「サムライブルーは追越車線にいる」低迷ドイツに母国紙が危機感。サッカー日本代表を模範に?

【写真: Getty Images】

 ドイツ代表は9日に日本代表と、12日にフランス代表と、それぞれ国際親善試合を行う。日本代表にとっては、格上相手に実力を試すチャンスと考えられているが、ドイツ紙『シュトゥットガルター・ナハリヒテン』は、むしろドイツ代表の方が日本代表などから学ぶことがあると報じた。

 ドイツ代表はカタールワールドカップで日本代表と対戦し、先制しながらも堂安律浅野拓磨にゴールを決められ、1-2の逆転負けを喫している。出鼻を挫かれたドイツ代表は、最終的に2大会連続でグループリーグ敗退を喫した。その悪循環は今も続いており、最近の5試合で1勝1分3敗の成績を残している。日本代表との対戦に楽観的な見方はなく、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンなどは危機感を露わにする発言をしていた。

 同紙はタイトルに「遠藤航らのサムライブルーは追越車線にいる」とつけ、低迷するドイツ代表に危機感を募らせている。そして「日本は偉大な選手たちのお手本」と報じ、ドイツとの違いとして、日本の育成システムはクラブよりも高校や大学に向けられており、創造的な攻撃陣を多数輩出していると結論づけた。これらを踏まえ「ドイツ代表は今週、元シュトゥットガルトの遠藤を擁する日本代表と対戦するが、もはや確実に勝利するとは言えない。むしろ、ドイツサッカーは対戦相手からも学ぶ必要があることを示している」と伝え、謙虚な姿勢を見せている。

<a href="https://www.footballchannel.jp/japan-schedule-samurai-blue" target="_blank" rel="noopener">日本代表、ドイツ戦のキックオフ時間は? TV放送、配信予定、スケジュール</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/06/18/post505898/" target="_blank" rel="noopener">なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集されない実力者5人</a>
<a href="https://www.footballchannel.jp/2023/06/20/post506243/" target="_blank" rel="noopener">英国人が見たサッカー日本代表対ペルー代表「三笘薫は…」「古橋亨梧はいつも…」</a>

ジャンルで探す