「サッカー日本代表がミャンマーを飲み込んだ」圧巻の大勝劇も課題あり?ベトナムメディアが指摘

【写真:Getty Images】

 FIFAワールドカップ2026アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選、サッカー日本代表対ミャンマー代表の試合が16日に行われ、日本代表が5-0の勝利をおさめた。この結果を受けて、ベトナムメディア『tinthethao』が日本代表を称賛しつつ、指摘もしている。

 日本代表を率いる森保一監督は、上田綺世南野拓実堂安律などを先発起用。11分には、南野の浮き球のパスに上田が頭で合わせて先制点を決める。28分には鎌田大地が追加点を決め、前半アディショナルタイムには再び上田が得点した。さらに、50分にも上田がゴールを決めてハットトリックを達成。86分には堂安も得点し、日本代表は5-0の勝利をおさめている。

 同メディアはタイトルに「久保建英遠藤航が控えのまま、日本がミャンマーを飲み込んだ」とつけ、「5-0で勝利したのは素晴らしい結果だが、日本のストライカーたちがもっと良いチャンスをものにしていたら、もっと良かったかもしれない。90分間でボール支配率は72%、枠内シュート数は15本だった。ミャンマー戦の圧勝は、森保監督とそのチームのレベルの高さを示している」と報じている。

<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/11/16/post520775/" target="_blank" rel="noopener">英国人が見たサッカー日本代表対ミャンマー戦「目標は勝つことより…」「佐野海舟は面白い」</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/japan-schedule-samurai-blue/" target="_blank" rel="noopener">日本代表、シリア代表戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/11/16/post520739/" target="_blank" rel="noopener">サッカー日本代表、文句なしのMVPは?唯一低評価は?【ミャンマー戦どこよりも速い採点】</a>

ジャンルで探す