【ラグビーW杯】豪代表名手が「日本がとても楽しみ」と心待ちだったワケ「美しい自然を…」

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に出場するオーストラリア代表デビッド・ポーコックがツイッターを更新。かつて日本のパナソニックでプレーしていたボールハンターは、日本語で「日本の美しい自然を沢山見られる事をとても楽しみにしています」とつづり、来日を心待ちにしていたことを明かした。

オーストラリア代表のデビッド・ポーコック【写真:Getty Images】

オーストラリア代表のデビッド・ポーコック【写真:Getty Images】

かつて日本でプレーしたポーコックが問いかけ「日本で素敵だと思う場所はどこ?」

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に出場するオーストラリア代表デビッド・ポーコックがツイッターを更新。かつて日本のパナソニックでプレーしていたボールハンターは、日本語で「日本の美しい自然を沢山見られる事をとても楽しみにしています」とつづり、来日を心待ちにしていたことを明かした。

 かつてトップリーグを沸かせた名手が、W杯の日本凱旋に思いを馳せた。ポーコックは「あなたが日本で素敵だと思う、野生動物や自然に触れられる場所はどこですか?」と日本語でツイート。続けて「私は2017年に長野県でニホンザルの写真を撮りました」と記してニホンザルが温泉に浸かり、リラックスしている印象的な3枚の写真を掲載している。

 そして「ラグビーワールドカップの間、日本の美しい自然を沢山見られる事をとても楽しみにしています」と締めくくり、大会期間中に試合以外の楽しみを明かしていた。ファンからも「長良川」「日光」「瀬戸内海」「奈良公園」など思い思いにおすすめスポットを挙げ、交流を図っていた。

 ポーコックは16年からパナソニックで2年間プレー。日本には慣れ親しんでおり、今回は久しぶりに長期間、日本に滞在することになる。大会公式ツイッターも「環境保護活動や慈善活動にも積極的な積極的な選手です」と紹介し、ポーコックは11日の投稿以降に早速、キャンプ地の小田原近くで森林浴を楽しんだこともツイートしている。

 前回大会は出場5試合で17回のターンオーバーを記録するなど、ボールハンターらしい存在感を発揮。今回は故障による長期故障から大会直前に復帰し、挑むことになる。日本をこよなく愛する名手がどんなプレーを見せてくれるのか、ファンも心待ちにしている。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す