日本代表ジョセフHCが大雨の中で練習を決行したワケ

 ラグビー日本代表は12日、8強入りをかけた1次リーグ最終戦スコットランド戦(13日、日産)に向け都内で最終調整を行った。

 台風19号による大雨の影響でロッカールームから外に向かう通路は水であふれ、選手がヒザまでつかってグラウンドに出るほど。公開された冒頭部分ではWTB松島幸太朗(26=サントリー)らが水しぶきをあげながら体を動かした。ギリギリまでピッチ上で練習を行うか決めかねていたが、強行したのには理由がある。

 ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)は「いろいろな記事を読んでいるが、日本の成功を批判するものがある」と、日本が試合中止による8強入りを願っているような主にスコットランド側からの報道に強い不快感を示している。あくまでスコットランドに勝って決めたい、との強い意思を表すためだった。

 日本中が注目する大一番で勝つ準備は整った。ジョセフHCは「月曜(14日)の朝に起きたときトップ8にふさわしいのか、そうでないのかの結果が出ている」と自信をにじませた。

ジャンルで探す