橋本大輝が鉄棒銀 内村航平6位で直接対決に勝利、世界体操の新旧王者激突に拍手喝采

体操の世界選手権は24日、福岡・北九州市立総合体育館で最終日の種目別決勝が行われ、東京五輪個人総合&鉄棒2冠の橋本大輝(順大)が男子鉄棒15.066点で銀メダルを獲得した。五輪と世界選手権を8連覇した内村航平(ジョイカル)と初の直接対決。内村は14.600点で6位だった。金メダルは15.166点の胡旭威(中国)に譲ったが、20歳の五輪王者が32歳の大先輩との新旧王者対決を制し、会場は大きな拍手に包まれた。

世界体操・男子鉄棒で銀メダルを獲得した橋本大輝【写真:アフロスポーツ】

世界体操・男子鉄棒で銀メダルを獲得した橋本大輝【写真:アフロスポーツ】

世界体操最終日、内村航平VS橋本大輝の新旧王者対決が実現

 体操の世界選手権は24日、福岡・北九州市立総合体育館で最終日の種目別決勝が行われ、東京五輪個人総合&鉄棒2冠の橋本大輝(順大)が男子鉄棒15.066点で銀メダルを獲得した。五輪と世界選手権を8連覇した内村航平(ジョイカル)と初の直接対決。内村は14.600点で6位だった。金メダルは15.166点の胡旭威(中国)に譲ったが、20歳の五輪王者が32歳の大先輩との新旧王者対決を制し、会場は大きな拍手に包まれた。

 橋本が強さを見せた。内村の直後となった5人目で登場すると、高難度の技を披露。カッシーナ、コールマンの離れ技を決めた。着地はわずかに一歩後ろにずれてしまったが、拍手にガッツポーズで応えた。

 橋本の前に演技した内村は、H難度の離れ技「ブレトシュナイダー」で少し肘が曲がったものの、バーを確実に掴んだ。カッシーナ、コールマンと離れ技を次々と披露。着地は内村らしく微動だにせず、完璧に決めた。会場はスタンディングオベーションで大歓声。生きるレジェンドは噛み締めるように両拳を握り、右腕を突き上げて応えた。

 20日の予選では、内村が五輪で落下した捻り技を抜いて5位通過。橋本は首位通過し、憧れでもある大先輩との初対決を心待ちにしていた。

 橋本は19歳で臨んだ東京五輪では、史上最年少で個人総合金メダリストになり、鉄棒も制した。8月7日に20歳の誕生日を迎え、今大会は個人総合で銀メダル。故障などを理由に23日の床運動と鞍馬の決勝は棄権していた。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す