鍵山優真が首位発進、北京五輪の本番会場で全ジャンプ決め自己ベスト迫る

SP首位の鍵山優真(AP)

<フィギュアスケート:アジアンオープントロフィー>◇14日◇第1日◇中国・北京◇男子ショートプログラム(SP)

今年3月の世界選手権で初出場2位の鍵山優真(18=オリエンタルバイオ/星槎)が首位発進した。

22年北京オリンピック(五輪)テスト大会が、本番会場となる首都体育館で開幕。参加10選手のうち8番目に登場した鍵山は、今季の国際大会初戦で97・80点のハイスコアをマークした。4回転サルコー、4回転トーループ-2回転トーループの2連続、トリプルアクセル(3回転半)と全てのジャンプを決めて、国際スケート連盟(ISU)非公認記録ながら自己ベスト(世界選手権=100・96点)に迫る演技を、約4カ月後に代表となって滑ることを目指す氷の上で披露した。

フリーは翌15日の日本時間午後7時20分から行われる。

ジャンルで探す