エディーHC独白 日本W杯成功の条件と3人のキーマン「W杯は鼠と猫のような戦いだ」

いよいよ、今年9月に迫ったラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。自国開催で桜のジャージは躍動し、日本に熱狂を沸かせることはできるのか。そんな疑問を思い浮かべた時、W杯を戦う難しさと現在の日本の実力をこれほど熟知した人間はいないだろう。イングランド代表ヘッドコーチ(HC)エディー・ジョーンズ氏。いわずと知れた前日本代表HCだ。

「THE ANSWER」ではエディ・ジョーンズ氏にインタビューを敢行した【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER」ではエディ・ジョーンズ氏にインタビューを敢行した【写真:荒川祐史】

新春独占インタビュー、前日本代表&現イングランド代表HCが語る日本の現在地

 いよいよ、今年9月に迫ったラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。自国開催で桜のジャージは躍動し、日本に熱狂を沸かせることはできるのか。そんな疑問を思い浮かべた時、W杯を戦う難しさと現在の日本の実力をこれほど熟知した人間はいないだろう。イングランド代表ヘッドコーチ(HC)エディー・ジョーンズ氏。いわずと知れた前日本代表HCだ。

 W杯では母国・オーストラリア代表ヘッドコーチで03年大会準優勝、南アフリカ代表のテクニカルアドバイザーで07年大会優勝。そして、前回15年大会で日本を率いて「日本スポーツ史上最大の番狂わせ」と言われた南アフリカ戦を含め、大会3勝で世界を驚かせた。昨年11月の試合ではイングランド代表HCとして日本を迎え撃ち、敵将として現在地を肌で感じている。

 そんな世界的名将に「THE ANSWER」は独占インタビューを敢行。前編では、W杯成功と日本躍進のカギについて聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 11月にイングランド代表HCとして、ホームに“古巣”日本代表を迎え撃ったエディーHC。8万人の大観衆が詰めかける中、前半は10-15とリードさせる展開に。後半に25得点し、35-15で逆転勝ちを演じた。80分間で日本代表に対し、何を感じたのか。

「まず言いたいのは、日本を決して軽視していなかった。日本にとってはイングランド戦は大きな意味を持つ試合で(直前に)ニュージーランド代表と対戦してこともあり、本当に凄くいいプレーをした。フィジカルは良く、戦術的にも良かった。特に、リーチ・マイケルのプレーが素晴らしかった。日本のパフォーマンスには感銘を受けた」

 このように日本に対して敬意を示したエディーHC。しかし、その後で「ただ、最終的なことを言わせてもらうと……」と付け加え、世界ランク11位にいる日本の課題についても鋭く指摘した。

「次のステップに行くためには、高い強度の中で持続する時間を増やさないといけないということだ。イングランド戦の後半は落ちてしまった。現状、日本は世界のトップ10じゃない。これからトップ10に入るにはさらに成長しないといけない。強度の高い試合で、どれだけ持続的に戦っていくかを考えないといけない」

 事実、日本は後半に限ってみれば完封されて逆転を許し、力の差を見せつけられた。強豪相手に80分間渡り合い、「高い強度のプレー」を維持すること。そのために、どんな工夫が必要なのか。

地元開催のW杯の成功について日本の成績が行方を左右するとエディー氏は説く【写真:荒川祐史】

地元開催のW杯の成功について日本の成績が行方を左右するとエディー氏は説く【写真:荒川祐史】

「その事実からは逃れることができない」と指摘したW杯成功のカギ

「試合の中でテンポをコントロールしないといけない。試合のすべてが速い展開で持たない。まずは練習の中で試合より高い強度で練習すること。それができるように選手がメンタルを鍛えないといけない。最も難しいのはフィジカルではなくメンタルだ。体力を強化することは比較的やりやすい。

 しかし、そういった相手にメンタルに痛みを感じながら、どれだけ自分たちを律するかにかかっている。試合中、監督はそれをコントロールできない。そこで重要になるのが、リーチ、田村優に加え、試合に出ていれば田中史朗だ。出場時間が限られているが、田中はそこに長けていると思う」

 イングランド戦を振り返りながら、W杯に向けた課題を挙げたエディーHC。ただ、日本としてはW杯成功という命題も抱えている。運営面でホスト国・日本に期待することは何か。

「盛り上がりは素晴らしい。(インタビュー場所となった)熊谷スタジアムを見てほしい。ファーストクラスのスタジアムだ。2万4000人も入る。どの大会より、この時期の準備は素晴らしいと言っていい。協会側についてもそれぞれが仕事の役割を果たし、リーダーシップを取って引っ張ってマッチマネジメント、トーナメントの組織化もしっかりしてもらいたい」

 世界では、どの国も日本にうまくオーガナイズされていると期待している。ただ、難しく困難なこともあると予想している。なぜかというと、日本は伝統的なラグビー王国ではないから。例えば、ホテルもラグビーチームを受け入れる経験がないこともあり得る。わくわくしている部分もあるが、困難なこともあると理解している」

 世界のラグビー関係者の視点を交えながら、日本の大会運営に評価と課題を与えたエディーHC。しかし、大会において最も重要なことはグラウンド上にあると力説する。

「ただ、現実的にいうと大会の成功というのは日本の成績が成功するかしないかにかかっている。その事実からは逃げることはできない。日本がアイルランドかスコットランドに勝てることができれば、それが大会のハイライトになると思う」

「大会の成功」にとって最も重要となるホスト国の躍進。日本はアイルランド(世界ランク2位)、スコットランド(同7位)、ロシア(同19位)、サモア(同16位)と同組のA組となった。最大目標の1次リーグ突破へ、エディーHCの分析はこうだ。

エディー氏は日本のラグビー普及・強化に対しての熱い思いを明かした【写真:荒川祐史】

エディー氏は日本のラグビー普及・強化に対しての熱い思いを明かした【写真:荒川祐史】

「ターニングポイント」はスコットランド戦、キープレーヤーに挙げた3人は?

「初戦のロシア戦は勝てるだろう。ただ、サモア戦は難しいと見ている。そうなるとアイルランド戦、スコットランド戦にかかってくる。スコットランドは日本とプレースタイルが似ている。オープンプレーが多いし、パスやキックを使った攻撃も多い。この試合は勝てるチャンスはあるが、展開次第で悪い形で負けることもあり得る。アイルランドはいいチーム。イングランドのようにタフでストラクチャーなチーム。相手に主導権を与えられない。非常に難しい試合になる。スコットランド戦がターニングポイントになる」

 では、目標達成のためにキープレーヤーになるのは誰か。エディーHCは3人の名前を挙げた。

「絶対的にリーチだ。彼がベストでないといけない。もう一人挙げたいのは松島幸太朗。W杯に出て活躍しているし、何をしないといけないか彼は分かっている。規律と責任を持ってプレーしないといけない。3人目は田中。今でも日本で一番のスクラムハーフ。試合に影響を与えるためには彼が40分以上プレーしないといけない。彼のフィットネスをどうにか上げていかなければいけない」

 こうして日本代表に対する思いを語ってくれたエディー氏。運命の本大会まで、残りの9か月。その時間をどう過ごしていくべきか。15年当時の同時期を引き合いに出しながら、独自の目線で提言した。

「大会直前の練習試合(ジョージア戦)は、実際にW杯でプレーするのとは全く違うプレースタイルで、敢えてBチームで臨んだ。本大会の初戦で当たる米国に何も情報を与えないようにするためだ。W杯はネズミと猫のようにどれだけ追い合うか。何を見せたいか、見せたくないかを分けないといけない。テストしたい部分とそうでない部分をW杯に向けて使い分けていった方がいい。

 例えば、初戦のロシア戦は成長しているチーム。フルタイムで練習できる環境にあり、日本のようにいる時間が長くなる。フィットネスもかなり上げてくるだろう。今の時点ではロシアより日本の方がフィットネスは高いと思っていると思うが、W杯ではそうじゃない可能性もある。準備の一環としてロシアに対してどう他の強みを見つけ、いかに他のチームに見せないことが重要だ」

 年末にも来日し、高校生に向けたラグビー教室を行うなど、日本のラグビー普及・強化に対する思いは熱い。そんなラグビー日本にとって将来の運命を握る代表チームに期待することは何か。

「9か月もあれば、多くの部分で変われる。良いチームから偉大なチームに変われることもあるし、良いチームからまあまあなチームに変わってしまうことがある。選手にとっては人生に一回しかないチャンス。覚悟を決めてやってほしいと思う。それは彼らの責任でもある。他のW杯出場経験のない選手にもどれだけ重要かを分からせ、ともに戦っていってほしい」(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

ジャンルで探す