モウリーニョ歴代フォーメーション。ポルト、チェルシー、インテル、レアル、マンU…スペシャルワンが作りし最強チームたち

「スペシャルワン」を自称するジョゼ・モウリーニョは、その名に違わぬ実績を各クラブで残してきた。今回、フットボールチャンネルでは、モウリーニョが監督として初めてタイトルを獲得したポルト時代から、現時点で最後にタイトルを獲ったマンチェスター・ユナイテッド時代までの戦績を、当時のフォーメーションとともに振り返っていく。

【写真:Getty Images】

ポルト時代(02年1月~04年夏)

「スペシャルワン」を自称するジョゼ・モウリーニョは、その名に違わぬ実績を各クラブで残してきた。今回、フットボールチャンネルでは、モウリーニョが監督として初めてタイトルを獲得したポルト時代から、現時点で最後にタイトルを獲ったマンチェスター・ユナイテッド時代までの戦績を、当時のフォーメーションとともに振り返っていく。
---------------------------------------------------

【獲得タイトル】
01/02シーズン:なし
02/03シーズン:UEFAカップ、ポルトガルリーグ、ポルトガルカップ
03/04シーズン:UEFAチャンピオンズリーグ、ポルトガルリーグ

 ジョゼ・モウリーニョは、スポルティングやポルトなどでボビー・ロブソン監督のアシスタントコーチを務めていた。そして、ロブソンがバルセロナの監督を退任した後もクラブに残り、後任のルイス・ファンハールのアシスタントを務めた後、母国ポルトガルで監督キャリアをスタートさせている。

 ベンフィカ、ウニオン・レイリアで名を上げたモウリーニョは、かつてコーチを務めたポルトに帰ってきた。2002年1月に監督に就任すると、不調にあえぐチームの立て直しに成功。リーグ戦を3位で終えてUEFAカップ(現在のUEFAヨーロッパリーグ)出場権を獲得した。

 迎えた02/03シーズン、モウリーニョはポルトをUEFAカップ制覇へと導く。ホームで強さを発揮して、セルティックとの決勝に進出。セビージャで行われたファイナルは2度のリードを追いつかれたが、延長後半に3度目のリードを奪い3-2で勝利した。

 開幕から21戦無敗を記録したリーグ戦でも首位を走り、古巣ベンフィカに11ポイント差をつけて優勝を決めた。34試合で27勝を挙げ、喫した失点はわずか26だった。カップ戦でも決勝に駒を進めると、古巣レイリアを1-0で下して優勝。40歳の指揮官がクラブを3冠へと導いた。

 翌03/04シーズンはポルトガル王者としてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)に参戦。グループステージをレアル・マドリードに次ぐ2位で突破したポルトは、決勝ラウンドでマンチェスター・ユナイテッド、オリンピック・リヨン、デポルティーボ・ラコルーニャを撃破。ディディエ・デシャン率いるモナコを3-0で制し、17季ぶりのCL制覇を果たした。

 中盤がダイヤモンド型の4-4-2を採用するポルトは、組織的なサッカーを見せている。ベテランのジョルジュ・コスタと若手のリカルド・カルバーリョが最終ラインを守るディフェンスは堅守を誇った。トップ下のデコがゲームメイカーとして攻撃を司り、2トップにスルーパスを通し続けた。連覇を果たした03/04シーズン、ストライカーのマッカーシーはリーグ戦20得点をマークしている。

 モウリーニョは04年夏にチェルシーの監督に就任。ポルト在任はわずか2年半だったが、2シーズンで5つのタイトルをクラブにもたらした。

●03/04シーズンの基本フォーメーション

▽GK
ヴィトール・バイア

▽DF
パウロ・フェレイラ
リカルド・カルバーリョ
ジョルジュ・コスタ
ヌーノ・バレンテ

▽MF
マニシェ
コスティーニャ
ペドロ・メンデス
デコ

▽FW
ベニー・マッカーシー
デルレイ

チェルシー第1次(04年夏~07年9月)

【獲得タイトル】
04/05シーズン:プレミアリーグ、リーグカップ
05/06シーズン:プレミアリーグ、
06/07シーズン:リーグカップ、FAカップ
07/08シーズン:なし

 04年夏に監督に就任したチェルシーでも、モウリーニョはすぐに結果を残した。プレミアリーグでは開幕戦でマンチェスター・ユナイテッドに勝利すると、前シーズン覇者のアーセナルとのデッドヒートを演じた。

 リーグカップでもその勢いは止まらなかった。3回戦からウェストハム、ニューカッスルを撃破すると、準々決勝ではフルアムとのロンドンダービーを制し、ユナイテッドとの準決勝は2戦合計スコア2-1で破った。決勝ではリバプールに開始45秒で失点を許したが、試合終了間際のオウンゴールでチェルシーが追いつき延長戦へ。ディディエ・ドログバ、マテヤ・ケジュマンのゴールを守り切ったチェルシーは3-2でリバプールを破り、クラブ史上3度目のリーグカップ制覇を達成した。

 リーグ戦は11月下旬に首位に立ち、アーセナルとの差を徐々に広げていった。4月30日のボルトン戦に勝利したチェルシーは50年ぶりの優勝を決め、最終的には勝ち点95を獲得。ジョン・テリーが最終ラインを統率し、最高峰には全盛期のペトロ・チェフが構えるディフェンスは、15年が経った現在でも破られていない15失点という記録を残している。

 就任2年目の05/06シーズン、マイケル・エッシェン、ライト・フィリップスを獲得したチェルシーは圧倒的な強さを見せた。プレミアリーグは開幕9連勝、その後も10連勝をマークして首位を独走。後半戦は調子を落とす時期もあったが、最終的には前年に迫る勝ち点91を獲得し、2位ユナイテッドに8ポイント差をつけて連覇を果たした。

 3年目のシーズンも鉄壁のディフェンスは健在で、リーグトップの24失点を記録した。しかし、国内の3つの大会とCLを並行して戦うチームに故障者が続出したこともあり、リーグ戦ではユナイテッドの後塵を拝す展開に。最終的には6ポイント差をつけられて優勝を許すこととなった。

 アーセナルとのリーグカップ決勝では、テリーが相手のキックを顔面に受けて意識不明になるアクシデントが起きたが、ドログバとロッベンのゴールで逆転に成功。試合終了間際には言い争いが乱闘へと発展してミケルとアデバヨールが退場処分となるが、リードを守ったチェルシーが2季ぶりのリーグカップ制覇を果たした。

 FAカップでも決勝に駒を進めた。ユナイテッドとの決勝は90分をゴールレスで終えると、延長後半にランパードのパスを受けたドログバが決勝点を決めた。リーグでは首位を走るユナイテッド相手に、チェルシーはリーグカップに続くタイトルを獲得した。

 国内では3シーズンで5つのタイトルを獲得したモウリーニョだったが、補強をめぐって経営陣との対立が絶えなかった。4年目の07/08シーズンは開幕から勝ち点3を落とす試合が続き、9月20日に事実上の監督解任が発表された。

●04/05シーズンの基本フォーメーション

▽GK
ペトル・チェフ

▽DF
パウロ・フェレイラ
リカルド・カルバーリョ
ジョン・テリー
ウィリアム・ギャラス

▽MF
チアゴ
クロード・マケレレ
フランク・ランパード

▽FW
ジョー・コール
エイドル・グジョンセン
ダミアン・ダフ

インテル(08年夏~10年夏)

【獲得タイトル】
08/09シーズン:セリエA
09/10シーズン:UEFAチャンピオンズリーグ、セリエA、イタリアカップ

 チェルシー監督解任からおよそ1年の空白期間を経て、08年夏にインテルの監督に就任した。ロベルト・マンチーニが3連覇を達成したチームを引き継いだモウリーニョは、チェルシー時代に続いて初年度からリーグ優勝を達成。前政権からの連覇を4へ伸ばした。

 就任2年目の09年夏、インテルはズラタン・イブラヒモビッチとエルナン・クレスポの両エースを放出。イブラヒモビッチとトレードの形でサミュエル・エトーをバルセロナから獲得し、ルシオやウェスレイ・スナイデル、ジローナのチアゴ・モッタとディエゴ・ミリートを獲得する大型補強を敢行した。

 前年にベスト16止まりだったCLでは、初戦から3連続ドローとつまずいたが、グループステージをなんとか突破する。決勝トーナメントでは古巣チェルシー、CSKAモスクワを連勝で破り、バルセロナにも2戦合計スコアで上回って決勝に進出した。

 決勝の相手は、バルセロナ時代に仕えたファンハール率いるバイエルン・ミュンヘン。35分にスナイデルのパスを受けたミリートのゴールで先制すると、70分にはカウンターからミリートが再びゴールを決めてリードを広げる。これを守り切ったインテルが45シーズンぶりとなる欧州制覇を果たした。

 リーグ戦は終盤に入って混戦になったが、5連勝でフィニッシュして5連覇を決めた。イタリアカップも制し、イタリア史上初のトレブル(3冠)を達成。名声を高めたモウリーニョはインテルとの契約を残していたが、レアル・マドリードに引き抜かれる形でこのシーズン限りでミラノを去った。

●09/10シーズンの基本フォーメーション

▽GK
ジュリオ・セザール

▽DF
マイコン
ルシオ
サムエル
ハビエル・サネッティ

▽MF
デヤン・スタンコビッチ
ウェスレイ・スナイデル
エステバン・カンビアッソ

▽FW
サミュエル・エトー
ディエゴ・ミリート
ゴラン・パンデフ

レアル・マドリード(10年夏~13年夏)

【獲得タイトル】
10/11シーズン:スペイン国王杯
11/12シーズン:リーガエスパニョーラ
12/13シーズン:なし

 09年6月に会長に返り咲いたフロレンティーノ・ペレスの下、レアルは大型補強に着手した。クリスティアーノ・ロナウド、カカ、カリム・ベンゼマにシャビ・アロンソを獲得したが、09/10シーズンはペップ・グアルディオラ率いるバルセロナに連覇を許した。そのオフにモウリーニョは、レアルに引き抜かれる形で加わった。

 前年の大型補強に劣らず、メスト・エジルとアンヘル・ディ・マリアを獲得し、ポルト時代に指導したカルバーリョもチームに迎えた。黄金期真っただ中のバルセロナに対抗すべく招聘されたモウリーニョは、ポルトやチェルシー、インテルでもそうだったように初年度から強さを見せた。

 しかし、11月29日に行われたエル・クラシコで0-5と大敗を喫してしまう。リーグ戦では首位バルセロナをレアルが追う展開となり、コパ・デル・レイでは決勝で、CLでも準決勝で顔を合わせることとなり、エル・クラシコが短期間で4試合も行われることになった。

 “初戦”のリーグ戦は1-1で、ホームのレアルは勝ち点を縮めることができなかった。続くコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の決勝は延長戦にもつれたが、ロナウドのゴールで辛勝してタイトルを獲得した。

 しかし、CLでは1stレグを0-2で落とし、アウェイの2ndレグはスコアレスドローで決勝進出を宿敵に譲っている。リーグ戦では勝ち点92を積み上げたものの、3連覇を達成したバルセロナには4ポイント及ばなかった。レアル初年度はカップ戦の1冠に留まった。

 2年目はリーグ戦で序盤から10連勝をマーク。16節のエル・クラシコは1-3で敗れたが、その直後から11連勝で首位を走った。35節ではアウェイでバルセロナに勝利してリベンジしている。リーグ戦で敗れたのはバルセロナ戦の1敗のみで、勝ち点100を獲得して4季ぶりの優勝を果たした。

 一方でCLは、バイエルン・ミュンヘンとの準決勝をPK戦の末に落とし、2年連続のベスト4止まり。コパ・デル・レイでも準決勝でバルセロナに敗れて、2年目のシーズンは圧倒的な強さを見せたリーグ戦の1冠のみだった。

 真価が問われる3年目、リーグ戦ではグアルディオラの後を継いだティト・ビラノバ率いるライバルに独走優勝を許した。14枚のイエローカード、2人の退場者が出たコパ・デル・レイ決勝は、アトレティコ・マドリードに延長戦の末に敗れて準優勝。CLでもドルトムントを前に準決勝で敗退した。無冠に終わったモウリーニョは契約期間を残しながらレアルを去ることになった。

 ロナウドは3シーズンでリーグ戦100得点、トップ下に君臨したエジルも19得点54アシストという驚異的なスタッツを残した。シャビ・アロンソが中盤の底でパスワークを支え、セットプレーではセルヒオ・ラモスが圧倒的な強さを誇った。モウリーニョが率いた5つのクラブの中で、レアルはもっとも攻撃的なサッカーを見せたと言えるだろう。

●2011/12シーズンの基本フォーメーション

▽GK
イケル・カシージャス

▽DF
アルバロ・アルベロア
ペペ
セルヒオ・ラモス
マルセロ

▽MF
シャビ・アロンソ
サミ・ケディラ
アンヘル・ディ・マリア
メスト・エジル
クリスティアーノ・ロナウド

▽FW
カリム・ベンゼマ

チェルシー第2次(13年夏~15年12月)

【獲得タイトル】
13/14シーズン:なし
14/15シーズン:プレミアリーグ、リーグカップ
15/16シーズン:なし

 13年夏、モウリーニョは6年ぶりにチェルシーに帰ってきた。チームは09/10シーズンにプレミア優勝、11/12シーズンにはCL初制覇を達成したが、ラファエル・ベニテスが指揮を執った前シーズンは結果的にUEFAヨーロッパリーグ(EL)を制したものの、CLではグループステージ敗退、リーグ戦も3位に終わっている。

 就任1年目の13/14シーズンは、ビッグ6相手に7勝3分と強さを誇った。12月から14戦無敗を記録して2月には首位に立ったが、リバプールとマンチェスター・シティに抜かれて3位でフィニッシュ。下位との対戦で6敗を喫したことが順位に大きく響いている。

 リーグカップ、FAカップともに上位進出はできず、CLではベスト4に入ったが、アトレティコ・マドリードに敗れた。第2次政権1シーズン目は無冠に終わっている。

 失敗が許されない2年目を前に、チェルシーは大型補強に踏み切った。バルセロナからはセスク・ファブレガス、CLで敗れたアトレティコからジエゴ・コスタとフェリペ・ルイスを獲得。連覇を知る36歳のドログバをクラブに呼び戻した。

 開幕から勝ち続けて首位に立った。15節でニューカッスルに敗れて無敗記録は14で止まったが、前年のように下位を相手に取りこぼすことなく、ビッグ6にもわずか1敗で追従する隙を与えなかった。87ポイントを獲得したチェルシーは5年ぶりにプレミアリーグを制覇。リーグカップでも決勝でトッテナムを撃破して国内2冠に輝いた。

 レンタルから復帰したティボー・クルトワがペトロ・チェフに代わってゴールマウスを守り、新加入のジエゴ・コスタはリーグ2位の20得点、セスクは18アシストでリーグトップの数字を残した。14ゴール9アシストのエデン・アザールは年間最優秀選手賞に輝いている。

 しかし、またしても3年目が鬼門として立ちはだかった。ペドロ、ラダメル・ファルカオを加えて臨んだシーズンは序盤から低迷。16試合で9敗を喫し、勝ち点はわずか15ポイント。アザールは開幕からノーゴールが続き、ジエゴ・コスタとセスクも前年からは程遠いパフォーマンスだった。トップ4争いよりも残留争いが現実的になっていったチェルシーは12月17日、モウリーニョの監督解任を決めた。

●14/15シーズンの基本フォーメーション

▽GK
ティボー・クルトワ

▽DF
ブラニスラフ・イバノビッチ
ガリー・ケーヒル
ジョン・テリー
セサル・アスピリクエタ

▽MF
ネマニャ・マティッチ
セスク・ファブレガス
ウィリアン
オスカル
エデン・アザール

▽FW
ジエゴ・コスタ

マンチェスター・ユナイテッド(16年夏~18年12月)

【獲得タイトル】
16/17シーズン:UEFAヨーロッパリーグ、リーグカップ
17/18シーズン:なし
18/19シーズン:なし

 チェルシー解任から約半年、モウリーニョはユナイテッドの監督に就任した。ポール・ポグバ、ヘンリク・ムヒタリアン、エリック・バイリーを推定1億4530万ポンドともいわれる移籍金で獲得し、34歳のイブラヒモビッチをパリ・サンジェルマンから呼んだ。

 故障者が多く、メンバーを固定することがなかなかできずに、勝てない試合が続いた。プレミアリーグで再会を果たしたグアルディオラ率いるシティに1-2で敗れ、そこからの11試合で2勝しかできずに6位が定位置となった。後半戦は巻き返したが、最後まで上位5チームに追いつくことができず、初年度はリーグ戦を6位で終えた。

 一方で、カップ戦では躍進した。2月にはサウサンプトンに勝利してリーグカップを制覇。さらに、順当に勝ち進んだUEFAヨーロッパリーグでは、決勝トーナメントは無敗でサンテティエンヌ、ロストフ、アンデルレヒト、セルタを撃破して決勝に進出。アヤックスとの決勝ではポグバとムヒタリアン、新戦力の2人のゴールで勝利している。1年目のシーズンは2冠という結果を残した。

 モウリーニョ体制2年目の17/18シーズンを前に、ルーニーとイブラヒモビッチがチームを去ったユナイテッドは前年に続く大型補強を敢行した。ロメル・ルカク、ビクトル・リンデロフ、アレクシス・サンチェスを獲得し、チェルシー時代の教え子でもあるマティッチも加入。前年に迫る1億4000万ポンドを4人に費やし、覇権奪回に万全の陣容を揃えた。

 リーグ戦は開幕から好調で、首位シティを追う展開となった。しかし、勝ち続けるシティとの差は徐々に開いていき、5試合残して優勝が決められてしまった。勝ち点81で2位ながら首位とは19ポイント離され、自身がチェルシー時代の04/05シーズンに記録した勝ち点95というリーグ記録も宿敵グアルディオラのチームに破られてしまった。

 リーグカップでは準々決勝で敗退、ELでもラウンド16でセビージャに敗れた。唯一、タイトル獲得の望みをつないだFAカップ決勝では、古巣チェルシーを前に0-1で敗戦。2年目のシーズンは無冠に終わってしまった。

 名誉挽回を期して臨んだ18/19シーズンは序盤からつまずいた。7節までに3敗を喫して中位に迷い込むと、12月16日のリバプール戦で5敗目を喫したユナイテッドは、2日後にモウリーニョの解任を決断した。任期はチェルシー時代と同じ2年半で、奇しくも解任が発表された日も1日しか違わなかった。

●16/17シーズンの基本フォーメーション

▽GK
ダビド・デヘア

▽DF
アントニオ・バレンシア
エリック・バイリー
ダレイ・ブリント
マッテオ・ダルミアン

▽MF
アンヘル・エレーラ
ポール・ポグバ
ジェシー・リンガード
ヘンリク・ムヒタリアン
マーカス・ラッシュフォード

▽FW
ズラタン・イブラヒモビッチ

ジャンルで探す