スペイン代表、背番号10の系譜。呪われている!? レジェス、セスク…W杯で主役になり損ねた男たち

スペイン代表の背番号10は呪われているのだろうか。他国では英雄的な番号であっても、この国で「10」のユニフォームをまとった選手たちはワールドカップの大舞台でさしたる存在感を残せていない。初優勝を果たした2010年南アフリカワールドカップでさえも。そんな悲しい運命を背負った男たちの系譜を振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

【写真:Getty Images】

日韓ワールドカップ

 スペイン代表の背番号10は呪われているのだろうか。他国では英雄的な番号であっても、この国で「10」のユニフォームをまとった選手たちはワールドカップの大舞台でさしたる存在感を残せていない。初優勝を果たした2010年南アフリカワールドカップでさえも。そんな悲しい運命を背負った男たちの系譜を振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

-----------

背番号10:ディエゴ・トリスタン(デポルティボ・ラ・コルーニャ)
生年月日:1976年1月5日(当時26歳)
個人成績:2試合出場/0得点0アシスト

監督:ホセ・アントニオ・カマーチョ
戦績:ベスト8

「スーペル・デポル」と呼ばれ、黄金期真っ只中のデポルティボ・ラ・コルーニャで中心選手だったディエゴ・トリスタンは、2001年にスペイン代表デビューを飾った。そして2002年日韓ワールドカップで背番号10を託される。

 欧州予選のグループを首位で通過し、本大会でも躍進が期待されていたスペイン代表はグループリーグ初戦、第2戦と連勝を飾った。その中でトリスタンも2戦連続の先発出場を果たす。しかし、パラグアイ代表との第2戦で負傷し、前半のみで交代。以降は復帰できないまま大会を終えた。

 スペイン代表はベスト8まで勝ち進むも、準々決勝で韓国代表と対戦し、数々の疑惑の判定にも阻まれPK戦の末に敗退となった。トリスタンはこの大会後から度重なる負傷に苦しめられ、デポルティボでもロイ・マカーイとのポジション争いにも敗れてしまう。

 日韓ワールドカップ直前の2001/02シーズンはリーグ戦で21得点を記録して得点王に輝き、公式戦通算で32得点を奪ったが、翌シーズンからは成績も徐々に下降線を描いていく。プロ選手としてのキャリアも下り坂を転げ落ちていき、スペイン代表での最後の試合はワールドカップから約1年後の2003年9月だった。

●グループリーグ初戦・スロベニア戦の先発メンバー

▽GK
イケル・カシージャス

▽DF
カルレス・プジョール
ミゲル・アンヘル・ナダル
フェルナンド・イエロ
ファンフラン

▽MF
ルイス・エンリケ
ファン・カルロス・バレロン
ルーベン・バラハ
ハビエル・デ・ペドロ

▽FW
ラウール・ゴンザレス
ディエゴ・トリスタン

ドイツワールドカップ

背番号10:ホセ・アントニオ・レジェス(アーセナル)
生年月日:1983年9月1日(当時22歳)
個人成績:1試合出場/0得点0アシスト

監督:ルイス・アラゴネス
戦績:ベスト16

 ドイツワールドカップの欧州予選で7試合に出場し、迎えた本大会では自ら志願して背番号10を着けた。しかし、ルイス・アラゴネス監督からは主力と見なされていたわけではなく、ピッチに立ったのは2連勝で消化試合になってしまったグループリーグ最終戦のサウジアラビア戦だけだった。

 若くして才能を高く評価され、アーセナルに引き抜かれるなど注目されたが、スペイン代表には定着しきれず。最後の招集はドイツワールドカップ後の2006年9月に行われたEURO2008予選で、出番なし。前月に45分間だけ出場した国際親善試合のアイスランド戦がレジェスにとってスペイン代表でのラストゲームだった。

 早熟の天才はドイツワールドカップ直前にチャンピオンズリーグ決勝の舞台にも立ったが、真のワールドクラスにまで上り詰めることはできなかった。スペイン代表ではEURO2008に挑む過程で台頭したサンティ・カソルラやダビド・シルバの牙城を崩せず、クラブレベルでもレアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、ベンフィカ、セビージャなどを転々とするも、絶対的な存在になれないまま。

 2018年夏からは中国2部の新疆天山雪豹で短期間プレーしたのち、2018/19シーズン後半戦はスペイン2部のエストレマドゥーラに所属した。その直後のオフ、2019年6月1日に故郷ウトレラの高速道路を運転中に愛車メルセデス・ベンツS550で事故を起こし、35歳の若さで帰らぬ人となった。

●グループリーグ第3戦・サウジアラビア戦の先発メンバー

▽GK
サンティアゴ・カニサレス

▽DF
ミチェル・サルガド
カルロス・マルチェナ
ファニート
アントニオ・ロペス

▽MF
ダビド・アルベルダ
アンドレス・イニエスタ
セスク・ファブレガス

▽FW
ホアキン・サンチェス
ホセ・アントニオ・レジェス
ラウール・ゴンザレス

南アフリカワールドカップ

背番号10:セスク・ファブレガス(アーセナル)
生年月日:1987年5月4日(当時23歳)
個人成績:4試合出場/0得点1アシスト

監督:ビセンテ・デル・ボスケ
戦績:優勝

 スペイン代表が44年ぶりの優勝を果たしたEURO2008ではシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバとともに「クアトロ・フゴーネス(4人の創造主たち)」の一角として確かな存在感を放ったセスク・ファブレガス。その大会と同じく背番号10を任された南アフリカワールドカップだったが、チーム内での立場は全く違った。

 中盤にはセルヒオ・ブスケッツなどが台頭しており、スペイン代表が初優勝を果たす過程でセスクの先発起用は一度もなく、途中出場も7試合中4試合にとどまった。それでも87分から途中出場したオランダ代表との決勝、延長後半の116分、ペナルティエリア手前で相手DFのクリアミスを拾って冷静にイニエスタの劇的決勝ゴールを演出したのがセスクだった。

 ルイス・アラゴネス監督が志したショートパス主体の「ティキ・タカ」と呼ばれる華麗なサッカーで欧州の頂点に立ち、バトンを引き継いだビセンテ・デル・ボスケ監督とともに世界の頂点を極めるにあたって、セスクはどんな立場であれチームに欠かせない存在であり続けていた。

●決勝・オランダ戦の先発メンバー

▽GK
イケル・カシージャス

▽DF
セルヒオ・ラモス
カルレス・プジョール
ジェラール・ピケ
ホアン・カプテビラ

▽MF
シャビ・アロンソ
セルヒオ・ブスケッツ
ペドロ・ロドリゲス
シャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ

▽FW
ダビド・ビジャ

※セスク・ファブレガスは87分からシャビ・アロンソに代わって途中出場

ブラジルワールドカップ

背番号10:セスク・ファブレガス(バルセロナ)
生年月日:1987年5月4日(当時27歳)
個人成績:2試合出場/0得点1アシスト

監督:ビセンテ・デル・ボスケ
戦績:グループリーグ敗退

 EURO2008、2010年南アフリカワールドカップ、EURO2012と主要国際大会3連覇を成し遂げていたスペイン代表だが、その間に主力の入れ替わりは少なく、2014年には明らかにチームが過渡期を迎えようとしていた。

 グループリーグ初戦で前回大会決勝で激戦を演じたオランダ代表に1-5という大敗を喫し、第2戦ではGKイケル・カシージャスのミスなども重なってチリ代表に敗戦。最終戦でオーストラリア代表に勝利を収めたものの焼け石に水で、グループリーグ敗退という屈辱の結果に終わった。

 前回王者が決勝トーナメント進出を逃すのはイタリア代表に続き2大会連続だったが、開幕2連敗での敗退はスペイン代表が史上初だった。

 その中でセスクは背番号10だったものの、脇役に過ぎず、チームに前向きなエネルギーをもたらすことができなかった。グループリーグ3試合で先発は一度もなく、出場時間は2試合でわずかに33分間しか与えられなかった。

 スペイン代表のパフォーマンスが上がらなかったのは、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーがチャンピオンズリーグ決勝に勝ち進むなど主力の大半が大会直前の5月末までクラブでの公式戦をこなしていたからだとも言われる。

 とはいえ主力の高齢化や、それに伴う衰えは否定できず、次の4年間に向けた世代交代が始まるきっかけとなるワールドカップに。セスクは当時27歳と十分に若く、2年後のEURO2016まではチームの主力を担った。

●グループリーグ第3戦・オーストラリア戦の先発メンバー

▽GK
ホセ・マヌエル・レイナ

▽DF
ファンフラン
セルヒオ・ラモス
ラウール・アルビオル
ジョルディ・アルバ

▽MF
シャビ・アロンソ
アンドレス・イニエスタ
コケ

▽FW
サンティ・カソルラ
ダビド・ビジャ
フェルナンド・トーレス

セスク・ファブレガスは68分からサンティ・カソルラに代わって途中出場

ロシアワールドカップ

背番号10:チアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1991年4月11日(当時27歳)
個人成績:2試合出場/0得点0アシスト

監督:フェルナンド・イエロ
戦績:ベスト16

 大会直前、スペイン代表に激震が走った。2018年6月12日、フレン・ロペテギ監督がレアル・マドリーの次期監督に就任すると発表される。グループリーグ初戦の3日前のことだった。当然スペインサッカー連盟は自分たちに無断でマドリーと交渉して契約を結んだことに激怒し、ロペテギ監督を解任する。

 後任には代表チームのテクニカルディレクターを務めていたフェルナンド・イエロが就任した。しかし、指導者としてさしたる実績を残していない新監督にはワールドカップでスペイン代表を正しい方向に導くだけの能力がなく、大会直前に進むべき道を見失ったチームは本来の力を発揮できない。

 背番号10を任されていたチアゴ・アルカンタラも、満足な出場時間を与えられず不完全燃焼に終わった。ロペテギ前監督の下で主力に定着し、ワールドカップ予選突破に貢献していた27歳は、本大会のグループリーグ初戦でベンチスタートになり、第2戦は出番なし。

 第3戦のモロッコ戦で初先発を飾ったが、チームを勝利に導くことはできなかった。結局、スペイン代表は勝ち点5で並んだポルトガル代表を総得点で上回ってグループ1位で決勝トーナメントに進むも、ラウンド16で開催国のロシア代表に屈した。

 本来なら格下と見られていたロシア代表を相手にボール支配率では圧倒したスペイン代表だったが、1-1のまま延長戦でも決着つかずPK戦に。チアゴ・アルカンタラはベンチでその様子を見届けることになり、最後まで出番は訪れず。PK戦ではコケとイアゴ・アスパスが失敗して終戦となった。

 2014年ブラジルワールドカップ出場を負傷で逃していたチアゴにとって初めてとなる世界の大舞台は、チームのゴタゴタに巻き込まれ、不本意な形で幕を閉じた。

●グループリーグ第3戦・モロッコ戦の先発メンバー

▽GK
ダビド・デ・ヘア

▽DF
ダニ・カルバハル
セルヒオ・ラモス
ジェラール・ピケ
ジョルディ・アルバ

▽MF
セルヒオ・ブスケッツ
アンドレス・イニエスタ
チアゴ・アルカンタラ

▽FW
ダビド・シルバ
イスコ
ジエゴ・コスタ

ジャンルで探す