わずか1勝、12か国中11位 金メダルを狙った7人制ラグビー日本が惨敗に終わった理由

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。ラグビーライター・吉田宏氏は7人制日本代表のコラムを展開。日本勢の躍進が続く今大会でメダル獲りを目指した男子日本代表だったが、最終成績は韓国から唯一の勝利を遂げての12チーム中11位。前回リオデジャネイロ大会4位と、メダルまであと1勝と迫ったチームは、なぜ勝てなかったのか。新型コロナウイルスのパンデミックによる強化の停滞や、進化を続ける7人制ラグビーのいまを踏まえながら、セブンズジャパン5年間の挑戦と、2023年への課題を検証する。(文=吉田宏)

試合中、円陣を組むラグビー日本代表【写真:Getty Images】

試合中、円陣を組むラグビー日本代表【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#35

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。ラグビーライター・吉田宏氏は7人制日本代表のコラムを展開。日本勢の躍進が続く今大会でメダル獲りを目指した男子日本代表だったが、最終成績は韓国から唯一の勝利を遂げての12チーム中11位。前回リオデジャネイロ大会4位と、メダルまであと1勝と迫ったチームは、なぜ勝てなかったのか。新型コロナウイルスのパンデミックによる強化の停滞や、進化を続ける7人制ラグビーのいまを踏まえながら、セブンズジャパン5年間の挑戦と、2023年への課題を検証する。(文=吉田宏

 ◇ ◇ ◇

 メダル獲りを目標に掲げた5年間の戦いが終わった。番狂わせが多く、1つのミスで戦況が大きく変わる7人制だが、1次リーグに相当するプール戦で3戦全敗、最終成績も韓国からの1勝のみという結果を見れば、完敗といっていい内容。前回4位のチームは、爪痕すら残せずに母国での祭典を終えた。

 試合直後に岩渕健輔ヘッドコーチ(HC)は、今大会までの挑戦をこう振り返っている。

「世界中の全ての方々が大変な状況の中で、選手たちがグラウンドに立てる機会をいただいたことを、心から感謝します。選手たちは初戦に向けてベストな準備をしてくれていました。その初戦でチームを勝利に導けなかったことに強い責任を感じております」

 今大会で連覇を遂げたフィジーに挑んだ第1戦は、金星を掴むには最高の条件が整っていた。プール戦最強の相手ではあったが、日本での実戦経験がほとんどなく、初日朝9時のキックオフに、個人技が持ち味のフィジーは万全とは程遠い状態で臨んできた。汗のためかハンドリングミスも多く、攻守の集散も鈍い。想定どおりの不安定なスタートを切ったが、残念なことに日本も決して万全とは言えないパフォーマンスだった。

 フィジーの試合開始のキックオフボールを確保できず、ファンブルボールをそのままトライに結び付けられた。岩渕HCも「一番のポイントにキックオフを挙げていたが、フィジー戦を含めてキックオフで後手に回って、最後まで立て直せなかった」と悔やんだが、先制トライで優勝候補を浮足立たせたいというシナリオは開始直後に崩壊した。

 100%の準備を整えて、100以上のパフォーマンスでニュージーランドを倒したリオ五輪の開幕戦とは異なるスタート。しかし、優勝候補を相手に19-24の惜敗は、“プランB”としては悪くないシナリオだったはずだ。強豪相手に十分戦えるという感触は、選手の中にはあっただろうが、その勢いを2戦目以降にパフォーマンスとして発揮することはできなかった。続く英国戦での0-34の大敗を、松井千士主将は「(フィジー戦で)逆に自分たちが過信してしまったところがあったかも知れない」と語っている。この敗戦には、一貫性のある戦いができない日本代表の脆弱性もあっただろうが、対戦相手の日本対策も大きく影響していた。

 リオでも2試合目に対戦して19-21と渡り合った英国だったが、日本代表の弱みをしっかりと頭の中にインプットしていた。フィジー同様に、英国も自分たちのキックオフボールを確保しての連続攻撃で、ボールを右、左と大きく動かしてのノーホイッスルトライをマーク。グラウンドの横幅を広く使うことで、日本のライン防御を押し広げ、薄くしたところで突破を狙ってきた。1対1の状況を作り出せば、ステップ、オフロードパス、そして詰まればパワー勝負と、日本防御を破るのが容易いことは熟知していた。

 日本代表が掲げた「ビー(蜂)・ラグビー」というスタイルも、十分には機能していなかった。小さな働きバチが、運動量を生かして大きな相手にまとわりつく、数でサイズやパワーに対抗するスタイルをイメージしたが、フィジー戦の最後に奪われたトライは、中央でのPKから速攻を仕掛けた相手に、素早く反応できずにそのままインゴールを陥れられている。英国戦の後半最初に許したトライも、同様に相手の速攻に防御ラインを十分に形成でないまま奪われた。攻めても、運動量や組織力で相手防御を崩して獲ったトライよりも、松井のスピードなど個人技が目立った。運動量でパワーを補い、攻守にかける人数を増やす戦い方は、十分には機能していなかった印象だ。

十分に機能しなかった日本の戦い方

 今回の五輪での各国の戦い方を見ると、7人制の現在の潮流が明らかになる。過去には、ボールを後方に下げながらでも大きくパスを回して、相手防御のギャップを探し、同時にステップや個人技で崩していくのが7人制特有の戦い方だった。ボールを持った選手が、時には足を止めて間合いを測るなど、敵の陣形を見定めながらチェンジオブペースを駆使して防御を崩すのも妙味だった。だが、五輪種目入り、国際サーキットの創設などの影響で各国が本格的な強化を進める中で、戦術性を高め、防御システムも進化させてきた。7人制も、よりフィジカルで、15人制のスタイルに近づいてきているのだ。

 五輪の試合の中で印象的だったのは、フィジーが相手反則で得たPKからタッチキックを選んでいたことだ。フィジーは、俊敏さとセオリーに囚われない変幻自在なステップ、パスで世界中のファンを魅了してきた。10年前のこのチームなら、PKを得れば、どこからでも速攻を仕掛けていただろう。もちろん日本戦も含めて、敵陣でのPKでは速攻からトライを狙ってきたが、自陣では陣地を進めるためのキックを使う場面を何度も見た。

 15人制に比べるとスクラムなどのセットプレー、激しい肉弾戦を減らして、常にボールを動かし続けるのが特徴だった。だが、今は“セブンズ王国”ですらセットプレーからの攻撃を組み立て、ブレークダウンの攻防でも激しい肉弾戦を繰り広げている。相手を抜き去るのが大きな特徴だった7人制は、システムの進化で、アドリブだけでは防御を崩すのが難しい時代を迎えている。そのため、セットプレーを起点としたサインプレーや、接点でのパワー勝負を重視する競技に変貌を続けている。

 この傾向は、日本代表も変わらない。「ビー・ラグビー」に象徴される運動量、スピードをベースとした戦い方を目指す一方で、トライを獲るための起点として、セットプレー、ブレークダウンでのコンタクト強化にも取り組んできた。6月に発表された五輪メンバーでサプライズだったのは、坂井克行小澤大といった、ここまで日本代表を牽引してきた多くのベテラン選手が選ばれなかったことだ。リオ五輪経験者は12人中わずか4人と少ない中での判断。替わりに、海外出身選手は3人から半数に近い5人に増えている。この海外勢に求められるのが、高い経験値と同時に、接点での攻防やセットプレーで重要なフィジカルの強さだ。

 だが、五輪本番では、ちぐはぐさを露呈した印象が強い。完敗した英国戦を見ても、日本選手は、防御で相手の力任せのパワー勝負に苦しめられた。1対1のコンタクトでは、力負けする場面が多かったのだ。日本の海外出身選手が防御に入る時は、相手は無理せずラックに持ち込みボールをキープ。次のフェーズで日本選手が突破されるシーンも多かった。

 日本代表の場合、ピッチに立つ7人の選手の国内外出身の割合は3、4人ずつ。日本らしい機動力を重視したスタイルを目指しながら、フィジカル面の強度アップで海外勢に頼らざるを得ないため、このような編成になるのは止むを得ない。しかし、日本代表がどのようなラグビースタイルで世界のトップ3に食い込もうとするのかという観点から見ると、スピードや運動量で相手を完全に上回れず、パワーでも互角以上には戦えていない。チームの目指す戦い方を、明確に打ち出すことが出来なかったという印象だ。

 選手のコメントからは、マインド面での弱さも読み取ることができた。決勝トーナメント進出の可能性を断たれたカナダ戦後、松井主将は精彩を欠いたチームの精神状態を、こう語っている。

「(カナダ戦前の英国戦で)フィジカルの部分で圧倒されてしまった。完封負けを喫して、気持ちが切れてしまった」

 英国に完敗しての開幕2連敗で、5年という歳月をかけて目指してきたメダル獲りが、現実的には相当厳しいと突き付けられたのは間違いない。落胆は大きかった。カナダ戦には、わずかな可能性を残しながら「気持ちが切れて」しまっていたという。しかし、対戦相手は対照的だった。日本と同じように開幕から2戦2敗、フィジーと競り合い、英国に大敗という戦いぶりまで同じだった。だがカナダは、決勝トーナメント進出を諦めてなかった。日本かカナダがトーナメントに進むためには、直接対決を勝ってプール戦3位となり、なおかつ全プールの3位の中で得失点差などで上位2チームに入ることが条件だった。そのために、カナダは日本戦キックオフから大量得点を目指して、リスク覚悟で積極的に攻め続けた。終わってみれば、日本にとってはプール3試合の中でワースト失点だった12-36での完敗。そして、カナダは形成不利を跳ね返して、決勝トーナメント進出を果たしている。

11位という結果を真摯に受け止める必要がある

 結果として、日本は韓国との最終戦で唯一の勝利を遂げて11位で開催国での五輪を終えた。前回大会の4位という成績から考えると、ファンの落胆はあるだろう。しかし、参加12か国の五輪までの実績をベースに考えると、日本の“立ち位置”が変わってくる。7人制代表には、15人制のような世界ランキングはない。替わりの物差しになるのが、ワールドラグビー・セブンズシリーズの年間成績だ。世界各国を転戦して、各大会ごとに得たポイントの合計で年間順位を争っている。昨年のシリーズはパンデミックの影響で6大会で中断となったが、暫定では1位がニュージーランド、2位は南アリカ、3位がフィジーで日本は16位だった。この成績を踏まえると、日本の11位は低いとはいえない順位になる。

 多くの国際大会が中止となった最近1年の強化をみても、日本の場合は感染対策として、国内で代表候補に限定された合宿を続けてきた。本格的な国際大会の参戦は、4月にUAE(アラブ首長国連邦)のドバイで2週に渡り開催されトーナメントのみ。国内合宿で、コロナ禍の中でも日本に在住し続けた留学生、外国人選手らを相手に実戦を行うなどの工夫はしてきたが、五輪クラスの強豪との真剣勝負がほとんど出来ないまま本番を迎えたというのが実情。世界16位のチームが3位近くまで実力を積み上げるような環境は作ることは出来なかった。

 毎月のように続いた強化合宿でのリモート取材では、このような強化が難しい状況について不満を述べる選手は1人もいなかった。全員が、限られた条件の中ででも、代表合宿ができることに感謝し、関係者、ファンの期待に応えようと、メダル獲りを目指して自分の人生を犠牲にして打ち込んできた。ここまで書いてきたように、本番では明らかに力不足を感じさせるプレーもあったが、11位という順位を今の実力と受け止めて、3年後に迫るパリ五輪へと走り出すしかない。

 その一方で、協会による7人制強化戦略は、しっかりと5年間の取り組みを分析、評価をして、次の強化に繋げていく宿題を残している。これまでも、このコラムで指摘してきたが、5年前のリオ五輪で世界4位という日本ラグビー最高の高みに立った7人制日本代表だが、その殊勲を果たした瀬川智広ヘッドコーチ(HC)を解任したことが本当に正しい判断だったのか。ここから検証をするべきだろう。

 当時の強化責任者だったのは、現在7人制のナショナルチームディレクターを務める本城和彦氏と、東京五輪で指揮を執った岩渕健輔HCだ。説明では、瀬川HCの4位という結果を評価しながらも、日本が目指すのはメダル獲得であり、指導者に求めるのはチームを4位ではなく3位以上に鍛える手腕だということだった。つまり、3位以上に入るには瀬川HC以上の指導力のあるコーチが必要だということだが、終わってみれば11位という結果を、指導者としては、どう評価し、説明するのだろうか。

 確かに前回4位のチームであっても、次に同等か、それ以上の成績を残せる保証は何もない。だが、リオ五輪へ向けても、チーム以外の誰もが4位になると期待していなかった中で、瀬川HCと選手は目指したメダルに1勝と迫る結果を残した。東京五輪へは、5年という時間をかけて、瀬川HC時代以上の強化の環境を整え、指導者を精査、吟味して、選手を強化してきたはずだ。そのチームが11位という結果に終わった原因は何かを洗い出し、2023年へ向けた強化に反映させていかなければ、リオの4位も、この5年間の道程も、意味のないものになり兼ねない。

 グラウンドでの強化を再開する前に、先ず着手するべきなのは、パリへ向けた指導体制選考の出来る限りの透明化と公正さの確立だろう。どのような経緯、評価で、指導陣を選考、任命していくのかを明示して、第3者も交えた客観性を持った議論、評価が求められる。パンデミックの影響で、次回五輪までに残された時間はわずか3年だ。11位という結果を踏まえれば、さらに時間との戦いは深刻だ。新チームを出来る限り早くスタートダッシュさせるためにも、この5年の検証に基づいた新たな強化体制の確立が急務になる。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ジャンルで探す