緊急事態宣言 沖縄を除き20日で解除

【カーリング】藤沢五月がスカートスタイルの新ユニホームを披露「パンツが嫌だった」

新ユニホームで会見した藤沢五月(左から2人目、(C)JCA-IDE)

 オシャレでも負けません! カーリングの日本混合ダブルス選手権初日(23日、青森・みちぎんドリームスタジアム)で2年ぶり3度目の優勝を目指すロコ・ソラーレの藤沢五月(29)、SC軽井沢クラブの山口剛史(36)組が新ユニホームで日本一に挑む。

 一般的にカーリングのユニホームはパンツスタイルが多いが、今大会の藤沢はスカートスタイルだという。その理由について「シンプルに言うと、私がパンツが嫌だった」と苦笑いを浮かべながら「昔は女性のカーリング選手がよくスカートをはいていた写真もある」と説明した。

 上半身も今どき珍しいセーターを着用し、背中には山口と色違いのフォントで名前が記されている。藤沢は「オシャレに作っていただいたので、ユニホームに負けないくらいのプレーを見せたい」と決意を述べた。

 藤沢、山口組は今大会で優勝を逃すと、北京五輪出場の可能性が消滅するだけに、何としても王者を奪還したいところだ。

ジャンルで探す