稲森佑貴「最初の優勝経験生きた」2勝目も日本OP

18番、ウイニングパットを沈めてガッツポーズを決める稲森(撮影・丹羽敏通)

<国内男子ゴルフツアー:日本オープン>◇最終日◇18日◇千葉・紫CCすみれ(7317ヤード、パー70)◇賞金総額1億5750万円(優勝賞金3150万円)◇無観客開催

稲森佑貴(26=フリー)が2年ぶり2度目の優勝を飾った。1打差2位で出ると、同組の谷原秀人に17番で追いつき、18番で逆転。我慢の展開で2バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダー、275で競り勝った。ツアー通算2勝は、いずれも日本オープン。同じ国内メジャーを異なる年に制して初優勝、2勝目という初のケースとなった。「2」にこだわって今年2月22日に結婚した美穂夫人(25)に、2位ではなく、2年ぶり2度目の優勝報告できることを喜んだ。

かつてないほど、遠く感じた2メートルだった。18番パー5、稲森は決めれば優勝のバーディーパットを、なかなか打ち出せない。ようやく決心してパターを振ると、3秒後には右手でガッツポーズをつくった。「我慢していればチャンスが来ると。(最後は)心臓がバクバクしていた」。優勝インタビューで、心から安心した表情を見せた。

1打差を追った最終日。前半は全てパーでしのぐ。その間、首位で出た同組の谷原が1つスコアを伸ばし、2打差に開いた。それでも「最初の優勝の経験が生きた」と、2年前の経験から慌てなかった。難しいコースセッティングの日本オープンは「ラフに入れると攻め方が変わる」。5年連続フェアウエーキープ率1位の「曲がらない男」。正確なショットが生きると知っていた。丁寧にパーを拾い続け、12番でボギーをたたいても、13番で3・5メートルにつけてバーディーを奪い返し、最終18番での逆転劇につなげた。

1、2勝目ともに同じ国内メジャーを制する初のケースになるほど、日本オープンとは相性が良い。今大会は8度目の出場で8623万8666円稼ぎ、生涯獲得賞金の31・27%に達した。

2月22日に同郷鹿児島の中学の後輩の美穂夫人と結婚した。日付は鹿児島弁で「運がいい」「幸せ」などを「ふがいい」といい、その語呂合わせ。「調子が悪くても味方でいてくれた」と、不振の昨季も支えてくれた美穂さんの存在に感謝。「勝ったよと報告したい」。2位ではなく2年ぶり2度目。より多くの「2」が付く優勝報告を待ち遠しそうにしていた。【高田文太】

稲森佑貴(いなもり・ゆうき)1994年(平6)10月2日、鹿児島県生まれ。日本シニアオープンにも出場した父兼隆さんの指導で、6歳からゴルフを開始。11年プロテスト合格、14年に初シード。19年全英オープンでメジャー初出場。家族は美穂夫人。169センチ、68キロ。

ジャンルで探す