小林陵侑、日本人初の総合Vを欧州メディアも続々称賛 「偉業を達成」「最高の選手」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は、ノルウェー・オスロで個人第23戦が行われ、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)は127メートルと126メートルで5位に入り、5試合を残して日本男子初の個人総合優勝を確定させた。試合後にインスタグラムを更新。ジャンプ台から飛ぶ瞬間の1枚を公開し、国内外のファンから祝福が殺到していたが、欧州のライバル国メディアも続々と快挙を称えている。

小林陵侑【写真:Getty Images】

小林陵侑【写真:Getty Images】

5試合残して総合V達成の快挙を欧州メディアが続々称賛

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は、ノルウェー・オスロで個人第23戦が行われ、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)は127メートルと126メートルで5位に入り、5試合を残して日本男子初の個人総合優勝を確定させた。試合後にインスタグラムを更新。ジャンプ台から飛ぶ瞬間の1枚を公開し、国内外のファンから祝福が殺到していたが、欧州のライバル国メディアも続々と快挙を称えている。

 小林陵が歴史を打ち立てた。今季11勝と圧倒的な成績を残して、早々と個人総合Vを確定。ジャンプ競技が盛んな欧州メディアは次々と報じている。

 スイス公共放送「SRF」は「コバヤシがスキージャンプ総合優勝」と報じ、小林陵の写真のキャプションには「最高の選手:今シーズン、リョウユウ・コバヤシにはもう追いつけない」と説明。さらに「スキージャンプ:コバヤシが偉業達成」と続けている。

 ポーランド公共放送「TVP」でも「オスロ大会、コバヤシにクリスタルトロフィー。ポーランド勢は振るわず」と伝え、総合王者に贈られるクリスタルのトロフィーを日本人で初めて手にしたことも紹介している。

FISも祝福「今季の素晴らしいパフォーマンスにおめでとう」

 ライバル国ドイツの公共放送「ARD」も「リョウユウ・コバヤシが日本勢では史上初のW杯総合優勝を遂げた」と紹介。オーストリア一般紙「Der Standard」も「リョウユウ・コバヤシは5位に入り、5戦を残して自身初の総合優勝を決めた。今季11勝のコバヤシは、世界選手権は不本意な結果に終わったが、早々にクリスタルトロフィー獲得を確定させた。22歳は、日本人初と同時に、ヨーロッパ以外の選手では初めてのシーズン王者となった」と偉業を称えている。

 国際スキー連盟(FIS)のスキージャンプ公式インスタグラムでは小林陵の笑顔の写真と共に「リョウユウ・コバヤシがスキージャンプの歴史をつくった! ヨーロッパ以外の選手では史上初の総合タイトルを獲得! 今季の素晴らしいパフォーマンスにおめでとう!」と祝福した。

 今季23戦11勝と圧倒的な結果を残した小林陵に欧州が拍手を送っている。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す