スポーツ

宇野昌磨、地元で2位発進! 100点超もラスト転倒に舌出し苦笑い…SP首位はチェン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)は101.51点で2位発進を決めた。ネイサン・チェン(米国)が103.32点で首位に立った。

GPファイナル男子SP、宇野は最後のジャンプ着氷後に転倒…悔しげに苦笑い

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)は101.51点で2位発進を決めた。ネイサン・チェン(米国)が103.32点で首位に立った。

 地元のリンクで、19歳が躍動した。宇野はリンクに登場すると、大喝采を浴びた。そして、SPプログラム「冬」の調べに合わせ、冒頭の4回転フリップを成功。切れのあるステップを披露し、4回転―3回転のコンビネーションも決めた。しかし、最後の3回転アクセルは右足で着氷したかに見えたが、直後にバランスを崩して転倒。演じ切ると、悔しそうに舌を出して苦笑いを浮かべた。

 それでも、スコアは101.51点。会場からどっとどよめきが起きた。

 GPシリーズ開幕前、宇野は今季のテーマを「攻める」と決めた。「攻めるという気持ちは僕にとって大切なことなんだと、去年1年間を通して改めて気付いた。だからこそ、この1年も『攻める』を通したい」。その思いを初めて地元の名古屋で迎えた今大会も貫いた。
 
 宇野は3度目のGPファイナル出場。初出場の15年バルセロナ大会、16年マルセイユ大会は3位。今季は初戦のスケートカナダで優勝し、フランス杯はインフルエンザを発症して体調不良ながら2位に入り、3年連続のファイナル進出を決めていた。

 5連覇がかかっていた羽生結弦(ANA)が右足首の故障により、出場を断念した今大会。日の丸を背負う唯一の重圧を力に変えながら、宇野は8日のフリーで“3度目の正直”となる初のファイナルの頂を狙う。

<GPファイナル男子SP結果>

1位 103.32点 ネイサン・チェン(米国)
2位 101.51点 宇野昌磨(日本)
3位 99.22点 ミハイル・コリヤダ(ロシア)
4位 89.02点 ジェイソン・ブラウン(米国)
5位 87.77点 セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
6位 86.19点 アダム・リッポン(米国)

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer