スノボ界の16歳シンデレラが“長友流”トレ導入、目指すのは「4年後の金メダル」

平昌五輪の女子スノーボード・ビッグエア4位の岩渕麗楽が2022年北京五輪での金メダル獲得を目指し、プロトレーナーの木場克己氏に師事。サッカー日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートが取り組んでいる体幹トレーニングを導入したことが明らかになった。

岩渕麗楽と木場克己氏【写真:KOBAスポーツエンターテイメント提供】

岩渕麗楽と木場克己氏【写真:KOBAスポーツエンターテイメント提供】

16歳の岩渕が新たに師事するのは長友らを指導する木場氏

 平昌五輪の女子スノーボード・ビッグエア4位の岩渕麗楽が2022年北京五輪での金メダル獲得を目指し、プロトレーナーの木場克己氏に師事。サッカー日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートが取り組んでいる体幹トレーニングを導入したことが明らかになった。

「このトレーニングは続けて効果が出るものです。この合宿でトレーニングのやり方がわかりました。3日間だけですが、今までよりも自分の体に効いているのがわかる。できないメニューもあったので、刺激になりました」

 4日にスタートした八丈島合宿を打ち上げた岩渕。9月にニュージーランドのカードローナで幕を開ける新シーズンへ手応えをつかんだようだ。

 弱冠16歳、スノーボード界のシンデレラが新たに師事するのは、独自のトレーニングメソッド「KOBA式体幹トレーニング」を開発した木場氏だった。同氏は競技の枠を超えて、サッカーW杯ロシア大会で躍動した長友、競泳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)らトップアスリートから、レアル・マドリードの下部組織でプレーする「ピピ」こと中井卓大ら、育成年代の選手も指導している。

 木場氏は「トレーニングを始める前に、岩渕さんの瞬発力、可動域のデータを見ました。滑走から技に入るまで何秒なのか。そして、空中での動きもチェックして、強化するポイントを決めていきました。まずはボードの上で体の軸を安定させる脚力。角度をつけて斜面を滑るので、脇腹と臀部の筋肉の強化と、空中に飛び上がる際の瞬発力。瞬間的なジャンプからの着地という重心がブレないようなメニューも作りました」と説明した。

 特製のゴムチューブやファンクショナルマット、ウォーターバッグを活用しながら指導を受けた岩渕。「サッカーの長友選手が木場さんの下で体幹トレーニングに取り組んでいたことは知っていました。色々な人を指導してきたトレーナーさんなので、すごく信頼できる。色々な競技を知っている部分も、やっていて楽しいです」と声を弾ませた。

木場克己氏のトレーニングを受ける岩渕麗楽【写真:KOBAスポーツエンターテイメント提供】

木場克己氏のトレーニングを受ける岩渕麗楽【写真:KOBAスポーツエンターテイメント提供】

理想の選手は米国の女王「崩れない感じがかっこいい」

 あと一歩で表彰台を逃した平昌五輪。自分を進化させるために必要なのはプロトレーナーの指導だと感じていた。

「今のままではフィジカル的にも限界がある。スノーボードの練習だけでは追いつかない。着地の部分もそうですけれど、体幹を強化することで、自分の体をイメージ通りに動かしたい。イメージ通りの動きをしたいんです」

 進化の先を見据えた岩渕には目指す理想の選手がいる。

ジェイミー・アンダーソンです。あの安定感、スタイル。崩れない感じがかっこいい」

 女子スロープスタイルで2014年のソチ、18年の平昌と2大会連続で金メダルを勝ち取った米国の女王アンダーソンが見せる、盤石の着地などの安定感こそが、岩渕の理想形。「KOBA式体幹トレーニング」はその道しるべとなりそうだ。

「9月のW杯では確実に表彰台に上りたい。初戦から優勝を狙っていきます。22年の北京五輪では金メダルを取りたい」

 日々取り組むことで絶大な効果を生む体幹トレーニング。16歳の天才少女は“長友流”で4年後の五輪金メダルを目指す。(THE ANSWER編集部)

木場 克己
KOBA式体幹バランストレーニング協会代表、プロトレーナー。
小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
高校でレスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。
鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

ジャンルで探す