大坂なおみ、WTA記者が見た“68位上昇の奇跡”の軌跡「一発屋で終わるとは思えない」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール)で今季全日程を終了した大坂なおみ(日清食品)。最後は左太もも痛による棄権で3戦全敗、1次リーグ敗退で姿を消したが、ツアー上位8選手のみが出場できる夢舞台に立った2018年の記憶は消えない。3月のBNPパリバ・オープンでツアー初優勝に始まり、9月の全米オープン制覇と一躍、スターダムにのし上がった。

全米女王になり、飛躍のシーズンを過ごした大坂なおみ【写真:小林 靖】

全米女王になり、飛躍のシーズンを過ごした大坂なおみ【写真:小林 靖】

ファイナル終戦で今季終了、WTA公式ライターに聞く“大坂なおみの2018年”とは

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール)で今季全日程を終了した大坂なおみ(日清食品)。最後は左太もも痛による棄権で3戦全敗、1次リーグ敗退で姿を消したが、ツアー上位8選手のみが出場できる夢舞台に立った2018年の記憶は消えない。3月のBNPパリバ・オープンでツアー初優勝に始まり、9月の全米オープン制覇と一躍、スターダムにのし上がった。

 1月に72位を記録した世界ランクは4位に上昇。女子テニス界で最大のシンデレラガールとなった21歳の1年は、どんなものだったのか。「THE ANSWER」ではツアーを取材し、17歳当時から大坂を知るWTA公式ライター、コートニー・グエン氏をシンガポールで直撃。大坂が2018年に歩んだ“68位上昇の奇跡”の軌跡を振り返ってもらった。熟練記者が見る大坂成功の要因と、未来の可能性とは――。

 ◇ ◇ ◇

 いつか必ずグランドスラムを勝つとは思っていた。2015年、スタンフォードで(サマンサ)ストーサーを破った時、初めて見た彼女の才能には驚かされた。この世界で通用するには何らかの武器が必要。持っていれば周りの目を引くし、その後も気に掛けられる。インディアンウェルズ(BNPパリバ・オープン)でそうそうたる面子相手に勝ち、その後のマイアミでも悪くなかった。

 ただ全米オープン前に、優勝候補に挙げられるほどのテニスをしていたかと聞かれれば、そうではなかった。3連敗中だった。全米の前に、シンシナティで痛い負けを喫しそこそこ落ち込んでいた。ニューヨークで優勝できるような雰囲気ではなかった。最初の3試合を良い内容で勝った後に「もしかしたらチャンスがあるのでは」と初めて思った。

 オフにサーシャ(バインコーチ)と組んだのが決定的だった。サーシャのおかげで技術、コンディション面で良くなったが、それ以上にナオミにとって良い相談相手になった。ナオミが必要としていたのは「指導者」ではなく「友人」だった。サーシャは若いこともあり、ナオミの憧れであるセリーナの元ヒッティングパートナーであることからナオミも彼をリスペクトしていた。

 今の女子テニス界は非常に拮抗している。グランドスラムを勝てる実力を持った選手が25人ほどいる。あとはコンディション、大会期間約2週間の勢いの問題。ただ、ナオミの場合決して波に乗って全米に入った訳ではなかったので、優勝できたのがなおさら衝撃的だった。ナオミのパワーは言うまでもないが、サーシャのおかげでディフェンスが格段に良くなり、カウンターが打てるようになった。そして、パワーだけではないことを示したことによって、彼女への期待がさらに高まった。

コートニー・グエン記者 【写真:小林 靖】

コートニー・グエン記者 【写真:小林 靖】

「ナオミは完璧主義者」―さらなる進化へ理解すべき今後の鍵

 アリナ・サバレンカ(ベラルーシ)もそうだが、この2人はパワーに恵まれている。サーブ、フォアハンドが群を抜いて強いため、ユース時代はこれだけで勝ててしまう。コーチもドンドン行けと言うので、それ以外が伸びなくなる。特にコンディショニングの面で。ナオミの場合まだ若いし、女性であるから体つきも変わる。

 今回のオフを過ごしたように、体の強化を徹底的にやると精神的にも変わる。テニスへのアプローチが根本的に変わる。ただインディアンウェルズでの優勝、マイアミでのセリーナ相手に勝利、この2つは相当自信になったと思う。当然野心もあるが、しっかりしているし、落ち着いている。人に敬意を払う。こういった人としての面も成功につながっていると思う。

 全米オープンでのパフォーマンスは本当に良かったが、彼女のピークはまだまだあんなものでは無いと思う。特に女子ツアーの場合、パフォーマンスを維持するのは難しい。毎試合ベストでは挑めない。毎回15本のエースやフォアがバンバン入る訳じゃない。そこで重要になってくるのは自分が「B」「C」レベルのパフォーマンスしか発揮できない場合どこまで通用するか。

 ナオミはその答えを東京(東レ・パンパシフィックオープン)、北京で出したと思う。特に北京で、肉体的に、精神的にも疲労困憊している中でセミファイナルまで行けたのは見事だった。調子が良い時には誰でも勝てる。大事なのはベストではない状態でどれだけやれるかだ。ただ、ナオミは完璧主義者なので、それを理解できるかが今後の鍵になる。

 そういった意味でもサーシャの存在は大きい。来シーズン、ナオミへのプレッシャーも期待もさらに強まる。全豪、アジアで始動した後、インディアンウェルズの防衛、さらにクレー、グラスでの大会が続く。ナオミのクオリティは間違いなく一流だが、毎回100点満点のテニスはできない。そこを自分で理解すること。

 ナオミはテニスが純粋に好きなように思える。有名になるため、雑誌の表紙に載ったり映画のプレミアに呼ばれたりするるためにテニスをやっている訳ではない。スランプしたとしてもテニス以外の影響でスランプするとは思わない。中には有名になって舞い上がって我を忘れる選手もいるが、ナオミはそういったタイプではないと思う。

未来の世界1位を確信「アジアの常識を覆す、規格外の選手」

 気になるのは自分を追い込み過ぎないか、特に内気なので色々抱え込み過ぎないか。ただサーシャや母親といった周りの人がしっかりしているので、クレイジー・リッチな感じにはならないと思う。全米優勝後は少し心配したが、あの決勝を制した精神力は皆が思う以上に強いのでは。芯がしっかりしているので、疲れることはあるが、「脱線」してしまう心配は無いと思う。

 来年以降、さらに強くなる。ニューヨークで魅せたパフォーマンスは誰にでもできるものじゃない。ポテンシャルをかすった程度。もっとパワーアップする、早くなる。100%、いずれ世界ランク1位になると思っているし、グランドスラムももっと優勝する。よく考えて欲しいのは、土、芝で一切結果が出てないのにも関わらず3番手で今年のファイナル出場を決めた。これは凄いこと。

 クレー、グラスコートでは間違いなく上手くなるし、ハードコートのプレーもさらに安定する。経験を積むば積むほどアップダウンもなくなるだろうし、ナオミは女子テニスを変えるほどの器だと思う。プレーだけじゃなく、多国籍で英語も喋るし、アジアにも繋がりがある。キャラもある。いずれレジェンドになると確信している。

 全米での一発屋で終わるなんて到底思えない。そうなるには実力があり過ぎるから。彼女のスタイルはどのサーフェスでも通用する、憧れているセリーナのように。セリーナが23回グランドスラムを優勝しているのはパワーがあるからではない。何でもできるから。ナオミはアジアを代表する次のスーパースターであり、今までのアジア選手のレッテル、常識を覆す、規格外の選手。李娜が築き上げたものに積み上げるのはナオミだ。

<コートニー・グエン(Courtney Nguyen)> WTA公式ライター。米サンフランシスコ在住。2009年からテニス取材を始め、2015年よりWTA。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す