「僕の夢は北京五輪にある」 “二刀流”チェンが4年後の五輪を目指す3つの理由

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、男子フリーが行われ、世界選手権王者のネイサン・チェン(米国)が184.64点をマークし、合計271.58点で優勝。GPファイナル(バンクーバー・12月6日開幕)進出を確定させた。超名門エール大の学生でありながら、スケーターとしての挑戦も続けるチェンは、2022年北京五輪への出場に意欲を示している。フランスメディアのインタビューで、その理由を明かしている。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

名門エール大の学生でもあるチェンが北京五輪を目指す理由を語る

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、男子フリーが行われ、世界選手権王者のネイサン・チェン(米国)が184.64点をマークし、合計271.58点で優勝。GPファイナル(バンクーバー・12月6日開幕)進出を確定させた。超名門エール大の学生でありながら、スケーターとしての挑戦も続けるチェンは、2022年北京五輪への出場に意欲を示している。フランスメディアのインタビューで、その理由を明かしている。

 SP3位からの逆転でスケートアメリカに続き、GPシリーズ連勝を決めたチェン。現地メディア「ledauphine.com」は「僕の夢は北京五輪にある」と題してインタビューを敢行。5位に終わった平昌五輪を振り返るとともに、4年後の北京五輪への思いも語っている。

「試合前は自分自身を追い詰め、直前は緊張感に包まれているが、それが試合の楽しみでもある。昨季の五輪では並外れた重圧を受けた。五輪の出場権が決まるのは直前の1か月で、プレッシャーは重い。でも、それは自分にとって素晴らしいことであり、常に経験していたいと思っている」

 同メディアが公開しているインタビュー動画では、まずは平昌五輪を振り返り、オリンピックが持つ重みについても言及。五輪を目指す上での重圧は計り知れないが、それが原動力になっていることを明かしている。

「家族にとって特別な大会であり、僕にとっては重要な意味がある」

「五輪が自分に大きな何かをもたらしたとは考えていない。五輪までの過程や本大会の経験、他競技の選手、そして何人かのスペシャルな五輪選手と同じ場所にいるというのは驚くべきことだ」と語り、さらには「もう一度五輪の舞台に戻り、自分を取り戻したい」と4年後の北京への思いをきっぱりと示している。

 インタビューの中でチェンは、平昌五輪は楽しめなかったとも明かしている。だからこそ「楽しむために2度目の五輪に出場したいね」とも語っている。

 その上で「現段階では、まだ昨季のレベルにない。今の生活は僕にとって大きな変化を与えているからね。まずはレベルを戻し、そこから引き上げていく。ゴールドメダルは最大の目標であるが、そこに到達するまでには何年もかかる」と冷静に分析。それでも「母が北京生まれなので、家族にとって特別な大会であり、僕にとっては重要な意味がある」と自身のルーツの地で迎える五輪に思いをはせている。

 名門エール大の大学生との二足の草鞋を履くチェン。勉学と両立させながら五輪への思いを語った19歳は、多くのものを背負いながら、並大抵ではない挑戦を続けていく。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す