宇野昌磨、心揺さぶる“魂の世界新”に米名物記者も最敬礼「なんて戦士だ、この男は」

フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。演技後は膝から崩れ落ちた“魂の世界新”に対し、米国の名物記者も最敬礼。「なんという戦士だ、この男は」と絶賛している。

逆転で四大陸選手権を制した宇野昌磨【写真:AP】

逆転で四大陸選手権を制した宇野昌磨【写真:AP】

足首不安一掃のフリー世界新、ウォン記者が賛辞「あなたにお辞儀するよ」

 フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。演技後は膝から崩れ落ちた“魂の世界新”に対し、米国の名物記者も最敬礼。「なんという戦士だ、この男は」と絶賛している。

 思わず、リンクに崩れ落ちた。宇野は不安を抱えていたはずの右足首で踏ん張り、4回転ジャンプを3本着氷。迫真の4分間を滑り終えると、思わず膝の力が抜けたように、両手両膝を氷に突いた。それほど、すべてを出し尽くした演技だった。羽生結弦(ANA)を上回るフリー世界最高得点。米国の名物記者も手放しで称えている。

 ジャッキー・ウォン氏は宇野の演技中から演技後にかけ、自身のツイッターで速報。「なんという戦士だ、この男は」と脱帽した様子で切り出すと「ショウマ・ウノ、あなたにお辞儀をするよ。今すぐ足首を休めて」と労った。冒頭の4回転フリップは回転不足も取られず「(相手が)打倒するには手強いものとなるだろう」と勝利を予測したようにつづっていた。

 小さな体に秘めた魂で迫真の演技を披露した宇野。その姿は多くのファンにとっても、脳裏に焼き付くものとなった。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す