6都府県に緊急事態宣言 5月31日まで

安藤美姫 誹謗中傷で引きこもり…運命を変えた「1人の女性」

取材に応じる安藤美姫

【ルックバック あの出来事を再検証(4)中編】フィギュアスケートの世界選手権を2度制覇した安藤美姫(33)が、初めて苦悩の胸中を語った。華麗な演技で注目を集めるようになった一方、プライベートでは世間から好奇の目を向けられるとともに激しいバッシングを受け、一時は完全にふさぎ込んだ。そんな中で運命を変えてくれた女性、同じ時代を生きたバンクーバー五輪銀メダリスト浅田真央(30)の存在だったという。

 ――現役時代と変わらないですね

 安藤 いえ、見た目は変わっていますよ。もう若くないですから。でも、現役のときより笑顔は増えたかな。当時はメディアの方にバリアを張っていたので。会見中に嫌な質問をされて泣いたこともあるし、高校の正門の前にパパラッチの方がいたり…。アスリートとして扱われていないってことは18歳で気づいていました。それからメディア関連の方は一切、信用しなくなりましたね。

 ――メディアの一員として耳が痛い

 安藤 今回、東スポって聞いてちょっと焦りましたけど(笑い)。でも、今は理解していますよ。質問するのも写真を撮るのもお仕事。それでフィギュアが注目されたのも事実なので。ただ自分の大切なスケートに関しては絶対に譲れない部分がある。そこさえ守れれば、多少のことは許容できるようになりました。

 ――つらかった時期も

 安藤 トリノ五輪シーズン(2005―06年)ですね。誹謗中傷が怖くて完全に引きこもり状態。最近SNSの中傷で命を落とした選手もいましたが、私の時代は手紙でした。ほとんどが中傷。正直、自殺が頭をよぎったこともあります。だから早く辞めたかった。自分がスケートをやっているから見世物になる。もうトリノで引退しようって思っていました。

 ――なぜ続けたのか

 安藤 トリノのフリーが終わった瞬間、これで辞められる!って解放的になり、勝手に会場の外に出たんです。家族に会いたかったし、もう関係ないって。そしたら一人の女性に出会って「大舞台で4回転(ジャンプ)に挑戦してくれてありがとう。日本から来て良かった。勇気をもらったわ」って言われて…。衝撃でした。後光が差して神様に見えました。幻のようでしたね。

 ――もし、その女性に出会わなかったら

 安藤 引退していたでしょうね。あの言葉でスケートをやってきた意味があると思えたし、応援してくれる人がいるなら、たった一人のためにでもやろうって。だから最低でも4年、バンクーバー五輪(10年)までやることにしました。その時代に浅田さんがいたのも大きかったですね。

 そう赤裸々に語ってくれた安藤。現在は大きな夢に向かって走っている真っ最中だ。「自分のアイスリンクを建てたいです! そこをホームにしてクラブをつくり、子供たちや選手を育成する。今、日本のトップ選手はみんな海外で練習していますが、それを逆にしたい。世界のトップ選手が日本で刺激を受け、海外に持って帰るんです」。

 施設名として「ミキティ・リンク」を提案すると「いや、たぶんそこはスポンサーさんの名前が入るだろうと…。すみません、現実的で」とニッコリ。その笑顔は希望で満ちあふれていた。

☆あんどう・みき 1987年12月18日生まれ。愛知・名古屋市出身。8歳でスケートを始め、ジュニア時代に出場した2001―02年シーズンの全日本選手権で3位となり、注目を集める。06―07年シーズンの世界選手権で日本女子4人目となる優勝を果たすと、10―11年の世界選手権も制した。五輪は06年トリノ大会で15位、10年バンクーバー大会は5位。13年12月に現役引退を表明し、現在はタレント、プロスケーター、振付師として活動中。162センチ。

ジャンルで探す