ゴロフキン、戦慄の左で“KOマシーン”復活 米メディア絶賛の嵐「破壊的パンチでKO」

ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークで行われた再起戦を勝利で飾った。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。約9か月ぶりの復帰戦で“戦慄の左”で沈めた瞬間を米メディアは動画付きで公開し、「破壊的パンチでノックアウト」などと称賛している。

ゲンナジー・ゴロフキン(左)が4回KO勝ちを収める【写真:Getty Images】

ゲンナジー・ゴロフキン(左)が4回KO勝ちを収める【写真:Getty Images】

4回に左フックで一撃KO、19戦無敗世界ランカー失神

 ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークで行われた再起戦を勝利で飾った。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。約9か月ぶりの復帰戦で“戦慄の左”で沈めた瞬間を米メディアは動画付きで公開し、「破壊的パンチでノックアウト」などと称賛している。

 ゴロフキンが再び世界に衝撃を与えた。鳥肌が立つようなKOシーンは4回だった。がっちりガードを固める相手に対し、頭上の独特な角度から左を叩き込んだ。ふらつくロールスに連打で圧力をかける。そのままロープに追い込むと、最後は接近戦から左フックを突き刺した。相手は膝から崩れ落ちて前のめりにダウンした。

 一瞬で大ダメージを負ったロールスは、うつろな表情をしながらなんとか立ち上がろうと試みた。しかし、ふらついてロープにもたれかかったところでレフェリーが試合をストップ。戦慄の一撃必殺に米メディアから称賛の声が相次いでいる。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は公式サイトで「ゲンナジー・ゴロフキンがスティーブ・ロールスを破壊的パンチでノックアウト」の見出しで記事を掲載。「リングに復帰した。彼はスティーブ・ロールスをノックアウト、短く、そして素敵だった」と記している。スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」は公式ツイッターに「GGGが眠らせる」と記し、衝撃の動画を投稿。スポーツチャンネル「DAZN USA」も「ゲンナジー・ゴロフキンが崩し倒す」と同じくKO動画を公開した。

 昨年9月にカネロこと現3団体同級統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)に判定負けでプロ初黒星を喫し、王座陥落したが、約9か月ぶりのリングで健在ぶりを示したかつての絶対王者。GGG時代に終止符を打つつもりはないようだ。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す