日本女子、韓国撃破で初V王手&銀以上確定 伊藤美誠が貫録の2勝、中国と頂上決戦へ

卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の女子準決勝が9日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同4位の韓国に3-1で勝利。2大会連続の銀メダル以上が確定し、初優勝まであと一つとした。2011、13、18年大会の過去3度決勝に進出したが、いずれも中国に敗戦。地元大会で悲願の初優勝を懸け、10日の決勝は9大会連続11度目の頂点を狙う中国へのリベンジを目指す。

女子日本代表の伊藤美誠【写真:Getty Images】

女子日本代表の伊藤美誠【写真:Getty Images】

卓球W杯、第1試合黒星から逆転勝ち、過去3度決勝で敗れた中国にリベンジへ

 卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の女子準決勝が9日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同4位の韓国に3-1で勝利。2大会連続の銀メダル以上が確定し、初優勝まであと一つとした。2011、13、18年大会の過去3度決勝に進出したが、いずれも中国に敗戦。地元大会で悲願の初優勝を懸け、10日の決勝は9大会連続11度目の頂点を狙う中国へのリベンジを目指す。

 第1試合のダブルスは、主将の石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が、田志希、申裕斌組と対戦した。申裕斌は、8月のチェコオープン混合ダブルス決勝で水谷隼(木下グループ)、伊藤組を破り、ITTFワールドツアー混合ダブルスを史上最年少15歳50日で優勝。石川、平野組は、「天才少女」と呼ばれる韓国の新鋭が繰り出す両ハンド攻撃に苦戦し、1-3で敗れた。

 第2試合のシングルスは、エースの伊藤美誠(スターツ)が強打を武器とする左の崔孝珠と激突。第1ゲームは5連続ポイントを許すなど、8-11で落とした。第2ゲームは、伊藤が得意のフォアスマッシュを決め、9連続ポイントを奪うなど11-3と圧倒。しかし、第3ゲームは相手も強力なフォアハンドで対抗し、伊藤は10-12で奪われた。第4ゲームを11-3で奪い返すと、最終ゲームも強気の姿勢を崩さず、11-6で勝利を収めた。

 第3試合は、平野と田志希の対決。平野はダブルスで敗れた借りを返そうと、得点を奪うたびに拳を握って叫ぶ。第1ゲームを11-2で圧倒すると、第2ゲームは10-5から最後は強烈なバックハンドが炸裂。ボールは相手ラケットから弾け飛び、流れを掴み取った。第3ゲームは11-9とし、ストレート勝ちでバトンを繋いだ。

 第4試合は伊藤が15歳・申裕斌を迎え撃った。4歳年下の新鋭に対し、日本のエースとして勝利。2勝を挙げて貫録を示し、チームを決勝に導いた。世界ランクは、伊藤が7位、石川が8位、平野が10位。田志希が20位、崔孝珠が68位、4月は252位だった申裕斌が96位としている。

 今大会は、東京五輪と同じ会場でテスト大会として行われ、五輪と同じく第1試合にダブルス、第2試合以降にシングルスを最大4試合実施する。W杯は五輪、世界選手権に次ぐ3大大会の一つ。12か国で争われ、1990年の第1回大会以来29年ぶりの日本開催となったが、日本勢は男子が準決勝で中国に敗れていた。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャンルで探す