日本の「パワハラ」って知ってますか エディーHCに問う、日本スポーツ界の“病”

2018年の日本のスポーツ界を振り返ると、平昌五輪の金メダルラッシュ、サッカーワールドカップ(W杯)の躍進の裏で、脚光を浴びたのが「パワハラ問題」だ。アメフトの悪質タックルに端を発し、スポーツ指導の在り方を見直す気運が高まった。しかし、日本で「パワハラ」はなぜ起こるのか。指導者と選手の関係性で何が問題なのか。そのヒントを求め、ラグビーの世界的名将、イングランド代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ氏に考えを乞うた。

イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏【写真:松橋晶子】

イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏【写真:松橋晶子】

なぜパワハラは起きる? 日本を熟知する世界的名将が“変化なき指導者”に警鐘

 2018年の日本のスポーツ界を振り返ると、平昌五輪の金メダルラッシュ、サッカーワールドカップ(W杯)の躍進の裏で、脚光を浴びたのが「パワハラ問題」だ。アメフトの悪質タックルに端を発し、スポーツ指導の在り方を見直す気運が高まった。しかし、日本で「パワハラ」はなぜ起こるのか。指導者と選手の関係性で何が問題なのか。そのヒントを求め、ラグビーの世界的名将、イングランド代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ氏に考えを乞うた。

 もともとはオーストラリアで体育教師を務め、ラグビー指導者としては、日本(東海大)で初めてキャリアをスタートさせたエディーHC。W杯優勝などラグビー界で世界屈指の実績を誇るが、社会人トップリーグのほか、日本代表を率いて15年W杯で「日本スポーツ史上最大の番狂わせ」と言われた南アフリカ戦勝利を演じるなど、日本人を指導しても数々の栄光を知る名将だ。日本人、日本の文化を熟知し、今なお、定期的に日本でのラグビー教室も開催している。

 日本のスポーツ指導を知り尽くした58歳は、昨今のスポーツ現場の問題をどう見ているのか。「THE ANSWER」の独占インタビュー後編では、日本の指導者と選手の関係性について直撃した。

 ◇ ◇ ◇

 まず、エディーHCに聞いた。「パワハラ」って言葉、知っていますか――。すると「ああ、知っているよ」と頷いた。その発端となったのは、アメフトの悪質タックル問題だ。「選手とコーチの関係性において何よりも重要なことは、双方がしっかりと信頼を築かないといけないということだ。選手だけでなく、コーチも選手をリスペクトしないといけない」と印象を語った。

 なぜ、スポーツにおいてパワハラは起きてしまうのか。エディーHCの目はこうだ。

「自分がやらないことは選手に『やれ』とは言わない。ルール違反がいい例だ。そういう原理のもとに接していけば、大丈夫なはず。にも関わらず、信頼、リスペクトが崩れ、それぞれのルールを壊すと、こういうことが起こる。日本ではコーチが権力を持ち、腕組みしている姿が象徴的だ。指導者はみんなより上だというのが傾向としてあるだろう」

 悪質タックル問題に関していえば、監督、コーチが主導し、選手に「ルール違反」を強要したとされる。エディーHCの考えによれば、選手に対する「リスペクト」の欠如が一因にあるということだ。エディーHCは今回の件について「それほど、驚きはしなかった」と率直に言った。その裏には長年に渡る、日本のスポーツ現場の“空気”を感じていたという。

日本で問題視される「パワハラ」についてエディー氏が言及【写真:松橋晶子】

日本で問題視される「パワハラ」についてエディー氏が言及【写真:松橋晶子】

「変化」が求められる指導者「選手がスキルを身に付けるように指導者も学べ」

「指導者が上からの目線になってしまうのは世界的にどこでもあり得る。しかし、日本は教育システム(部活指導)において見られることが多い。選手に対して暴力を振るうことがOKにしてしまっているシステムがある。最初は小さなことだから流しましょうとなってしまう。ただ一度OKにすると、その行為が普通になってしまう。それが重なり、やがて問題になっていくんだ」

 日本に限らず、選手とコーチの関係性は時代とともに変わっている。「それ(暴力的指導)が普通だった時代はあった。しかし、今はもう普通じゃない。コーチには難しくなったと感じるだろうが、変わらないといけない」と言い、こう提言する。

「見た人、聞いた人が責任を持って、そういう行為をなくそうとアクションを起こすこと。例えば、友人のチームを見に行き、ハーフタイムに悪質な言葉がけをしていたとする。それは見た人間が責任を持ち、コーチに話に行くべきだ。『その話し方は子供たちにとって正しくない』と追及しないと変わらない。間違った行為をただそうと周囲も反応しなければいけない」

 だから、エディーHCは体罰についても真っ向から否定する。「時には厳しくなる必要はある。しかし、厳しさと暴力は異なるものだ」と言い、暴力がスポーツ指導でプラスになることは「ない」と断言。暴力的指導を取り上げられた指導者について、権力に胡坐をかくのではなく、変化することを求める。

「チャレンジしないといけない。指導者は個々を理解する必要がある。今の指導者はガイドして発見してもらう役割。教育システムがそういう方向に行っているだろう。時間もかかるし、知識もスキルも必要。チーム一丸として、チームを大事にしながら個を見ていくこと。何より、選手がスキルを身に付けるように指導者も学び続け、改善しないといけない」

 変化。それは痛み、リスクを伴うものである。エディーHC自身も直面した課題だった。経験が浅い若い頃は選手に厳しく当たることもあったというが、時代に合わせて「ガイド型」に変えていった。それでも「変化させることに恐怖心は全くなかった」という。その裏には、指導者として揺るぎない信念がある。

「いつも信念として持っているのは、常により良い方法があるのではないかと自分に聞くようにしていることだ」

 世界一を知る名将にして、まだ指導は良くなると思っているのか。エディーHCは「100%、その通りだ。毎日、それを目指している」と断言。だから、指導にゴールはないという。「とにかく毎日改善し、より良い指導者になりたいということだけ。それが、どういう形になるかはわからないから」と続けた。
 

エディーHCが思うスポーツの価値とは【写真:松橋晶子】

エディーHCが思うスポーツの価値とは【写真:松橋晶子】

エディーHCに聞くスポーツの価値、「re-create」の重要性とは

 エディーHCはラグビー教室を開くと、子供たちに必ず言う言葉がある。「一番大事なことは今日、学んだという事実じゃない。今日、学んだことを明日、どう生かすかだ」。その言葉に照らせば、日本スポーツ界が2018年に経験した教訓をきっかけに、未来をどう変えていくかが求められる。

「その通りだ。それしか重要ではない。終わったことは終わったこと。もう過去を変えることはできない。明日、3日後、1週間後……何をするか、ということが重要だ。それが仏教のアプローチじゃないか。今に焦点を重ね、やっていく。日本のスポーツも同じことをやっていかないといけない」

 スポーツのネガティブな面が取り沙汰されることが多い昨今。日本では少子化とともに、スポーツ人口の減少も危惧されている。そんな状況を踏まえ、エディーHCが思うスポーツの価値について聞いた。

「何より健康的だ。レクリエーションの延長。英語の『recreation』は『もう一度、作り直す(re-create=レ・クリエイト)』という意味もあり、自分をよりどれだけいい人間に高められるかにもつながる。スポーツを通じて、規律もタイムマネジメントも学べる。チームの一員としてどう役割を果たすか、社会で役割を果たすための要素が詰まっている。私自身、スポーツを通じて我慢して取り組むことを学んだ。

 何か達成したいことがあれば、懸命にやらないといけない。時には負ける覚悟もしないといけない場合もある。だから、常に学び続けないといけない。選手とコーチがいい関係を築くためには、指導者に知識、意欲があり、リスペクトできるような人間でないといけない。日本でもコーチと選手がリスペクトし合い、トップダウンではなく、一緒にやっていこうというアプローチを文化として築いていってほしい」

 日本のスポーツ界に願いを込めたエディーHC。今なお選手を思い、指導法を日夜考えること、「それが、自分は大好きだから」と笑う名将の言葉に、未来へのヒントが詰まっている。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す