大坂なおみ、新女王のライバルは!? 英専門家は20歳新鋭を指名「流れを変えるかも」

テニスの4大大会・全豪オープンを制した大坂なおみ(日清食品)。昨年9月の全米オープン優勝に続く、グランドスラム(GS)連覇で男女を通じてアジア初となる1位に輝いた新女王について、英専門家はセリーナ・ウィリアムズ(米国)の後継者に指名する一方、なおみ時代のライバルとなる可能性のある20歳の新鋭の存在を指摘している。

大坂なおみ【写真:Getty Images】

大坂なおみ【写真:Getty Images】

時代到来の大坂にライバルはいるのか

 テニスの4大大会・全豪オープンを制した大坂なおみ(日清食品)。昨年9月の全米オープン優勝に続く、グランドスラム(GS)連覇で男女を通じてアジア初となる1位に輝いた新女王について、英専門家はセリーナ・ウィリアムズ(米国)の後継者に指名する一方、なおみ時代のライバルとなる可能性のある20歳の新鋭の存在を指摘している。

「セリーナ引退後、グランドスラム優勝を10回以上果たす選手は誰なのか?」。GS優勝23回を誇るウィリアムズの後継者をテーマにしたのは、英メディア「ザ・テニス・ポッドキャスト」だった。

 衛星放送「ユーロスポーツ」や英公共放送「BBC」でテニスの大会のレポーターや司会を務めるキャサリン・ウィテカー氏は「間違いなくナオミ・オオサカです。すでに(GSタイトルを)2つ獲得しています。彼女は決勝でクビトバを破りましたが、彼女が女子テニスの基準であり、ベンチマークになりました」と即答した。

 1年前には世界ランク72位だった大坂は昨季の大ブレーク。幼少時から憧れていたセリーナを全米オープン決勝の舞台で破り、メルボルンの舞台で新女王に輝いた。そして、ウィテカー氏は大坂こそ、単独最多GS優勝23回を誇るセリーナの後継者と分析している。

 その一方で、ライバルも存在するという。「サバレンカもいる。彼女はまだ20歳で流れを変えることができるかもしれません」とウィテカー氏は分析した。

 世界ランク9位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)は大坂よりも1歳年下の20歳。身長182センチ、80キロという恵まれたフィジカルから放つ強烈なサービスと攻撃的なテニスで、すでにツアー3勝を記録している。

全仏で苦手のクレーコート克服に期待

 大坂の対抗馬となる可能性こそあるが、なおみ時代は間違いないと強調する。

「現在は彼女こそベンチマークです。私は彼女のクレーでのプレーを見てみたい。彼女はフレンチで優勝候補になるのか分かりませんが、私は女子テニスの主役だと思っています」

 これまでのツアー3勝の舞台がいずれもハードコートだった大坂。自ら苦手と認めるクレーコートで行われる5月の全仏オープンが次なるGSの舞台となるが、凄まじい成長曲線を描く大坂なら軽々と攻略すると予測している。

「吸収していくスピードもありますね。現時点ではクレーではどうなるかはわかりません。現時点では目覚ましいと言える状況ではありませんが、もしかするとあっという間に輝きだすかもしれませんね」

 ローラン・ギャロスの舞台では2016年と2018年大会で3回戦で敗退。2017年は初戦で敗れているが、苦手な赤土での進化に英国の専門家も視線を注いでいる。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す