乱闘騒動クロフォードが“1日遅れの右”で初防衛 ESPN賛辞「格の違い見せつけた」

ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功。米大手興行主「トップランク」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、最後は猛烈なラッシュを繰り出して勝負を決めた瞬間を動画付きで公開し、米メディアも「格の違いを見せつけた」と速報している。

初防衛戦を制したテレンス・クロフォード【写真:Getty Images】

初防衛戦を制したテレンス・クロフォード【写真:Getty Images】

前日計量で“素手フック”を放った王者が右アッパーで致命傷、12回TKO勝ち

 ボクシングのWBO世界ウェルター級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を12回TKOで下し、初防衛に成功。米大手興行主「トップランク」は強烈な右アッパーで顎を打ち砕いてダウンを奪い、最後は猛烈なラッシュを繰り出して勝負を決めた瞬間を動画付きで公開し、米メディアも「格の違いを見せつけた」と速報している。

 “1日遅れの右”が強烈に炸裂した。最終12回。残り1分を切り、クロフォードが牙を剥いた。ワンツーから右アッパーで相手の顎を打ち砕く。これにベナビデスは膝から崩れ落ち、ダウンを奪った。1万3323人が熱狂に沸く会場。さらに起き上がった挑戦者に対し、容赦なく猛ラッシュを浴びせた。たまらず、レフェリーが試合を止めた。勝負が決した瞬間だった。

 前日計量のフェイスオフの際に素手で右フックを放ち、ベナビデスが避けたが、これが大きな波紋を呼んだ。戦前の乱闘騒動から火花がバチバチと散った一戦、前日は空振った右で致命傷を与え、タイトル初防衛に成功した。トップランク社の公式ツイッターは勝負が決着した瞬間を動画付きで速報。全米にセンセーショナルな幕切れを伝えている。

1万3323人が熱狂、米ESPN「地元ファンにその勇姿を見せつけた」

 米メディアも早速反応している。大手スポーツ専門局「ESPN」は「テレンス・クロフォードホセ・ベナビデスを12ラウンドTKOで下し、タイトル防衛」と見出しを打って報じた。記事では、権威ある専門誌「リング」が選定するパウンド・フォー・パウンドで2位につける王者の強さに賛辞を送っている。

「クロフォードはベナビデスに格の違いを見せつけ、猛烈な12ラウンドでのKOを奪い、初の防衛を地元のCHIヘルスセンターに集った1万3323人という観衆の前で決めた。これまでのクロフォード戦では最多の観衆であり、彼は地元ファンにその勇姿を見せつけた」と称え、速報していた。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す