紀平梨花、ザギトワ超え世界一を海外メディア続々絶賛「日本の奇才、リカ・キヒラ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠を海外メディアも「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評し、続々速報している。

優勝し笑顔を見せる紀平梨花【写真:Getty Images】

優勝し笑顔を見せる紀平梨花【写真:Getty Images】

日本勢13年ぶりシニア1年目Vに称賛の嵐「信じられないデビューシーズン」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠を海外メディアも「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評し、続々速報している。

 バンクーバーの地で紀平が打ち立てた快挙は瞬く間に海外を駆け巡っている。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は公式ツイッターで「16歳リカ・キヒラの信じられないデビューシーズンは続く」と速報し、公式サイトでは「リカ・キヒラがISUグランプリファイナル優勝を果たす」と見出しを打ってレポートしている。

 記事では紀平を「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評した上で「16歳は練習でトリプルアクセルに挑戦して失敗し、本番でも失敗した。しかし、紀平は力強く立ち直り観客を沸かせた」と演技内容をレポート。「紀平にとってフィギュア界の注目を集めた今季は、シニアレベルでの素晴らしいデビュー年となっている」と賛辞を送った。

 演技後の公式会見でザギトワ、トゥクタミシェワとのフォトセッションで真ん中に立ち、3人でおちゃめに表情を決めるシーンを公式ツイッターに画像付きでレポートするなど、リンクを降りれば16歳らしい素顔も紹介していた。

米大手放送局も報道「キヒラがザギトワを下す」

 米大手スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「リカ・キヒラがグランプリファイナルでアリーナ・ザギトワを下す」と特集し、記事では「キヒラは今季、ジャンプの強さを大幅に高め、8本のトリプルアクセル挑戦のうち4本でクリーンに着氷し、出場した4大会全てに勝利している」とレポートしている。

 日本勢にとってシニア1年目でGPファイナルを制するのは浅田真央以来、実に13年ぶりの快挙。同い年の平昌五輪女王ザギトワとのシニア初対決を制し、世界に鮮烈なインパクトを残した。大目標は22年北京五輪。果たして、日本に現れた16歳の超新星はどんな道を歩んでいくのか。ここから描く成長曲線が楽しみでならない。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す