プレミアリーグ、さらに2人が新型コロナ陽性と発表。選手・スタッフ996人が検査

【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグは、リーグ全体に実施した2度目の新型コロナウイルス検査により、新たに2人から陽性反応が検出されたと23日に発表した。

 今回の検査は19日から21日にかけて、全クラブの選手およびスタッフ合計996人を対象として実施。その結果、2クラブの2人が陽性となった。感染が確認された個人名やクラブ名は伏せられている。

 中断されているリーグ戦の再開を目指しているプレミアリーグでは17日から18日にかけて1度目の検査を行っていた。その際は748人が検査を受けて3クラブの6人が陽性。前回は1クラブあたりの検査数を最大40件としていたが、今回は50件に拡大したとのことだ。

 前回の検査で陽性反応が検出された6人のうち4人は、ワトフォードのDFエイドリアン・マリアッパとスタッフ2人、およびバーンリーのアシスタントマネージャーであることがクラブや本人から明らかにされていた。

ジャンルで探す