「味方に圧倒された」三笘薫、フル出場で評価は?ブライトンがEL2連勝も負傷者続出の緊急事態

【写真:Getty Images】

 UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)グループB第4節、アヤックス対ブライトンの試合が現地時間9日に行われ、ブライトンが2-0の勝利をおさめた。この試合で先発出場を果たしたブライトンの日本代表MF三笘薫に対し、英メディア『サセックス・ワールド』が一定の評価を下している。

 ブライトンを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督は、三笘やジョアン・ペドロアンス・ファティなどを先発起用。14分には、シモン・アディングラからパスを受けたファティが右足で先制点を決める。反対に53分には、ファティのアシストからアディングラが追加点を決めた。ブライトンはジェイムズ・ミルナールイス・ダンクペルビス・エストゥピニャンが負傷するアクシデントに見舞われながらも、2-0の勝利をおさめている。

 同メディアは1ゴール1アシストのファティとアディングラ、守備で貢献したヤン・ポール・ファン・ヘッケに10段階中「9.0」のチーム最高評価を下した。フル出場を果たした三笘には10段階中「7.0」の採点を与え、寸評では「トップ下のファティ、ペドロ、アディングラには圧倒され、後半は自らチャンスを作るのではなく、エヴァン・ファーガソンにボールを渡すべきだった」と報じている。

<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/08/09/post510144/" target="_blank" rel="noopener">三笘薫は? ブライトン年俸ランキング1~20位</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/07/17/post508164/" target="_blank" rel="noopener">「Jリーグ→海外」最高額は? 日本人移籍金ランキング1~10位。古巣に大金をもたらした選手は?</a>

ジャンルで探す