「新たな長期契約に合意」絶好調の三笘薫、躍進ブライトンと大型契約締結?移籍金高騰は不可避に

【写真:Getty Images】

 UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)グループB第2節のマルセイユ戦でEL初アシストを記録したブライトンの日本代表MF三笘薫が、同クラブとの契約延長を目指しているようだ。そして、新たな長期契約に合意したと、英メディア『ロンドン・ワールド』が報じている。

 三笘は昨季、得意のドリブルを駆使し、公式戦41試合で10得点8アシストを記録した。その勢いは止まらず、今季公式戦10試合に出場し3得点4アシストを記録する活躍を見せている。ビッグクラブからも注目を浴び、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが関心を示していた。2025年6月にブライトンとの契約が終了するため、来夏の移籍市場では、さらに興味を示すクラブが現れる可能性もある。

 しかし、同メディアによると、三笘がブライトンとの契約延長を決断したという。ブライトンにとっても、安い移籍金で同選手が流出することを防ぐため、契約更新は最重要課題だ。同メディアはタイトルに「ブライトンのスター三笘薫がクラブと新たな長期契約に合意」とつけ、週給8万ポンド(約1450万円)の5年契約で交渉が成立し、24時間以内に発表される見通しであると伝えている。実際に大型契約締結に至った場合、三笘の移籍金が高騰することになりそうだ。

<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/08/09/post510144/" target="_blank" rel="noopener">三笘薫は? ブライトン年俸ランキング1~20位</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/07/17/post508164/" target="_blank" rel="noopener">「Jリーグ→海外」最高額は? 日本人移籍金ランキング1~10位。古巣に大金をもたらした選手は?</a>

ジャンルで探す