緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

【初場所】骨折・勢の初休場に師匠・伊勢ノ海親方「悔しいと思う」

14日目に寄り切りで大翔鵬に敗れた勢

 大相撲初場所千秋楽(24日、東京・両国国技館)、十両勢(34=伊勢ノ海)が左手を骨折して2005年春場所の初土俵以来、初めて休場したことを受け、師匠の伊勢ノ海親方(55=元幕内北勝鬨)が電話取材に応じた。

 伊勢ノ海親方によれば、勢は前日の西幕下4枚目大翔鵬(26=追手風)戦で「(左手親指の)付け根あたり」を負傷し、念のためレントゲン検査を受けた結果、骨折していることが判明。その後「診断書を持ってきて休場したいということだったので、休場させた」という。

 これまで連続出場1090回と無休で土俵に上がっていただけに「本人は悔しいと思う」。

 一方、今場所は6勝9敗に終わり、春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)では幕下に落ちる可能性がある。今後については「まだ話はしていない。これから何らかの形で話はするだろう。(相撲を)取るのは本人なので、本人の意向が第一だと思う」と語った。

ジャンルで探す