っている時は全てが予測不可能。反応しなければいけません」とザギトワは表現している。

 また「正直に言って、フィギュアスケートを見るのは未だ辛い。『私もまだ演技できる』と思うし、ハッとした時に同じ感覚が魂に残っている。まるで自分が氷上にいるかのような強い高揚感があるんです。全てを見るのはまだ辛いです」と、正直な思いも吐露している。

 質問者に「まだ諦めきれていない?」と聞かれ「まだですね」とも答えているザギトワ。今年5月に20歳となる五輪女王だが、今後はどんなキャリアを歩んでいくのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す