バルサ、レアル、マンUなどが関心のオランダ代表MF。アヤックスは適正価格なら放出へ

【写真:Getty Images】

 アヤックスのMFドニー・ファン・デ・ベークは、この夏に移籍する可能性がある。アヤックスのエドウィン・ファン・デル・サールCEOのコメントを英『スカイ・スポーツ』などが伝えた。

 23歳のファン・デ・ベークは、この夏の移籍が噂されているオランダ代表MF。マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、レアル・マドリード、トッテナムといったビッグクラブからの関心が報じられている。

 ファン・デル・サールCEOは、主力の放出を認める構えだが、それは適正価格でのみであると主張。次のように話した。

「去年、我々は(アンドレ・)オナナや(ニコラス・)タグリアフィコ、そしてファン・デ・ベークと、次のシーズンもとどまることで口頭合意していた。お互いをサポートし、彼らのキャリアの次のステップを見つけたいと思う。何も変わっていない。50%の割引はあり得ない。それを忘れてもらってはいけないね」

 新型コロナウイルスの影響により、次の移籍市場はこれまでと異なるものになると予想されている。

バイエルン・ミュンヘンなどのビッグクラブは、次の移籍市場で値段が下がると言っている。ただ、彼らはあくまで買う側だ。言うのは簡単だろう。1億5000万~2億ユーロの移籍は当然ないだろう。ただ、アヤックスの選手はまだ十分に価値を持っていると思う」

ジャンルで探す