久保建英がアシスト未遂も…途中出場後に攻撃活性化。1-0でマジョルカが4戦ぶり勝利

【写真:Getty Images】

【マジョルカ 1-0 アラベス リーガエスパニョーラ第24節】

 リーガエスパニョーラ第24節、マジョルカ対アラベスの試合が現地時間15日に行われた。マジョルカが1-0の勝利をおさめている。

 マジョルカに所属する久保建英はベンチ入りを果たした。32分、マジョルカにPKのチャンスが与えられるもサルバ・セビージャのシュートはアラベスのGKフェルナンド・パチェコに止められ先制のチャンスを逃してしまう。52分にはアレックス・フェバスに代わって久保が途中出場を果たす。

 すると54分、久保がドルブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。ゴール前に折り返したボールにダニ・ロドリゲスが反応し、シュートを叩き込んでゴールネットを揺らした。だが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって直前のプレーでクチョ・エルナンデスがハンドを犯していたという判定が下されゴール取り消しに。

 それでも63分、GKパチェコに弾かれたボールに素早くクチョが反応してゴールを決めた。久保が投入された後から攻撃が活性化し、ゴール前まで攻め込む展開が増える。その後の追加点はなかったものの、リードを守り切ったマジョルカが1-0の勝利をおさめている。

【得点者】
63分 1-0 クチョ(マジョルカ)

ジャンルで探す