マロニー弟の無効試合 相手陣営も第3戦を希望「彼がアンハッピーなのは理解している」

ボクシングで無効試合判定に泣いた前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)。来春に王者ジョシュア・フランコ(米国)へ再挑戦する可能性が海外メディアに報じられていたが、フランコ陣営も「俺たちも同じ気持ちだ。これは俺たちが求めていた結末ではない」と再戦を希望しているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

アンドリュー・マロニー(左)とジョシュア・フランコの試合は無効試合となっていた【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

アンドリュー・マロニー(左)とジョシュア・フランコの試合は無効試合となっていた【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

マロニー弟と対戦したフランコのトレーナーが第3戦を希望

 ボクシングで無効試合判定に泣いた前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)。来春に王者ジョシュア・フランコ(米国)へ再挑戦する可能性が海外メディアに報じられていたが、フランコ陣営も「俺たちも同じ気持ちだ。これは俺たちが求めていた結末ではない」と再戦を希望しているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

 同メディアは「フランコのトレーナー、ロベルト・ガルシアはアンハッピー『俺たちはマロニーと第3戦を行う』」との見出しで記事を掲載。現地時間18日にガルシア氏がポッドキャスト番組「PBCポッドキャスト」で語った内容を報じている。

 井上尚弥(大橋)に敗れたジェイソンの双子の弟アンドリュー。フランコは6月にアンドリューから王座を奪取し、今月14日(日本時間15日)にダイレクトリマッチに臨んだ。初回、フランコは右目付近を負傷。顔がラウンド途中から腫れあがった。アンドリューが手数を増やす中、3回途中にドクターチェックで2度目の中断。続行できないと判断されて試合終了となった。

 有効打ならアンドリューの勝利だったが、20分を超えるビデオ判定で偶然のバッティングと判断された。無効試合で王座奪還はならず、試合後のアンドリューは涙をためながら左ジャブによる有効打だと訴えた。海外識者やメディアから様々な意見が飛び交っていたが、ガルシア氏はこう語っているという。

「俺たちは第3戦を行う。アンドリューと彼のチームがアンハッピーであることを理解しているし、俺たちも同じ気持ちだ。俺たちは王者だが、これは俺たちが求めていた結末ではない」

14日の試合では苦戦も「最終的にはフランコが勝つと確信していた」

 両者の第3戦については、米興行大手・トップランク社CEOのボブ・アラム氏がオーストラリア開催を目指す意向を示していると海外メディアに報じられている。はっきりとした形で決着をつけたいと考えている様子のガルシア氏は「フランコも良い気分ではないんだ。俺たちもそうなんだ」と話したという。

 14日の試合で、フランコはアンドリューに苦戦した。それでもガルシア氏は、試合を続ければフランコが勝利していたと考えているようだ。

「初回と2回は苦しんでいたが、フランコは用心深いし、相手をよく見ていたからだ。最初はアンドリューが良かったかもしれないが、我々のプランはアンドリューを時間をかけて苦しめるということだった。最終的にはフランコが勝つだろうと100%確信していたよ」

 アンドリュー陣営は試合を管轄したネバダ州アスレチックコミッションに抗議を申し入れる予定とされていた。「アンドリューも、彼のファンも、チームも、トップランクもハッピーではない。だから第3戦を行う。そのことになんの疑いもない」と強調したガルシア氏。果たして再戦は実現するのだろうか。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す