スポーツ

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がパラリンピックのスペシャルサポーター就任

稲垣吾郎

 日本財団パラリンピックサポートセンターは15日、公式サイトで、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)がスペシャルサポーターに就任したと発表した。

 3人は今後、パラスポーツを盛り上げていくための様々な活動を行っていくことになり、まずは来年3月4日に駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催予定の「パラ駅伝 in Tokyo 2018」の応援に駆けつけるという。

 また、香取はパラサポのキーメッセージである「i enjoy !」をテーマに描いた記念壁画を、実物大のレゴブロックを使って再現するプロジェクトを開始。「パラ駅伝 in Tokyo 2018」でお披露目する予定だ。

 3人はもともとSMAPとして、パラリンピックサポートセンターの公式応援サポーターを務めていたが、グループ解散に伴い辞退しており、今回は復帰という形になった。3人のコメントは以下の通り。

 稲垣「パラサポのスペシャルサポーターに就任させていただくことになり、とても光栄に思います。パラスポーツを通して皆さんに感動を伝え、笑顔になっていただけるよう、僕たちもできることを模索しながら、いろんなことに挑戦していきたいです。よろしくお願いします!」

 草なぎ「パラサポのスペシャルサポーターに就任させてもらうことができて大変うれしく思います。僕らもいろいろと勉強しながらパラスポーツをさらにたくさんの人に知ってもらえるよう、頑張っていきたいと思います。また、選手の皆さんのパワーを近くで感じながら一生懸命応援していきたいと思います」

 香取「約2年前にパラサポのオフィスに壁画を描かせていただきました。今回こうしてパラサポのスペシャルサポーターを務めることができてとてもうれしいです! スペシャルサポーターということで、パラスポーツにもっと関われることもとても楽しみでうれしいです。選手やスタッフ、応援してくれるファンのみなさんと一緒に思いっきり楽しみたいです!」