サッカー日本代表候補を100人選んでみた。W杯予選&アジア杯でチャンスがあるのは…

【写真:Getty Images】

11月のFIFAワールドカップアジア2次予選に臨むサッカー日本代表メンバーが8日に発表される。3次予選も含めると1年半の長丁場となり、不測の事態も起こり得るだろう。そこで、今回は日本代表に選ばれうるラージグループ120人をリストアップして、ポジションごとに紹介する。※長期的視点のため、長期離脱中の選手も含める。2023年に招集されていない選手を「※未招集」としている。

●ゴールキーパー

大迫敬介(サンフレッチェ広島)
鈴木彩艶(シントトロイデン/ベルギー)
シュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)
中村航輔(ポルティモネンセ/ポルトガル)
小島亨介(アルビレックス新潟)
前川黛也(ヴィッセル神戸)
谷晃生(デンデル/ベルギー)
高丘陽平(バンクーバー・ホワイトキャップス/MLS)※未招集
小久保玲央ブライアン(ベンフィカB/オランダ)※未招集
長田澪(フォレンダム/オランダ)※未招集
野澤大志ブランドン(FC東京)※未招集
佐々木雅士(柏レイソル)※未招集

<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/11/05/post519417/" target="_blank" rel="noopener">日本代表候補を100人選んでみた 全選手紹介</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/11/05/post519417/2/" target="_blank" rel="noopener">日本代表候補を100人選んでみた【DF】</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/11/05/post519417/4/" target="_blank" rel="noopener">日本代表候補を100人選んでみた【MF】</a>

 9月、10月の起用法を見て行く限り、しばらくはサンフレッチェ広島の正GK大迫敬介を中心に起用していくことが予想される。3月に招集された谷晃生は2021年の東京五輪で大迫を差し置いて正GKを務めた実力者だが、それ以降は招集されていない。2023シーズンはガンバ大阪で定位置を確保できず。今夏にベルギー2部デンデルに移籍し、今月1日の国内カップ戦で新天地デビューを果たしたばかりだ。

 中村航輔は9月のトルコ代表戦で負傷し、その後は所属クラブでベンチ外が続く。シュミット・ダニエルもシントトロイデンで鈴木彩艶にポジションを奪われる形となり、10月は日本代表にも招集されなかった。国内組では下田崇GKコーチが定期的に視察をしているヴィッセル神戸の前川黛也とアルビレックス新潟の小島亨介がラージグループに入るとみられる。

 ラージグループという視点で見ると、MLSのバンクーバーで活躍する高丘陽平は入ってくるだろう。さらに、U-22世代からは鈴木に加えて、ベンフィカB(ポルトガル2部)でプレーする小久保玲央ブライアンも候補になるはずだ。ウルトラCとしては長田澪(バックハウス・ミオ)がいる。オランダ1部フォレンダムでプレーしており、現時点ではU-21ドイツ代表を選択しているが、日本代表を選ぶ権利を有している。

●センターバック
富安健洋(アーセナル/イングランド)
板倉滉(ボルシア・メンヒェングラートバッハ/ドイツ)
町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)
谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)
角田涼太朗(横浜F・マリノス)
瀬古歩夢(グラスホッパー/スイス)
藤井陽也(名古屋グランパス)
渡辺剛(ヘント/ベルギー)※未招集
小林友希(セルティック/スコットランド)※未招集
荒木隼人(サンフレッチェ広島)※未招集
岡村大八(北海道コンサドーレ札幌)※未招集
山川哲史(ヴィッセル神戸)※未招集
高井幸大(川崎フロンターレ)※未招集
チェイス・アンリ(シュトゥットガルト/ドイツ)※未招集
西尾隆矢(セレッソ大阪)※未招集

 冨安健洋が9月に日本代表復帰を果たしたことは大きなニュースで、板倉滉とのコンビは日本代表史上最高クラスと言ってもいいだろう。ただ、先月下旬に板倉が足首の手術を受け、冨安も怪我が多いこともあり、選手層の厚さが必要なことに変わりはない。ベルギーリーグ、そして欧州カップ戦といったハイレベルな舞台で揉まれた町田浩樹がここにきて評価を上げている。谷口彰悟も現時点では4番手だが、年齢的には下の世代からの突き上げが欲しいところだ。

 スイスリーグで活躍する瀬古歩夢も彼らに続く位置につけている。ベルギーの強豪ヘンクで定位置を確保した渡辺剛も候補に入るはずだ。3月に初招集を受けた横浜F・マリノスの角田涼太朗は怪我に苦しんでおり、しばらくは代表から遠ざかりそう。3月に追加招集された名古屋グランパスの藤井陽也、サンフレッチェ広島の荒木隼人、北海道コンサドーレ札幌の岡村大八、ヴィッセル神戸の山川哲史あたりはラージグループに入っていてもおかしくないだろう。将来的に観点から見ると、U-22日本代表のチェイス・アンリ、高井幸大も候補には入るはずだ。

●サイドバック
菅原由勢(AZ/オランダ)
半田陸(ガンバ大阪)
バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
伊藤洋輝(シュトゥットガルト/ドイツ)
橋岡大樹(シントトロイデン/ベルギー)
森下龍矢(名古屋グランパス)
毎熊晟矢(セレッソ大阪)
中山雄太(ハダースフィールド/イングランド)
常本佳吾(セルヴェット/スイス)※未招集
永戸勝也(横浜F・マリノス)※未招集
田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)※未招集
明本考浩(浦和レッズ)※未招集
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)※未招集
初瀬亮(ヴィッセル神戸)※未招集
小池龍太(横浜F・マリノス)※未招集

 右サイドバックは菅原由勢が所属クラブでの実績で頭一つ抜きんでているが、9月、10月の日本代表活動で毎熊晟矢がアピールに成功した。さらに、左は伊藤洋輝に加えて、大怪我から復帰した中山雄太が加わり、現時点では両サイドバックに2名ずつの有力候補が揃ったことになる。

 当落線上にいるのは、橋岡大樹や森下龍矢あたりだろうか。スイス1部のセルヴェットでプレーする常本佳吾もここに入ってくる可能性は十分。3月に初招集された半田陸は7月に負った負傷から復帰したばかりで、来年以降は再び候補に加わるはずだ。

 Jリーグでは横浜F・マリノスの永戸勝也が素晴らしい活躍を見せていたが、全治約5か月とされるハムストリングの肉離れで10月に戦線離脱。田中駿汰は北海道コンサドーレ札幌で3バックの右を務めているが、4バックでは右サイドバックの候補になり得る。左サイドの候補として浦和レッズの明本考浩が入っていてもおかしくないだろう。ラージグループと考えると、杉岡大暉や初瀬亮も一皮むければこの争いに挑むチャンスが出てくるかもしれない。

●ボランチ/アンカー/インサイドハーフ
遠藤航(リバプール/イングランド)
守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)
田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
川村拓夢(サンフレッチェ広島)
川﨑颯太(京都サンガF.C.)
伊藤敦樹(浦和レッズ)
川辺駿(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
藤田譲瑠チマ(シントトロイデン/ベルギー)※未招集
田中聡(湘南ベルマーレ)※未招集
松木玖生(FC東京)※未招集
福井太智(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)※未招集
渡辺皓太(横浜F・マリノス)※未招集
佐野海舟(鹿島アントラーズ)※未招集
樋口雄太(鹿島アントラーズ)※未招集
河原創(サガン鳥栖)※未招集
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)※未招集
橋本拳人(ウエスカ/スペイン)※未招集
岩田智輝(セルティック/スコットランド)※未招集
三竿健斗(OHルーヴェン/ベルギー)※未招集
安部柊斗(モレンベーク/ベルギー)※未招集

 このポジションは日本代表に定着するハードルが非常に高い。遠藤航と守田英正が飛び抜けた存在で、田中碧が2人に続く。Jリーグからも毎回招集されているが、U-22世代にも有力な候補者がひしめく。

 今年、Jリーグから招集されたのは川村拓夢、川﨑颯太、伊藤敦樹の3人。ただ、川村は体調不良により辞退となり、川﨑はプレータイムを与えられず。伊藤は9月、10月と連続で招集されており、3人に次ぐ存在とみられるが、代表定着とは言い切れない立場だ。

 パリ五輪世代(U-22)世代には川﨑に加え、藤田譲瑠チマや福井太智といった海外組も候補に入ってくるはずだ。田中聡や松木玖生はJリーグでの実績を見ればこの世代では頭一つ抜けているだけに、A代表入りのチャンスが近い将来にあっても不思議ではない。橋本拳人や岩田智輝など海外組も多くいるが、日本代表に選ばれるためには、もう1ランク上の活躍が必要になってくる。

●トップ下/ウイング
旗手怜央(セルティック/スコットランド)
伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
鎌田大地(ラツィオ/イタリア)
三笘薫(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン/イングランド)
堂安律(フライブルク/ドイツ)
中村敬斗(スタッド・ランス/フランス)
久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
相馬勇紀(カーザ・ピア/ポルトガル)
南野拓実(ASモナコ/フランス)
奥抜侃志(ニュルンベルク/ドイツ)
西村拓真(横浜F・マリノス)
伊藤涼太郎(シントトロイデン/ベルギー)※未招集
佐野航大(NECナイメヘン/オランダ)※未招集
鈴木唯人(ブレンビー/デンマーク)※未招集
斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)※未招集
三戸瞬介(アルビレックス新潟)※未招集
満田誠(サンフレッチェ広島)※未招集
大久保智明(浦和レッズ)※未招集
森島司(サンフレッチェ広島)※未招集
アペルカンプ真大(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)※未招集
藤本寛也(ジル・ヴィセンテ/ポルトガル)※未招集
金子拓郎(ディナモ・ザグレブ/クロアチア)※未招集
三好康児(バーミンガム・シティ/イングランド)※未招集
坂元達裕(コベントリー・シティ/イングランド)※未招集
上月壮一郎(シャルケ/ドイツ)※未招集
本間至恩(クラブ・ブルージュ/ベルギー)※未招集

 久保建英や三笘薫、伊東純也といった欧州5大リーグの上位クラブでチームの軸として活躍している選手が並ぶ2列目は、史上最高レベルの激戦区と言えるだろう。その3人に加え、中盤でもプレーできる鎌田大地や堂安律、旗手怜央も加えるとそれだけで枠が埋まる。中村敬斗も日本代表で結果を残しており、南野拓実もモナコでの活躍が評価され、10月に代表復帰を果たしたところだ。

 ここに割って入るのは簡単ではなく、圧倒的な数字を残すことができなければ日本代表でプレーするチャンスすら与えられない。10月は三笘に代わる追加招集という形で奥抜侃志が初めて日本代表の活動に参加したが、体調不良の影響もあり出場することはできなかった。ワールドカップメンバーの相馬勇紀や南野も結果を残し続けないと代表に参加する資格すら与えられない。

 シントトロイデンに移籍した伊藤涼太郎や国内組では怪我から復帰した満田誠らも控える。さらに下の世代には三戸瞬介や鈴木唯人といった将来性のあるアタッカーもいるが、乗り越えなければいけない壁は果てしなく高い。

●センターフォワード
前田大然(セルティック/スコットランド)
古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
町野修斗(ホルシュタイン・キール/ドイツ)
上田綺世(フェイエノールト/オランダ)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
細谷真大(柏レイソル)※未招集
小田裕太郎(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド)※未招集
小川航基(NECナイメヘン/オランダ)※未招集
林大地(ニュルンベルク/ドイツ)※未招集
山岸祐也(アビスパ福岡)※未招集
大橋祐紀(湘南ベルマーレ)※未招集
宮代大聖(川崎フロンターレ)※未招集

 1トップは古橋亨梧、上田綺世、浅野拓磨の3人が現時点ではメンバーに定着しつつあるが、ゴールという明確な指標があるポジションであるが故、その座を狙える候補の数も少なくない。ワールドカップメンバーの前田大然と町野修斗はもちろん、所属クラブでの活躍次第でチャンスが回ってくる可能性はある。

 加えて、U-22世代のエース細谷真大も十分にチャンスを与えられるだけの実力をJリーグで見せている。海外組では町野に加えて、小川航基、林大地、小田裕太郎がラージグループに入るだろうが、現時点でこの4人は常連組3人に比べて結果が足りていない。

 Jリーグに目を向けると、山岸祐也と大橋祐紀がともに結果を残しており、将来性という意味では宮代大聖もここに入れていいだろう。細谷も含めた4人に共通するのはプレーの選択肢の広さで、ポストプレーや空中戦の競り合い、裏抜けなど、様々な局面で貢献しながらフィニッシュワークに絡むことができる点は、現在の日本代表が求める1トップの役割とマッチする部分でもある。

<a href="https://www.footballchannel.jp/japan-schedule-samurai-blue/" target="_blank" rel="noopener">日本代表11月のTV放送・配信予定・スケジュールは?</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/10/17/post517493/" target="_blank" rel="noopener">英国人が見たサッカー日本代表対チュニジア戦「久保建英のセンスは…」「伊東純也は本当に…」</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/10/15/post517293/" target="_blank" rel="noopener">なぜ? サッカー日本代表に呼ばれない実力者5人。所属クラブで結果を残しているのに…</a>

ジャンルで探す