テコンドー金原会長 何も違反見つからず“潔白”証明へ

金原昇会長

 全日本テコンドー協会が強化指定選手と対立している問題で、協会運営の問題点などを調査する外部有識者による検証委員会は9日、都内で金原昇会長(65)のヒアリングを行った。

 ヒアリングでは、一部で報道されている反社会的勢力との関わりについての事実確認などが実施されたといい、取材に応じた金原会長は「私は反社ではないので、できる限りの資料を提出して、ご理解をいただいた」と説明。実際に、自身が経営する会社の帳簿や決算書、銀行への借り入れ履歴などを提出したという。 

 反社とのつながりについては「どうやって潔白を証明するんですか? 答えに困るようなことは言わないで」と苦笑いを浮かべた。

 その後も金原節は止まらず、ある社を名指ししながら報道陣全体へ「楽しく書くのか、興味持って書くのか、事実を書くのか。最近の報道の形が分からない。私は全部話すので」と不満を口にした。

 さらに「一部分だけを大きく報道するでしょ。一番大事なのは選手の権益を守り、不利益にならないように誠意を持って考えること。今回の問題って何だろうね。何が問題なの。わざわざイメージを悪くしなくても。今は選手と違う問題をやっているでしょ」と語気を強めた。

 最後に「全てが選手でないと。ネタにするのがいいことなのか、悪いことなのか。我々は選手のことを一生懸命考えますよ」と選手たちへの熱い思いを訴えた。

 選手ファーストへの思いははっきり述べたが、反社との関係性については、どうも煮え切らない発言が続いた金原会長。それでも、検証委員会の境田正樹弁護士(55)は「法律違反も、スポーツ庁の定めるガバナンスコードへの違反もない」と話したことから、現時点で金原会長の言い分通り、反社ではない“潔白”であることが証明された形となった。

 今後は引き続き金原会長や理事らを対象にヒアリングを実施。11月中には新理事を総会で決定することを目指している。

ジャンルで探す