井上尚弥、日本代表8強立役者らと 超豪華“異業種4ショット”実現「刺激し合って」

ボクシングの元2階級制覇王者・粟生隆寛(帝拳)がインスタグラムを更新。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)を制したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)、ラグビー日本代表・松島幸太朗らとの異種交流4ショットを公開している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上&松島&富樫は93年生まれの同い年

 ボクシングの元2階級制覇王者・粟生隆寛(帝拳)がインスタグラムを更新。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)を制したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)、ラグビー日本代表・松島幸太朗らとの異種交流4ショットを公開している。

 異色で豪華な共演が実現した。ダメージの跡が残る右目を隠すようにサングラス姿の井上。黒のTシャツに、デニム姿のチャンプの隣には粟生、逆サイドにはバスケ日本代表の司令塔・富樫勇樹、さらには日本代表の8強入りに貢献した松島の姿も。スポーツの垣根を超えた、4ショットだ。

 35歳の粟生以外は、みな1993年生まれの26歳。「尚弥の希望でタン尽くし。初めましての松島幸太朗くん、ちょっと静かだけど好青年。富樫くんも尚弥も超爽やか好青年。異競技でどんどん繋がって、いろんな情報交換して刺激し合って、競技は違うけど良いライバルとして高め合って欲しい」などと記し、食事会の様子を投稿している。

 世界を相手に戦うもの同士、競技は違えど大きな刺激を受け合ったはずだ。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す