なぜ7人制ラグビーは東京五輪で惨敗したのか キーマン2人の言葉から紐解く本当の敗因

東京2020でのメダル獲りに挑んだ7人制ラグビー日本代表は、男子が参加12チーム中11位、女子が同最下位という結果に終わった。とりわけ男子は、前回リオデジャネイロ五輪で4位という好成績を残したが、母国での期待に応えられなかった。8月11日には大会を総括する会見が行われ、退任が決まった男子の岩渕健輔、女子のハレ・マキリ両ヘッドコーチ(HC)と強化責任者の本城和彦・男女7人制ナショナルチームディレクターが東京での挑戦を振り返った。チームの戦いぶり、パフォーマンスについては7月29、8月2日の本コラムでも書いた通りだが、3年後のパリでの雪辱のために、会見から読み取れるラグビー協会とチーム首脳陣の5年間の挑戦と挫折を、前後編2回に分けて検証する。(文=吉田宏)

試合前に円陣を組む7人制ラグビー男子日本代表【写真:Getty Images】

試合前に円陣を組む7人制ラグビー男子日本代表【写真:Getty Images】

男子は12チーム中11位、ベテラン吉田宏記者が前後編で検証

 東京2020でのメダル獲りに挑んだ7人制ラグビー日本代表は、男子が参加12チーム中11位、女子が同最下位という結果に終わった。とりわけ男子は、前回リオデジャネイロ五輪で4位という好成績を残したが、母国での期待に応えられなかった。8月11日には大会を総括する会見が行われ、退任が決まった男子の岩渕健輔、女子のハレ・マキリ両ヘッドコーチ(HC)と強化責任者の本城和彦・男女7人制ナショナルチームディレクターが東京での挑戦を振り返った。チームの戦いぶり、パフォーマンスについては7月29、8月2日の本コラムでも書いた通りだが、3年後のパリでの雪辱のために、会見から読み取れるラグビー協会とチーム首脳陣の5年間の挑戦と挫折を、前後編2回に分けて検証する。(文=吉田宏

 ◇ ◇ ◇

 選手たちの奮闘を結果に繋げることは出来なかった。5年前に掴みかけたメダルだったが、東京ではあまりに遠い位置で輝いていた。リオ五輪へ向けても男女7人制総監督として強化に携わり、2018年からチームの指揮を執ってきた岩渕HCは、オンラインで行われた総括会見で東京での挑戦を、こう総括した。

「前向きな結果が残せず本当に申し訳なく思っております。ナイーブさ、繊細さがゲームの中で出てくる時に、チームをどうやって立て直せるかが大きな鍵でした。特に1戦目、2戦目にいい形でパフォーマンスが出来なかった。国際大会が出来ない状況になってからの1年半の強化という意味では、活動することを優先しながら進めてきた。男子の実力を考えると、保守的な戦い方、強化の仕方では力が出せない状況なのは過去の力関係からもはっきりしていた。そこで思い切った強化戦略を私自身がHCとして出すことが出来なかったのが、自分自身の反省、責任として強く感じています」

 新型コロナウイルス感染が続く中での開幕までの1年半に、思い切った強化ができなかったこと、五輪本番では勝負を賭けたフィジー、英国との最初の2試合を勝てなかったチームの脆さを敗因に挙げている。HCと同時に日本協会専務理事を兼務している立場上、チームの活動で陽性者を出さないことに細心の注意を払ってきた一方で、強化をマックスまで引き上げられず、実戦では采配面の消極さがあったのは悔やまれる。

 ちなみに、同HCが語った「1年半」というのは、東京五輪の1年延期が決まり、同時に7人制の国際大会(ワールドシリーズ)が中断された20年3月からの時間だ。確かに延期決定から残された時間で、チーム強化が加速できなかったマイナス要因はあるだろう。パンデミックの中での強化の難しさは、メダルを獲得した女子バスケットボールなども含めて、どの競技でもあったはずだ。ラグビーの場合は、世界を転戦するワールドシリーズが中断されたことで、高いレベルの実戦で経験値を上げようという日本代表の思惑が大きく狂ったのは間違いない。

 だが、一般論では受け入れ易いこの「1年半」の停滞も、考え方を変えてみると本当に決定的な敗因だったのかという疑問も浮かんでくる。東京五輪への強化のカレンダーは、リオ五輪後をスタートラインに、2020年7月の東京大会キックオフを目指して進められてきた。1年の延期が決まったのは、東京五輪開幕のわずか4か月前のことだ。つまり、7人制代表は16年からの強化期間の大半を、20年7月をゴールラインとして取り組んできたのだ。岩渕HCは東京五輪までの1年半の強化を悔やんでいるが、まずチームの強化状態を評価、判断するべきタイミングは20年7月だろう。

前回4位だった指揮官の交代をどう考える?

 1年の延期は参加した全チームが同じようにあてがわれた時間でもある。もちろん岩渕HCには、海外遠征が難しかった日本が、他国よりも十分な強化ができなかったという思いがあったのは理解できる。だが、様々な障壁の下で強化を続けてきた事実は、どのチームも変わらない。この1年ないし1年半の取り組みだけが、五輪での勝敗を分けたと考えるのは乱暴すぎる。しっかりと、本来計画されていた20年7月までに、どのような強化が達成出来たのか、或いは出来なかったのかを代表首脳陣、そして協会はしっかりと検証した上で、延期により生じたエキストラタイムの強化がチームにどのような影響を及ぼしたのかを論じるべきだろう。

 今回の会見では、リオ五輪後から長らく個人的に感じていた疑問を本城ディレクター、岩渕HCに直接ぶつけてみた。

「リオで4位になったコーチを解任したのは、間違っていなかったのか」

 リオ大会後の人事に関しても、詳細は過去のコラムでも触れているので参照していただきたいが、前回大会で日本代表を4位に導いた瀬川智広HC(現摂南大ラグビー部監督)を解任した理由は、東京でメダルを獲れるチームを作れるコーチを求めたからだ。つまり、瀬川氏の指導力ではメダルを獲るには不十分という評価を下して、世界4位の指導者を解任して、結果的に岩渕HCがタクトを握ったことになる。

 この質問に対して2人の回答は、以下のようなものだった。

 本城氏「それは、わからないですね。今回こういう結果だったのは事実ですけど、リオと同じ体制で今回臨んでいないので、正直わからないです」

 岩渕HC「それは仮定の話なので、どうなっていたかは当然わからないですし、続けたほうが良かった、続けないほうが良かったというのは、例えば過去に15人制代表でもいろいろな議論が起こりました。それ自体は、なかなかどっちのほうが良かったかは答えることはできないと思います。ただ、結果的に今回のこうなってしまったことに関しては、自分がクリティカル(重要)なところでチャレンジできなかったことに大きな責任を感じています」

 正直な気持ちとしては、「間違っていなかった」という確信に満ちた言葉と、その論拠を聞きたかった。それはひとえに、この2人が、世界4位を果たし、続投の意志もあった指導者を敢えて外した張本人だからだ。参加12か国中11位、1勝4敗という成績では、なかなか強気な主張はしづらかっただろうが、5年前の人事が果たしてどこまで正当性のある決断だったのか、あるいは過ちだったのかを判断するには物足りない回答だった。

 結果がどうなるか何も保障されていないのがスポーツの常である一方で、チームが達成できたもの、出来なかった事、なぜ出来なかったのかを、しっかりと合理的に検証することは不可欠だ。代表チームを運営するラグビー協会としては、勝った負けただけではなく、協会およびチームが立てた強化方針がどこまで正当性のあるものだったかを振り返ることは、次代の日本代表強化のためには避けては通れない重要な意味を持つはずだ。

 15人制ラグビーに比べると遥かに番狂わせが多いのが7人制の面白さであるのは間違いない。東京五輪にリオ当時の体制で臨んだとして、4位以上の結果になった保証は何もない。その一方で、今回の11位という成績が、予想外の相手に敗れたなどという不運からもたらされた結果なのかと考えれば、そうではないだろう。

リオ五輪以上の強化はできたのか

 チームの評価は、第一に大会の結果でシンプルに評価するべきで、今回の成績を見れば語らずも明らかだ。この結果については、個々に受け止め方は違うかも知れない。重要なのは、望んだ結果に到達出来なかった要因を洗い出し、3年後に迫る次回五輪へどう生かせるかだ。それが出来るのは、代表チームであり日本ラグビー協会だけだ。

 冒頭のコメントでも判るように、岩渕HCはコロナ禍の中で思い切った強化、五輪本番でも思い切った戦術を打ち出せなかった自らの責任を認めている。同時にチームの実力を「東京オリンピック前のタイミングで、シードは11番目だったので、そのくらいだろうと分かっていた」とも語っている。6大会で中止(日本は5大会に参戦)となった2020年のワールドシリーズは年間合計10ポイントで16番目、フルスペックで行われた19年は総合15位(27ポイント)だった。

 一方、リオ五輪直前の16年シーズンも15位(21ポイント)と、世界での位置づけは大差はない。日本の場合は、実績としては常に下位にいながら、五輪の一発勝負では対戦相手の徹底した分析などで上位入りを狙っているのが常なのだ。16年には世界15位というポジションから4位に食い込んだが、今回は期待通りにはチームを引き上げることが出来なかったのが揺るぎない現実だ。

 では、東京五輪までの4年ないし5年という強化の中で、チームはリオ当時からどう進化してきたのかを考えてみたい。再び岩渕HCの説明だ。

「リオから前向きな数字が出ています。2020年3月までのワールドシリーズであれば、前の4年間よりも、勝敗数についてはいい結果がでていると思います。そういう意味では、前に進む成果を挙げられていたと思います」

 このコメントだけ見れば、チームがリオ五輪までの強化以上に成長していると受け止めることができるが、加えてこうも語っている。

「地力をつけるまでいってないと思う。あくまでも結果として、戦績として良くなった、以前は勝てなかった相手に勝てるようになった、あるいは勝ったことがある、という意味では過去よりもよくなった」

 なかなか難しい言い回しだが、2つの発言をまとめると、東京五輪までの5年間でリオに挑んだチームを上回る成績もあったが、それは一時的な振り幅として残せたものだという解釈でいいのだろう。しかも「いい結果」といっても、下記のようなワールドシリーズにおける2人のHC就任後の年度ごとの成績を見比べると、「上回れた」と評価するべきかは個々の意見が分かれるところだろう。

【瀬川】左から(年・順位・勝点)
2013 19 2
2014 16 9
2015 15 21
2016 15 21
(通算16勝5分76敗 勝率17.4%)

【岩渕】
2019 15 27
2020 16※ 10
※コロナ感染の影響で6大会で打ち切り
(通算13勝3分61敗 勝率17.6%)

 視点を変えて、選手やチームの質の面での進化を首脳陣はどう受け止めているのだろうか。同HCに聞くと「選手のクオリティーが確実に上がってきたと思う。リオのときのクオリティーが低いというのではなく、(地元開催の)東京大会ということがあって、リオを経験した選手がいて、オリンピックを1度経験した後、あるいは経験できなかった選手が一緒になって強化を前に進めて、要はオリンピックとしての貯金を初めて日本は得ることになった。それを強化の中で選手もスタッフも生かすことができたのは、非常に大きな前向きなところだったと思う」と語っている。前回五輪で世界4位まで戦ったことは、得難いほどの経験という遺産をチームに残したのは間違いない。

 だが、「ポスト・リオ」のチームとして、何に拘り、何を進化させてチームのクオリティーを上げてきたのかを、明快に聞くことは出来なかった。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ジャンルで探す