22歳小林陵侑の覚醒を知っているか 欧州が「別の惑星の人間」と慄く、えげつない強さ

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で、日本人初の総合王者が誕生するかもしれない。

W杯総合得点でトップを走る小林陵侑【写真:Getty Images】

W杯総合得点でトップを走る小林陵侑【写真:Getty Images】

今季5戦3勝&全表彰台、えげつない必勝パターンで日本人初のW杯総合王者へ

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で、日本人初の総合王者が誕生するかもしれない。

 22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が11月24日の第2戦(フィンランド)でW杯初優勝を飾ると、5戦を終えて3勝。残り2戦はともに3位と開幕から1度も表彰台を逃さず、W杯総合得点でトップをひた走っている。

 ジャンプ男子W杯は来年3月24日のシーズン最終戦まで、札幌を含む10か国20会場を転戦しながら、個人28戦と団体7戦が行われる。個人戦は1位100点、2位80点、3位60点……30位1点と、上位30人に対し順位に応じた点数が与えられ、その合計点で総合順位を争う。

 複合では昨季、平昌で2大会連続五輪銀メダルを獲得した渡部暁斗(北野建設)が、荻原健司以来23季ぶり史上2人目の総合優勝の偉業を達成。W杯8季目を迎えたジャンプ女子では、歴代最多55勝を挙げている高梨沙羅(クラレ)が4度の総合女王になっている。

 ただ、ジャンプ男子となると、長野五輪金メダリスト船木和喜の1997/98シーズン総合2位が最高だ。

 これまでW杯最高成績が6位だった小林陵の覚醒ぶりも驚きだが、それ以上のインパクトを与えているのが、圧勝というのが手ぬるく聞こえてしまうほどのすさまじい勝ちパターンだ。

 ソチ五輪で葛西紀明(土屋ホーム)がわずか1.3点差で金メダルに届かなかったように、この数年は接戦が当たり前。ところが、連勝でW杯2勝目を挙げた第3戦(フィンランド)では、2回目にジャンプ台記録に並ぶ147.5メートルの大ジャンプを見せつけ、2位に22点差、飛距離換算で12メートルの大差をつける完勝。2回の合計310.4点だった小林陵に対し、2位は288.4点、3位は285.4点。1人だけ別次元の空間を飛んでいたことを数字も証明する。ちなみに3勝目を挙げた第5戦(ロシア)も、2位と3位が0.3点差のミクロな戦いを繰り広げるのを尻目に13.9点差での大勝だった。

W杯第3戦の表彰式で本家本元フィンランドのサンタさんからも祝福【写真:小林幸帆】

W杯第3戦の表彰式で本家本元フィンランドのサンタさんからも祝福【写真:小林幸帆】

欧州実況も慄いた一本のジャンプ、「ありえない! 別の惑星の人間だ」と絶叫

 彼が一躍その名を知らしめることになったのが第3戦、ジャンプ台記録に並んだ一本だ。

 これを、ドイツ「EUROSPORT」は「コバヤシがジャンプ界に衝撃を与える」との見出しで伝え、番組公式ツイッターでは実況中の動画も公開。さぞたまげていたことと思いきや、「おーっ。高いっ! アイヤイヤイヤイヤヤッッ!! ブァッハハッハッハッハ。ありえん…センセーショナル!」と、響いたのは豪快すぎる笑い声。

 ノルウェー公共放送「NRK」も驚き通り越して大笑い、オーストリア公共放送「ORF」は「あぁあありえない! リョウユウ・コバヤシに一体なにが! 別の惑星の人間だ」と絶叫していた。

 ジャンプ強豪国をここまで仰天させたのは、圧倒的に不利な条件もお構いなしにぶっ飛んでいったから。飛び過ぎると着地エリアの傾斜がなくなり転倒リスクが高まる。そのため、助走速度を落として飛距離を抑えるべく、コーチの判断でスタート位置を下げることが認められている(※この場合、補正の加点がつく)。宮平秀治ヘッドコーチは2段下げたが、まるで意味なし。これ以上飛んだら危険とされるヒルサイズ142メートルをあっさり超えていってしまった。

 小林陵はシーズン前に“飛び過ぎて”左膝を痛めており、11月18日の第1戦(ポーランド)では断トツ最長の137.5メートルをマークしながら、着地でバランスが取れずお手つき。転倒扱いとなり、飛型点で大減点を食らった結果、初優勝がお預けになったばかり。それもあって、宮平ヘッドコーチは無事に着陸し優勝したのを確認すると胸をなでおろし、「2段下げたのに、飛び出した瞬間にあぁっっまずいっっって!!!」とまくし立てていたが、本気で寿命が縮む思いをしたはず。

「今季は優勝できると思っていた」と言うほど自信を持って迎えた開幕。大化けの理由は、夏に助走の姿勢をノルウェーのトップ選手を参考に微調整したことにある。ジャンプにはスタート、助走、踏み切り、空中、着地などの要素が絡むが、宮平ヘッドコーチによると85~90%は助走で決まるという大事なポイント。それをYoutubeでモノにしてしまえるのは「体育は(ずっと)『5』だった」という高い運動能力ゆえ。

ライバルの視線釘づけ「みんな自分を見てる」…ジャンプの本場で注目度上昇も?

 ジャンプは急に飛び始める若手が出てくることも珍しくないものの、平昌で五輪連覇を遂げた昨季のW杯王者カミル・ストッフ(ポーランド)が「リョウユウはポジティブなサプライズ」と認めたように、やっぱり海外の選手にとっては驚くべきこと。そんなこともあって、控え室では視線が集中。「みんな(自分を)見てる。ブーツ見て、スーツ見て、上も見て」。肩こりしそうな環境にも本人は笑っていたが、ジャンプ台を離れても注目度がじわじわ上昇中だ。

 ロシアへ移動する飛行機の中でのこと。「ポーランド人のおじさんだったんですけど、『君は、今総合1位の選手だろう』って言われた」という初ものを経験したそう。

 それが日本となると、「優勝した後にLINEニュースとか見たらフィギュアとか野球ばっかで……。あ、これには出ないんだって……」とポツリ。

 ジャンプは欧州との間になかなかの温度差がある競技。4年サイクルで晴れ舞台に招かれる日本と違って、人気が定着している国では、W杯をシーズン通して公共放送のライブで楽しめる。お世辞にもアクセス良好とは言えず、しかも文句なしに寒いジャンプ台が満員の観衆で埋まることもザラ。年末に行われる伝統の大会は、11月末に2万5500枚のチケットが完売している。

 葛西の“レジェンド”も、ジャンプの本場で言われていたことがソチ五輪の前に逆輸入されたもの。ドイツ「EUROSPORT」が、「ロシアでもコバヤシがライバルたちをおもちゃにする」と見出しをつけたほど容赦なくライバルたちを蹴散らす無双が続くが、それが日本まで届くにはもう少し時間がかかるかも。

 文句なしの絶好調にも「調子がいいのが僕くらいなので差が開くのかな。多分(トップ選手は今)最低限レベルのジャンプなんだと思う」と冷静なのは、ジャンプは好不調の波と切り離せないことを経験してきているから。

 それでも、「シーズン10勝」まで引き上げた目標に「チャンスはあると思う」と言い、ジャンプの完成度への自信は相当なもの。これまで、シーズン9勝以上で総合優勝を逃した選手は1人もいない。(小林 幸帆 / Saho Kobayashi)

ジャンルで探す